人間関係(男女問わず)が苦手な人間が楽しくなれる映画をご紹介ください。

A 回答 (13件中1~10件)

こんにちは。



「グラン・ブルー」…海とイルカと心優しき人間のお話。癒されます。
「フライド・グリーン・トマト」…素敵な女性の生き方を教えてくれるお話。元気が出ます。

すでに他の方が紹介されていますが、「メリーに首ったけ」もオススメですよ。
一見ハチャメチャな中に愛があります。

気持ちが優しくなれる映画をいっぱい見てくださいね!

この回答への補足

皆さんが大切にしてる思い出の映画にポイントはつけれないのでどうかご了承ください。皆様本当にどうもありがとうございました。感謝いたします。

補足日時:2002/08/22 06:04
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。見てみます

お礼日時:2002/08/22 06:04

こんにちは。


適切かどうかわかりませんが、私のお勧めは 『ギルバート・グレイプ』です。

片田舎に家族と住む青年(ジョニー・デップ )が 過食症の母親や知能に障害を持つ弟 (レオナルド・ディカプリオ)と二人の姉妹を自分一人で抱え込んで面倒を見るやるせない日々を送りながらも、ふと街にやって来た少女(ジュリエット・ルイス)に恋する事で希望を見出して何とかひたむきに生きていこうとするストーリーです。

最初の方は 一日ソファーに座って食べる事と不満を口にする以外何もしない太りすぎのお母さんや、家の前の木に登ってわからない事を叫ぶレオの姿に観ているこちらまでやるせない気分でしたが、その後の展開は感動モノでした。

良かったらご覧になってみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。見てみます。

お礼日時:2002/08/04 21:19

No.9の回答に対するお礼の補足ですが、『バーバー』は原題は"The Man Who Wasn't There"といいます。

今年公開されたので、まだビデオ化はされていません。『愛しのローズマリー』『陽だまりのグラウンド』もまだです。他はレンタル屋で見つけられると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。感謝いたします。

お礼日時:2002/08/02 04:16

 ちょっと古いけど「セックスと嘘とビデオテープ」というソダーバーグ監督作品はいかがでしょうか。


複雑な人間関係が展開されるんですが,ラスト思い切りいいです。
泣けます(^^)。

あと,「ニューヨーカーの青い鳥」もお勧め。
センスのいい映画だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。感謝いたします。

お礼日時:2002/08/02 08:01

人間関係に不器用な人が共感できそうな映画、と解釈しました。


ファレリー兄弟の映画。『メリーに首ったけ』『二人の男と一人の女』『愛しのローズマリー』
コーエン兄弟の映画。『オー・ブラザー!』『バーバー』

別の角度から、素朴な友情の話二つ。
『タイタンズを忘れない』『陽だまりのグラウンド』
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。ぜひ観たいと思います。
ところでバーバーの正式な題名はこれでいいのでしょうか?

お礼日時:2002/07/31 03:59

シザーハンズ(90米)


両手がハサミの男が少女に恋をします。

スタンド・バイ・ミー(86米)
両親とうまくいっていない少年が友達と共に成長していく話です。

嵐が丘(92英)
不遇な環境にある人たちの2世代に渡る話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シザーハンズとスタンド・バイ・ミーは観ました。
良かったです。嵐が丘もみたいと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/07/31 03:58

手錠のままの脱獄=T・カーティスとS・ポワチエ主演。


ブロードキャストニュース
野のユリ

けっこういけると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。ぜひ観たいと思います。

お礼日時:2002/07/31 03:57

「ショコラ」。



楽しくなれるし、優しい気持ちになれます。

人との関わりあいについていろいろ考えさせられましたし、
気持ちよく見ることができました。
私も人間関係苦手なほうですが、
いい映画だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

観ました。とても良かったです。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/07/31 03:56

ジョニー・デップの「ドン・ファン」。


彼がいちばんきれいだったときの映画で、たいへんに額がうつくしい‥ってそれはともかく、「自分のことをドン・ファンだと言いきる男とそれを診る精神科の医師」の物語。これはたいへんたのしい、ひねくれた寓話のようなものがたりです。ドン・ファンだと言い張って次々と女を「しあわせにしていく」(当人弁)男ははたして奇人か、変人か、ほんものか。そしてそれを証明することに、はたしてどれほどの意味があるというのか?

べたべたと人間関係を描いていない分、ドライにするどく見ることができ、笑えます。気がむいたら手に取ってみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。ぜひ観たいと思います。

お礼日時:2002/07/31 03:55

ウィノナライダー・イーサンホークのリアリティ・バイツとかおすすめです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。観たいと思います。

お礼日時:2002/07/31 03:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ