今をときめくBonnie Pink(ボニー・ピンク)。僕が彼女を知ったのはヘヴンズ・キッチンの頃かな。
当時はテレビとかとは割と無縁で、クラブ系の雑誌などによく出ていた印象があります。髪の毛もピンクだったり、かなり個性的だったような。当時はレコード会社がポニー・キャニオンだったようですが、
ワーナーに移籍してから急にブレイクしましたね。やはりCMとのタイアップという効果があったのでしょうか?髪型とかも割と普通路線になってきたりしてイメージ的にも万人受けするような感じに変わったと思いました。
やはりこれはレコード会社の「売るための戦略」なのでしょうか?本人の意志なのでしょうか?

A 回答 (1件)

”嫌われ松子の一生”だっけ?からの流れが凄かったですよね。



 新しい会社の売り出す戦略が彼女のイメージをうまく拡大できたんじゃないかと感じてます。

 以前の彼女はちょっと情念が濃すぎッて感じがして、触れづらいという印象が強かったように感じます。入りづらいという感じ。歳をとっていい意味でさばけたという感じもします。

 少なくともこの二つの路線がうまく噛みあった感じはします。

 でも、僕は濃いファンではないので、彼女の内面がどうなっているのかは知らないですが(ファンでも知らないか)。でも、ラジオでも移籍が良かったというフィーリングを語っていたように思います。若いコメンテイター?(最近のファンだったかな?)をそつなくあしらっていましたし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとございます

お礼日時:2007/06/06 13:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

芸能情報や娯楽に関する質問が多く寄せられています。好きな俳優やテレビ番組のスケジュール、ライブ公演予定といった詳細を知りたい時はこちらを見てみましょう。

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ