天王星が発見された時、当時の占い師達はどのように西洋占星術を説明したのでしょうか?
それまで惑星として扱われていなかった天王星の発見時に西洋占星術はどのように対応して自らを肯定したのでしょうか?
占いに関する知識はほぼないです。
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

それまで6つの惑星(水星・金星・地球・火星・木星・土星)プラス月で行っていた占いではどうしても無理だったものに、7番目の天王星を加えた事で、より高度な占星術になったとしています。


8番目の海王星の時もしかりです。

ただ、9番目の冥王星が準惑星に降格されたことによる混乱もあったようですね。

第6惑星プラス月で「人間の視点」による占星術が出来、7~9番の3つが加わった事で「神の視点」による占星術が可能になったとされますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

より高度な占星術を行えるようになったということですね。
それまでの「人の視点」から「神の視点」というのはなるほどと思いました。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/25 02:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

恋愛運・仕事運など、あなたの悩みはココで解決!
人気占いコンテンツ
TV再放送不可◆10万人絶叫・伝説級の的中力! バケモノ霊能者・育代10万人絶叫・伝説級の的中力!バケモノ霊能者・育代
当てすぎてTV再放送を不可能にした驚異の霊視力!

19年人気独占【超精密】103万通りの的中鑑定/弦本將裕 真擬態推命占【超精密】103万通りの的中鑑定 弦本將裕 真擬態推命占
決断などする必要ありません。

無料で占う今日の運勢
今日の運気予報今日の運勢&現在の運気
1日4回、6時間毎のあなたの運勢を無料でお知らせ♪

カテゴリ