私はアルマゲドンという映画がなぜ大ヒットしたか理解できないんです。どうも手抜き作品であり、お金とCGだけで観客をだました映画としか思えないんです。  私には同じ時期に公開されたディープインパクトの方がはるかに完成度の高い作品でもっと大ヒットすべき映画なのではと思います。
みなさんアルマゲドンって歴史に残るほどの名画って思いますか??

A 回答 (10件)

かなり同意見です。

私も『アルマゲドン』を見て
すべてに中途半端さを感じずには居られませんでしたし。
すべてが薄かった気がします。
人間模様がすべて上の方だけ沢山のエピソードちょっと
集めてみましたーって感じで。
これ以来この監督が撮る作品は見ないだろうなと実感。
一作目の『バッドボーイズ』は面白かったのですが…
その点、ディープインパクトの人間性、心の葛藤
すべてのエピソードに共感し、人間をディープに描いた
作品だなと思いましたよ。
確かに、海が押し寄せて山の頂上で助かってしまうみたいな
設定など少し無理はあったように思いますが(笑)
それを思ってもパニックシーンよりも人間の心の葛藤を
描いたこの作品の方が勝っていると思います。
アルマゲドン…、どういっていいのか悩みますが…
ヒット間違いなしだなと作られただけの作品かなと。
忠誠、犠牲、恋愛、家族をテーマにした娯楽作品ですね。
どこかを心の深くに刻み込むようなエピソードや
深く考えさせられる部分は微塵もなかったです。
単調に見れてしまったと言うのが最大の私にとっての
この映画の難点だったかも。
深く考えればおかしい事も多々あるし(笑)
人それぞれなんでしょうけどね…こればっかりは。
    • good
    • 0

私が始めてみた時ぼろぼろ泣いてしまいました。


なんてすばらしい映画なんだと思っていたのですがこの前テレビでやったとき見たら
「?」こんなもんか?と思ってしまいました。

なぜ一回目にあれほど感動して2回目にしらけてしまったのか理由を考えると
私が変化しただけかもしれません。(空想科学[映画]読本を読んでそういえばそうだよなと思いました。でも、科学的にはディープインパクトも五十歩百歩らしいです)

歴史に残るほどの名画ではないと思います。

どっちが良いかといわれると大して変わらないような気がします。
2本連続で見たら分かるかもしれないけど。
    • good
    • 1

こんにちは。



個人的には、どっちもどっち。駄作だと思います。
内容は「アメリカ万歳、アメリカが世界を救い・アメリカだけが生き残る」
科学的にもでたらめだし、描かれる人間像もハリウッド的に紋切り型で薄っぺらい。オチも、映画が始まったところで予想できるほどの予定調和ですし。

ただ「アルマゲドン」の方が大衆受けする流行の役者を沢山揃えて、宣伝を派手に売った効果が出ているのでしょう。
ハリウッド娯楽大作映画は、宣伝だけで内容が伴っていないのも沢山ありますから・・・。

アンチハリウッド派の映画ファンの私見でした。
(ハリウッド作品が全て駄目と思っているわけではありません。念のため)
    • good
    • 0

個人の趣味や主観の世界の話ですから


一概に「あれは●●だ!」と決め付けられる世界ではないので
あくまでも個人としては、、

同感ですね。しかもかなり同感ですね。

映画やドラマの場合、その人の知識や経験によって「面白さ」に差が出ます

たとえば、学校関係者が教師が主人公のドラマや映画をみたり、警察関係のひとが刑事物をみたりする場合は、やはり「んな、あほな!」みたいに思う事があるようです。

そのせいかどうか、、ともかく。
SFファンとしては、どうもアルマゲドンは、「やり過ぎ」の感がありました。
あれじゃ、宇宙版「ダイハード」みたいで。「んな、わけあるか~っ!!」って感じです。
ディープ・・の方が同じ題材としては好きですね。

ま、、でも 人それぞれ、、ということで。

ちなみに、まったく同じ感想を「ワイルド、ワイルド、ウェスト」を見た時感じました。
まぁ、、笑えましたけどね。
    • good
    • 0

はじめまして。



「もう一度、観たい!」とまでは思いませんでしたが、
そこそこ楽しめました。

自分にとっての映画は、あくまでお手軽な娯楽のようです。
映画館やビデオで満足するときといえば、
まず「分かりやすかった」が基本ですもん。

まわりの映画好きにすすめられたモノを
観ることも少なくないのですが、
自分にとっての「ハズレ」は意外に多いです。
その作品の“味わい”というものが、むずかしすぎて。

・・・というワケで、このテの人間に需要があるのではないでしょうか?
たとえ「駄作」だとしても。
    • good
    • 1

こんばんは。


どちらも見ましたが、確かディープインパクトだって十分な興行成績だったのでは?
どちらもいわゆる大衆娯楽映画だと思いますので、
ある線を越えればあとはマーケティングの力だったり、
勢いだったりしますよ。
単にアルマゲドンの方が「ネタ」(俳優、主題歌など)が沢山あり、
より「泣きやすい」仕掛けになっていた程度です。

また、良作がヒットしない事があるというのは映画の世界では普通です。
実際、派手な仕掛けのない、人間を丹念に描いた作品などは評価されてもヒットしませんし。
タイタニックだってあの沈没シーンがなければヒットしなかったでしょう。
(個人的には恋愛モノではなくSFの佳作だと思っています)

ただ「手抜き」ではないですよ。
むしろ「力作」でしょう。
初めからオスカー獲ろうなんて思ってませんから。

歴史に残るか?記録には残ると思います。
この先10年は「泣ける映画」にも選ばれるでしょう。
しかし例えば「市民ケーン」と同列に語られるか、と言えばノーです。

蛇足ですが、泣きましたよ、どっちの作品も。
変に難しい話を入れて半端になるよりは、
単純にした方が感じやすい、と言うことでしょうか。
    • good
    • 0

ディープインパクトのほうが、というのは個人の好みなので。

あの内容ゆえに身内ではチープインパクトと呼んでました。科学考証云々ではアルマゲドンより常識外れなだけではない程度と思うのですが。アルマゲドン自体は失敗作ではあるけれどウド・キアーとスティーブ・ブジェミのツーショトは楽しめましたね。

それはさておき、眼の肥えた人ばかりが映画を見に行くわけではないので、名前の知れた監督とプロデューサーと俳優を揃えて大量の宣伝を繰り返せばどんな駄作でもそこそこヒットします。シナリオがまずいのは、あれぐらいお金のかかった映画だとタイタニック同様、興行的な失敗は許されないので、どうしても万人受けする、結果的に凡庸な内容になります。巨匠と呼ばれる監督でも、予算の少ない初期作品のほうが面白く、莫大な予算を使った後期の作品が駄作になるのと同じことです。ここ10年ぐらいの作品のうち名作と呼ばれるものは単なるヒット作で、数十年後に名作として残るものはほとんどないのでは。
    • good
    • 0

 ブルースウィルスが主演で、アメリカが地球を救う映画だったから


アメリカでうけが良かったんでしょう。インディペンデンスデェイ
と同じと思います。
    • good
    • 0

かなり大味な内容の映画でしたねぇ・・・


不朽の名作かと問われれば、「違う」と答えるでしょうね。
同じ内容を扱ったことでディープインパクトとよく比較されるようですが、僕的にはどちらもあまり(以下略)といった感じです(w
    • good
    • 0

こんばんわ。



まったく同感です。
科学知識が少しでもあれば、
「そ、それはちゃうやろッ!」
と思わずツッコミを入れたくなるシーン満載ですもんね。

たしか
作家の山本弘さんが
「この映画で泣けるようなアホにならんでよかった」
的な内容の発言をされていたように思いますが
まったくそのとおりです。

なのにあれだけヒットするということは、
いかにわれわれの知識がデタラメで、
提示される情報には疑いの目を向けないかが、
示されたように思います。

逆の意味でなら歴史に残るでしょうね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ