30年ぐらい前のマンガだと思いますが、タイトルや作家名が分からず、ずっとモヤモヤしています。記憶では、
・主人公が歳が若いわりに天才的な頭脳の持ち主で、作品中にやたらと難しい数式や理論が出てくる。
・「平行線が交わる」ことの証明をしていた
・対戦形式の大会?に出場して次々と難問を解いていき、観客の学生が触発されて「帰ってさっそく勉強だ」と席を立つシーンがあった
また、小林よしのり氏の「東大一直線」?の作品中で東大通がパロディとして平行線が交わる証明をギャグ漫画的ネタで使っていたのでたぶんこの頃の作品かと思われます。
私が小学生くらいのときでしたので、記憶違いもあるかもしれませんがよろしくお願いします。

A 回答 (3件)

こんばんわ。


お役に立てるかわかりませんが、これを
使ってみてください。

↓実際の連載誌情報↓
http://www.biwa.ne.jp/~starman/1976/1976jump.htm

↓ジャンプ掲載年月日検索サイト↓
http://www.ktr.to/Comic/jump.html#RENSAITABLE


私もそれらしき年月日(東大一直線が1976年頃らしい)で
検索したのですがあまりに多い、情報が前後するので
一度ご自身でタイトルを見てみたら
ピンとくるかもしれませんね。

頑張ってください!w
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。実は上のサイトは前に検索したことがあるのですがピンと来るものがなかったもので・・・。下のサイトは初見ですので確認します。ただ、あの頃マンガは学校のクラスでまわし読みだったので、ジャンプでない可能性もあるかもしれません。

お礼日時:2008/11/05 00:23

 東大一直線でパロディしてたということは少なくともジャンプ系だと思うけど。

「ガッツ乱平」の主人公は頭が非常にいい設定だったけど、違う気がするなあ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。あまり皆さん記憶にないということは、短期打ち切りで単行本未収録なのでしょうか・・・

お礼日時:2008/11/05 00:03

「とどろけ!一番」ではないでしょうか。

とどろけ!一番」は1980年代初頭

に小学館のコロコロコミックに連載されていた伝説のマンガです。

作者は「つるピカハゲ丸くん」で一躍有名になったのむらしんぼ先生です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございます。ただ、このタイトルで検索してみたのですが、内容も時期も自分の記憶と違うような気がします。もう少し他の方の回答を待ってみます。

お礼日時:2008/11/04 00:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ