それこそどれくらい前に見たかもあまり憶えていません。しかもいい映画だったのか駄作だったのかも...ただ1シーンを強烈に憶えています。

ストーリーの最初か中ほどかもわからないのですが、小型飛行機(だと思う)が砂漠(荒地?)に不時着します。乗客は男2人(だと思う)と女一人(だと思う)です。(ごめんなさい。人数自信ありませんが最低この人数です。)
ここからが味噌です。照りつける太陽で女が最初にのどの渇きを訴え、男の一人が風呂敷大のビニールを広げて棒で地面と平行に固定し(地面から10センチくらいでしょうか)真ん中に小石を乗せます。(小石の重みで真ん中が低くなります。)
すると地面から蒸発するわずかな水蒸気がビニールを伝ってその中心に集まり、コップを置くと水が溜まるというもっともらしい方法で子供ながらにとても感心したのを憶えています。
ただ映画の中ではそのときの台詞の中にたしか「どれくらい時間がかかるんだ」「1日でコップ1杯」という男同士の会話と集まった水を真っ先にむさぼるように飲み干したのが女だったのも憶えています。
果たしてどなたかご存知ありますでしょうか。

A 回答 (3件)

1974年3月20日の日本テレビの水曜ロードショーで放送された「恐怖の不時着飛行」というテレビムービーですね。


内容についてはNo.2の方が書かれている通りです。
出演はR・テイラーのほかに妻役にダイナ・メリル、息子役にクリストファー・タボリ、その恋人にジャネット・マーゴリンという配役でした。
ビデオ・DVD等は出ていないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
業界の方でしょうか。相当お詳しいようですね。
驚きました。

お礼日時:2005/01/31 03:30

20年ぐらい前にTVで放映したアメリカのTV映画で、ロッド・テイラーが主演した


『Family Flight』(1972) にそのようなシーンがあった気がします。が、残念ながら私の記憶では放映当時の邦題名が思い出せません。

ストーリーとしては、両親と息子(と息子のガールフレンドが居た気がします)の乗った小型飛行機が悪天候か何かでメキシコ辺りの砂漠に不時着し、飛行機を修理して脱出するまでのお話です。
この父親(ロッド・テイラー)が結構サバイバルにも強く、困難な局面でのリーダーシップを発揮するのですが、最後の最後で修理された飛行機のプロペラに接触して重症を負い、最終的には息子が「男」として飛行を操縦して脱出に成功し全員を救うという感じのお話でした。

父親がサバイバル知識を披露するところで、この水製造器が出てきたと思います。この手の「水を得る方法」は、当時でも少年雑誌の記事等で紹介されていたのですが、映像として見たのは初めてだったので記憶に残っています。

参考URL:http://us.imdb.com/title/tt0068568/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
テレビ用の映画でしたか。
おそらくかなりマイナーな映画なんでしょうね。
しかし世の中にはそれでも憶えてらっしゃる方がいるんですね。こんなにしょうもないヒントで本当にありがとうございました。
驚きとともに敬服いたします。

お礼日時:2005/01/31 03:27

飛べ!フェニックス・・・かな?

この回答への補足

結果的にこの映画ではなったようですが「飛べ!フェニックス」はとても名作のようですね。
一度見てみたいと思います。
ありがとうございました。

補足日時:2005/01/31 03:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
この映画には女性が出てこないみたいですね。
登場人物に女性がいたというのは確かに私の記憶違いだったかもしれません。

かな?と書かれたのはそのせいでしょうか。
他の部分(水蒸気を集めるなど)は出てきますか?

お礼日時:2005/01/29 22:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ