先日、清水義範さんの作品集「永遠のジャック&ベティ」を読んだのですが、その中に収録されていた「冴子」という作品でどうしてもわからない部分があります。
主人公の男性が、日記に時々「×8」とか「×11」とかいう数字を書き込むのですが、あれはどういう意味なのでしょう?
何度読み返しても何のことか分からなくて、すっきりしないのです・・・。
この数字の示すものがお分かりの方は教えてください・・・。

A 回答 (2件)

主人公は老人であり、自慰の回数だとするには無理がありますね。


ただ、日記の内容は若い女性によって精神的な刺激を受ける事が主になっています。息子の嫁に色気を感じたり、テレビタレントに惹かれたり、銀行のおねえさんに好感を持ったり、ついには羞恥心や倫理観が崩壊してきてエロビデオを堂々と観賞したり息子の嫁の入浴を覗いて憚らなくなります。
後半に進むにつれ、性的な思考や行動が大胆になると共に×(丸数字)の数も大きくなってます。つまりはその日に感じた性的な刺激を数字で表しているのだと思います。最後が数字が小さくなってますが、これは息子の嫁の自分に対する気持ちについて不安が生まれた為でしょう。
日記には、自分にしか解らない秘密の暗号や記号を使ったりしますが、日々マンネリのリタイヤ老人の心のなかで、その日の思い出として重要でありなおかつ文字にする事が憚られるのは性的にどの程度興奮したか、という事であったのであろうと思われます。文章では正当化しようとしていますが、やはり若い女の姿に性的な刺激を受けた事は重要事項であり、その日どの程度興奮したのかは、なんらかの形で記録しておきたい事柄だったのだと思います。
まあ、本人にしか解らない暗号、として書かれているものですから推測でしかありません。清水義範さんも、そういう日記のパスティーシュをやったわけですから、「何を表しているか」は「おそらく~だろう」くらいのボヤケ加減のほうが本意なのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
いろいろな解釈があるんですね~。
私は何回読み直しても、なんのことかさっぱり見当がつきませんでした・・・。
「ビデオを見た日は数字が大きい」といったことから、性的な何かだろうか、というくらいまでしかわかりませんでした。
ご意見、大変参考になりました。

お礼日時:2001/08/18 01:09

自慰の回数ではないかと思います。


たしか、日記に自慰の回数を記していた作家がいたと思います。そのパロディではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そーなんですか!!
そういえば、この「冴子」はだれかの作品ののパロディって聞きましたけど(谷崎潤一郎か誰かの・・・)、そのあたりから来ているのでしょうか・・・なるほど・・・。
ありがとうございます。胸のつかえが下りた気がします♪

お礼日時:2001/08/18 00:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ