話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

恋愛結婚したはずなのに。夫を嫌いになる理由はマイクロトラウマが原因だった!

恋愛結婚したはずなのに。夫を嫌いになる理由はマイクロトラウマが原因だった!大好きで結婚したはずなのに、一緒に生活しているうちにその気持ちが冷めてしまうという人は少なくないらしい。「教えて!goo」「夫のことが嫌いになってきました……」という投稿が寄せられていた。

結婚してからというもの、ケンカが増えて夫婦のスキンシップが減ってしまった投稿者。幸せな家庭を築きたいと思う反面、夫を嫌いになった自分もいて、その狭間で悩んでいるようだ。ユーザーからは、「私は不満ばかり数えても仕方ないので彼のいい点を探すようにしています。きっと自分も変わってしまったので」(premamamegさん)や「自分が『求める』ならば、相手の『欲求』も満たさないとフェアじゃないですよね? 相手に何かして欲しいなら、まず、自分が変わらないといけないのでは?」(cacaliarubyさん)といった回答がつけられていた。そもそも、なぜ一度好きになった相手を嫌いになってしまうのだろうか。心理学者の内藤誼人先生に聞いた。

■夫婦仲を冷えさせる「マイクロトラウマ」とは


「旦那さんのことを嫌いになってしまう理由はさまざまあると思いますが、『マイクロトラウマ』と呼ばれる現象も原因の一つではないかと考えられます」(内藤先生)

「マイクロトラウマ」とは聞きなれない言葉だ。内藤先生によると、短期間なら耐えられるような些細なことも、継続されることで許せなくなってしまう心理的現象のことを指すという。

「たとえば、旦那さんに靴下を脱ぎ散らかす習慣があるとしましょう。奥さんは最初、さほど気にしなかったかもしれません。しかし、それが毎日続くと、自分でも気付かないうちに小さなストレスの蓄積となっていることがあるのです。そして、ある日突然それが耐えられないほどの嫌悪感になってしまう……。こうなると、一気に旦那さんへの気持ちが冷めてしまいます」(内藤先生)

この現象の恐ろしい点は、一度“臨界点”を超えると元には戻れないところだ。夫婦関係が破たんし、最悪の場合離婚に至るケースもあるという。そうなる前に、早めに対処する方法はないのだろうか。

■相手の習慣を変えてもらう方法


「残念ながら、確実に対処できる方法はないと思います。強いて言えば、相手に少しでも気になる行動があれば、なるべく早めに伝えてやめてもらうことでしょうか」(内藤先生)

だが、相手にとっては長年にわたり染みついた習慣だ。簡単に改善するとは思えない。

「気になる行動をやめてくれたら、そのたびに相手が喜ぶことをしてあげるというのはどうでしょうか。ご褒美のようなものですね。こうして、相手に行動を変えてもらうよう努力するのです」(内藤先生)

自分にとって気になる行動を相手がやめてくれれば、自分のストレスが減少する。そして、喜ぶことをしてあげれば、相手も嬉しいだろう。確かに、これなら良好な夫婦関係が続きそうだ。

以前は気にならなかった相手の行動が、最近は妙に気になる……。そんな気持ちに心あたりのある人は、臨界点を超える前兆かもしれない。夫のことを嫌いになってしまう前に、早めに手を打っておくことをオススメしたい。

●専門家プロフィール:内藤 誼人
心理学者、立正大学客員教授、有限会社アンギルド代表取締役。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。「すごい!モテ方」(廣済堂)、「ヤバい出世学」(大和書房)他、著書多数。

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気記事ランキング

人気のコンテンツ

更新情報をチェック

カテゴリ