こんばんは。

小さな頃から本が大好きで、
今でも、好きな本の読み返しも含めて、年に300冊は読んでいる、自称「活字ジャンキー」です♪

良く読む作家さんをざっとあげると、↓の通りです。

乃南アサさん、小池真理子さん、綾辻行人さん、北村薫さん、恩田陸さん、野沢尚さん、帚木蓬生さん、松田美智子さん・・・

横山秀夫さんの警察犯罪ものや、高野和明さんの「13階段」も読みました。

外国の作家さんの本は苦手です。
(何冊か薦められたのですが、なじめませんでした)
また、SF・ファンタジー・ベタベタの恋愛系も苦手もです。

推理もの、ちょっと怖いな~というもの(中島らもさんの「白いめりーさん」等)、ホラー・オカルト、サスペンス、ノンフィクション(事件物、感動物)、犯罪ものが好きです♪
長編・短編は問いません。

他の方への回答も参考にさせていただいていますが、もっともっと、たくさんのオススメ本を教えていただけたらと思っています。

ぜひ、みなさんのオススメを教えてください!

宜しくお願いします。

A 回答 (8件)

綾辻先生を読んでいるのならば、奥様である小野不由美先生を読むべきでしょう!



小野不由美
ティーンズハート(X文庫)悪霊シリーズ
講談社 屍鬼
祥伝社 黒祠の島
ファンタジーも面白いのですが、苦手ということなのであまりお勧めしないですが、十二国記シリーズも良いですよ。

あとお勧めは。
西尾維新
講談社 戯言使いシリーズ
    (クビキリサイクル)
    (クビツリハイスクール)
    (クビシメロマンチスト)
(サイコロジカル 上下)
    (ヒトクイマジカル)
     
東野圭吾
講談社 秘密
講談社 眠りの森
講談社 悪意

ベルンハルト・シュリンク
朗読者

この回答への補足

こちらの欄をお借りします。

たくさんのオススメをいただき、ありがとうございました。

読みたい本がたくさん増えたので、リストにしてまとめました。
これから順番に読破していこうかと思います!

今日は藤原伊織さんの「てのひらの闇」を読んでいます。
もうすぐ読み終わるので、今からどれを探しにいこうか楽しみにしています♪

またお世話になることもあるかと思いますが、
その時はよろしくお願い致します!

P.S
本当ならばみなさんに20Pを付けたいのですが、そうもいかないのが残念です。
ポイントを付けることができなかったご回答者様、申し訳ありませんがご容赦ください。

補足日時:2004/11/23 17:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「屍鬼」と「黒祠の島」と「秘密」は読みました。
「黒祠の島」は、先日、偶然にも旅行先で見つけて、飛行機の中で読んできました!

西尾維新さんは読んだことがないので、早速挑戦してみようと思います♪

お礼日時:2004/11/23 17:32

ミステリーフアンの者です。

島田荘司、京極夏彦、横山秀夫、乃南アサ、高村薫作品などが好きです。ノンフィクションが少ないので既読のものをいくつか・・・。

○「三億円事件」(一橋文哉):いまさらという感じもしましたが結構おもしろかったです。

○「絶対音感」(最相葉月):音楽に興味がある人にはお勧めです。

○「殺人全書」(岩川隆):ぶっそうなタイトルですが内容は真面目な良書(?)です。

○「コリアン世界の旅」(野村進):在日問題の入門書としてはいいかも。

○「百年目の帰郷」(鈴木洋史):王貞治ダイエー監督の父親のルーツは?・・・ラストは感動しました。野球を知らない方にもお勧めです。

○「毒蛇」(小林照幸):奄美諸島、沖縄に棲息するハブ毒の血清研究に尽力した男たちの物語。ハブ咬症患者の実態描写はすさまじい・・。

○「同和利権の真相」(一ノ宮美成+グループK21):部落問題のタブーに挑戦した書。

○「宇宙からの帰還」(立花隆):宇宙飛行士の宇宙での体験、その後の人生・・・ある面、哲学書ともいえる。

○「<私>という演算」(保坂和志):小説?哲学書?エッセイ?・・・不思議な本ですけどおもしろい。

 島田荘司作品はほとんど読んでいますがノンフィクションから「三浦和義事件」、「死刑の遺伝子」、「秋好事件」・・・死刑制度、冤罪、日本の司法制度に挑戦した著者の作品群!!

○「沈まぬ太陽」(山崎豊子):ノンフィクションといってもいいでしょう・・・。

○「富士日記」(武田百合子):やさしくてきれいでさりげない文体、文章にほっとします。こんな生活あこがれますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ノンフィクションのオススメ、とても嬉しいです!
「三億円事件」は読みました。
他にも連続殺人犯の一生を追ったものや、死刑制度についての著作けっこう読んでいます。
事実を追うものはとても興味深いです!

オススメいただいは本は、どれも読んでみたいです。
特に、島田荘司さんのノンフィクションはどれも読んでいないので、早速探してみようと思います。

お礼日時:2004/11/23 17:29

夏目漱石の「こころ」(集英社)


司馬遼太郎の「竜馬がゆく」(文春文庫)
吉川英治の「三国志」(講談社)
シドニィ・シェルダンの「ゲームの達人」(アカデミー出版)
ダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」(早川書房)
宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」(新潮文庫)
村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」(新潮文庫)
灰谷健次郎の「兎の眼」(新潮文庫)
田中芳樹の「銀河英雄伝説」(徳間書店)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答がありがとうございます。

少し私の読む傾向と違いますが、「アルジャーノンに花束を」「銀河鉄道の夜」は、学生時代に読みました。

三国志は他の方からもオススメいただいたので、機会があれば読んでみようかとおもいます。

お礼日時:2004/11/23 17:26

私も読書が大好きです♪


好きな作家さんが似ていたので、参考になれば・・・と思って回答させていただきます。

私のオススメは(もう名前が上がってるのもありますが)

・島田荘司さん・・・御手洗潔シリーズ・吉敷シリーズともいいですが、個人的には吉敷刑事のほうに共感出来るかな。♯4さんと重複します ごめんなさい。
・貫井徳朗さん・・・「転生」「慟哭」
・東野圭吾さん・・・どれ読んでもあまり外れはないです。私は「白夜行」が好きかな。
・新堂冬樹さん・・・「カリスマ」
・天童荒太さん・・・家族狩りシリーズ5部作(これはすごく良かったです)
            「永遠の仔」
・井坂幸太郎さん・・・「オーデュボンの祈り」
           「重力ピエロ」
・奥田英朗さん・・・・「邪魔」「空中ブランコ」

などです。参考になればいいですが。
お互い良い読書LIFEを送りましょうね♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。


たくさん教えていただいてありがとうございます!
特に、
・貫井徳朗さん・・・「転生」「慟哭」
・奥田英朗さん・・・・「邪魔」「空中ブランコ」
こちらの4作品はどれもまだ読んでいません。
「空中ブランコ」は店頭では見たのですが、
ハードカバーだったので躊躇してしまいました・・・

お二人の著書を検索してみましたが、どちらもとても興味深いものばかりでした。
発行順に読んでみようかな?と思います♪

お礼日時:2004/11/23 02:39

こんばんは。



島田荘司さんはいかがでしょうか?
御手洗潔シリーズと吉敷シリーズ、おもしろいです。
綾辻行人さんが好きならば結構大丈夫だと思いますが。
私は島田荘子さんから綾辻行人さん、有栖川有栖さんとかを読みましたよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

有栖川有栖さんは全部ではないのですが読みました!
友人がファンなので、そこから本が流れてきます。
最近、読んでなかったので、読み返したくなりました♪

島田荘司さんは「龍臥亭事件」と御手洗潔シリーズを何冊かだけしか読んでいないので、シリーズのうち、まだ読んでないものを探してみようと思います!

お礼日時:2004/11/23 02:34

てことは「ガダラの豚」なんかも既読でしょうか。


(ホラーでオカルトでサスペンスなおすすめ作品と言うと、↑が浮びました)
中島らも、宮部みゆきは私も好きです。

メジャーじゃなさそーなところでは、篠田 節子のサスペンス「雁作師」や「美神解体」などは如何がでしょう(※すこしアダルトテイストが入ってても大丈夫でしたら)。篠田 節子作品はもっとメジャーかつ面白い本もありますが、ご希望カテゴリと違うので省略。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「ガダラの豚」は読んでいないんです。
冒険ものと聞いていたので、なんとなく手が進まず・・・
読まず嫌いなだけなので、機会があれば読んでみようと思います。

篠田節子さんは、「美神解体」「カノン」「レクイエム」「夏の災厄」は読みました。
「贋作師」はまだなので、読んでみようと思います!

お礼日時:2004/11/23 02:26

こんばんは~。


なんだか私の好みと似ているので嬉しくなりました。

そんな私のお薦めは
ホラー推理系・・?
 「メロスレベル」[そして静粛の扉を」黒武洋 
 「黒い家]    貴志祐介
推理系
 千里眼シリーズ 松岡圭祐
 
後は、作家さんの名前で、
  東野圭吾さん
  明野照葉さん
  歌野晶午さん
  日明恩(たてもり めぐみ)
  貫井徳朗さん
 などの作品はどれも面白いと思いますが如何でしょうか?
 

この回答への補足

「呼んでいて」→「読んでいて」です。
誤字でした。すみません。

補足日時:2004/11/23 00:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。ご回答ありがとうございます。

「そして静粛の扉を」は読みました。
貴志祐介さんは「黒い家」の他に「青い炎」も読みました。
いずれもけっこう呼んでいてゾクゾクしました・・・

松岡圭祐さんは読んだことがありません。
千里眼シリーズを検索してみたら、もうかなりの冊数出ているんですね。
ひとまず最初から順番に読んでみようかと思います!

歌野晶午さんは「葉桜の季節に君を想うということ」を書いてらっしゃいますよね。
これだけしか読んだことがないのですが、他の著作も気になります!

たくさん教えていただいてありがとうございます。
どれから読んでいいのか、楽しい悩みです♪

お礼日時:2004/11/23 00:19

私の一番好きな小説は、藤原伊織の「テロリストのパラソル」です。

とにかく書き方がうまくて、すぐに引き込まれてしまうと思います。(ハードボイルド)

あとは、私は歴史小説が好きなんですが、吉川英二(だったと思うんですけど・・)三国志です。これは3,4回読み直したくらいです。

あとは、宮部みゆきの「竜は眠る」、森博嗣がオススメです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

書き忘れていましたが、宮部みゆきさんの作品も、時代もの以外はほとんど読んでいます!
火車や理由も読み応えがありました。

藤原伊織さんの「テロリストのパラソル」は、手に取ったことはあったんですが、結局読まないままでした・・・
ぜひ、読んで見たいと思います!

歴史小説はあまり読んだことがないジャンルです。
マンガでは読んだことがあるのですが(笑
機会があれば挑戦してみようと思います。

お礼日時:2004/11/22 23:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ