舞城王太郎とジョー・R・ランズデールが好きな
私にぴったりの小説はありませんか?ジャンルは
問わず、ミステリでも純文学でも児童書でも何でも
読みます。児童書ならダールとか出てきそうですが、
ダールは読んでいるので他のものでお願いします~。

A 回答 (3件)

私は、ミステリ好きです。

昔から恩田陸さんの作品を読んでるんですが、最近では森博嗣さんの作品を集めています。どちらの作家さんも面白いですよ~個人的には、とってもオススメです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。私もどちらも大好きです~。森さんのは、やっぱり紅子シリーズより犀川シリーズの方がキレがあって面白いですよね。

お礼日時:2004/09/04 23:11

ランズデールはいいですね。


一見B級っぽくて、確かにそういう面はあるけど、
それだけじゃないぞ、というところで、

チャールズ・ブコウスキー『詩人と女たち』『パルプ』
ジム・トンプスン『ポップ1280』『死ぬほどいい女』

あたりいいのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ランズデール、いいですよね~。大好きです。ブゴウスキーは「勝手に生きろ!」を読んだことがあるのですが「う~ん……」って感じでした。ジム・トンプソンは知らなかったので是非読んでみようと思います。

お礼日時:2004/09/04 11:57

初めまして。


残念ながら、ジョー・R・ランズデールさんは読んだことはありませんが、舞城王太郎さんは大好きです。
特に『煙か土か食い物』『世界は密室で出来ている』などは好きな作品です。

舞城王太郎さんのように勢いのある文章を書かれると私が思う方の小説をあげて見ますね。

池上永一さん『パガージマヌパナス』『風車祭』
 …どちらも沖縄が舞台です。

古川日出男さん『13』『アラビアの夜の種族』
 …上手くいえませんが、壮大な物語です。

滝本竜彦さん『NHKにようこそ!』
 …引きこもりの青年が主人公です。熱く激しいでも悲しい文章が魅力的。

飯島和一『始祖鳥記』『雷電本紀』
 …どちらも江戸時代が舞台の時代小説。初めは読みにくいかもしれませんが…私は最終的に引き込まれてしまいました。

乙一さん『暗いところで待ち合わせ』
 …目の不自由な女性と逃亡者のお話。奇妙な設定で孤独と孤独が徐々に癒されていく様が描けています。

高野和明『13階段』『グレイヴディッカー』
 …エンターテイメント。細かいあらはたくさんあるので、そういうのが嫌いな方は読みにくいかもしれません。

たくさんお勧めして申し訳ありません。すでに知っておられる作品だったり、興趣が湧かなかったりしたらすいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そんな、たくさん教えて下さって嬉しいです(笑)池上永一さん、古川日出男さんは読んだことがないので、是非読んでみようと思います。乙一さんは、「 GOTH」が面白かったですね。

お礼日時:2004/09/02 17:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ