耳にタコができる”という言葉をもじって、“ミニにタコ”というダジャレ映像を作ろうとした

という言葉を田代まさしがいってたそうですがどういういみなのでしょう?
どこが落ちなのか全く分かりません

A 回答 (8件)

オチは、彼が逮捕されたところにあります。


つまり、このギャグは彼が逮捕されて始めて完成される、命がけのネタなのです。人々は、「こんなつまらないダジャレを作るために、あんなことして、またつかまってやんの」と思うでしょう。そこで、笑いが起こるのです。「こいつ、馬鹿だなあ」、と。
国民の、そのような声が起こることを想定してやった行動なのでしょう。かなりシュールなネタですね。


まあ、こういう解釈もあるってことで。(普通は、他の方たちの回答でいいと思います。)
    • good
    • 26

ミニスカートの女性を撮影しちゃったので… そこら辺の絡みです。


事件を知らない人には全然面白くもなんともないです。
大笑い・爆笑じゃなくて 失笑もの です^^;
    • good
    • 7

ある雑誌によると、田代さんは職務質問を受ける直前


「タコ」を買いに八百屋に行こうと考えていたそうです(笑)

ところで、「ギャグビデオ」。シュミで作っていたのなら
他にもあるはずですが、それは証拠品にはならないのでしょうかね?

ああ、回答してないですね(笑)

どうやら、ビデオの話が本当なら(私的には
彼のキャラクターならあり得ると思ってます)、
ミニスカートに蛸を合成するはずだったようですね。
つまり、その「くだらない駄洒落に手間ひまかけた」
というオチだったのではないでしょうか。

しかし、一度その「ギャグビデオ」見てみたいような
そうでないような・・・(笑)
    • good
    • 6

情報は、定かではありませんので名前は明かせませんが


あのビデオは、某有名先輩芸人への献上用で
彼は常日頃からそういったビデオを撮影していたという噂があります。

つまりそれを信じるなら、それはギャグビデオなどではなく
『ムリヤリな言い訳』と受け取れます。
彼は、“ミニにタコ”といった瞬間、とても顔が引きつりましたよね。
会見も、ギャグでその場の不利な雰囲気から
逃げようとしたのではないでしょうか?
もちろん、その人の名は死んでも明かせないでしょうから。
相当、面倒見てもらってますからね。
    • good
    • 1

 田代まさしのギャグというのは、小道具を使い、その


小道具の名前をもじり、ある言葉を表す、という形が多い
ので、「ミニにタコ」というのはまさに田代まさし的な
言葉遊びの典型です。

 しかし、本当に「ミニにタコ」を表現しようと思ったら、
今までパターンを考えると田代本人がミニスカートをはき、
そこにタコの人形でも引っ付けておいて、それを見せる、
という方法しかないと思います。

 ですから、今回の「映像を作ろうとした」というのは、
盗撮ではない、というための言い訳であるとしか考え
られません。

 それから、オチは耳とミニを引っ掛けたところにある
のですが、それがつまらなかったらオチはないと同等ですね(^^)。
    • good
    • 7

『ミニスカートを撮って、そこに「たこ」の人形や本物の「たこ」を合成する映像を作成してダジャレにするつもりだった。

』と言いたいのかなぁ。。。
と個人的には思っておりました。

もう少し詳しい説明が欲しかった会見でしたね。
    • good
    • 1

ちなみに「ミニ」はミニスカートのミニ。

当たり前か(笑)
しかし、
私は何か別の意味が込められているように聞こえる。。
「ミニ」はミニスカート以外にないけど
「タコができる」の部分にもう一ひねりありそうな。

・・いつの間にか質問っぽい文章になってました(^^;
    • good
    • 2

ことわざで、何度も同じことを聞かされることを


「耳にタコができる」と言います。
その「耳」を「ミニ」に変えたギャグです。
最も、ギャグではなく苦しい言い逃れのように
報道されていますけどね。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ