レバノンにおいて、シリアとイランは必ずしも利害関係が一致していなかった(イランは以前からヒズボラを支援しているが、シリアとヒズボラは以前はあまり関係が良くなかった等)のに仲がよかったのはなぜでしょうか

A 回答 (1件)

シリアとヒズボラは、現在でも敵対関係にあります。


シリアは、どちらかと言いますと、ヒズボラと敵対しているハマスを支持しています。

レバノンにおいては、親イスラエルのキリスト教マロン派、親イランのヒズボラ、親シリアのスンニ派の3つ巴になっていました。

シリアは、スンニ派が国民の60%を占めますが、アサド大統領などの支配者は、シーア派のアラウィー派が抑えています。
このアラウィー派は、同じシーア派でも、イランの12イマーム派とは敵対関係にあります。
国民の10%のアラウィー派が、60%のスンニ派を支配する構図のため、シリアは、スンニ派を優遇した宗教政策をとってきました。

レバノンでは、キリスト教マロン派が32%、イスラム教スンニ派が30%、イスラム教シーア派(12イマーム派)が28%程度になっています。
ですから、レバノン内戦では、イスラエルがマロン派を、シリウがスンニ派を、イランがシーア派を支援して、内戦がなかなか収まらなかったのです。

シリアとヒズボラが手を結ぶのは、イスラエルが侵攻してきた時だけです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ