連続質問失礼します
私は常々疑問だったのですが
今DVDBOXで再発売されているアニメは
昔、結構人気のあったアニメですよね?
売る側からすれば人気があればそれを購入する者も
それだけいると言うことですから そう言ったアニメを
DVD化して再発売される事は納得できますが
しかし人気があるというだけなら 
空想科学世界ガリバーボーイや
少々マイナーですが伝説の勇者へポイ
タイトル忘れましたがアニメ版桃太郎
ゲンジ通信あげだま等々結構あります
なぜそれらはDVD化されないのでしょう?
何か理由があるのでしょうか?

A 回答 (4件)

売れ無そうなアニメでも、DVD(VHS)化される


場合もあります。
全ては、利権管理会社次第というところでしょう。
    • good
    • 0

おそらくそれらのアニメのDVDなどを発売しても売れる見込みないからではないでしょうか。

    • good
    • 0

私もよく思う事があるのですが、当時人気があっても時間が経った今高額な金額を投じてまでDVDを買うファンがどれだけいるのか不透明過ぎるのではないでしょうか。


実際ok-tonnkusonnさんが出されているタイトルのDVDが発売されたとして絶対買うかといわれたら言い切れない所があると思うんですね。
懐かしくて見たいけど4万、8万出せないなっていう。

マスターが紛失・破損という事も原因としてあるでしょうが、実際どれだけの数が売れるのかが一番のネックではないでしょうか。

また、「たのみこむ」というサイトでは、そういったアニメのDVD化を推し進める運動をしている案もあるので地道に活動するしかなさそうです。

参考URL:http://www.tanomi.com/
    • good
    • 0

著作権の問題で権利者の何人か(映画と違い、テレビ番組の場合、複数の著作権者が存在)が了解をしてくれない。



発売しても原価回収の目処がたたない。(マニアには人気があるが、生産できるだけの販売量の確保が出来ない)

製作会社の倒産などで原盤の管理不行き届きで散逸し、全話マスター状態で揃わない。(これは昔のアニメ・特撮ではよく有りました。)民放にあった放送用テープを原盤にしてまで発売した例があります。

CS放送などの有料放送での再放送が多く、あえてソフト化する必要性がない。(ヘポイ・桃太郎伝説・あげたま、は、スカパーのアニメチャンネルで何度も放送しています。)

もっと古い30年以上前の作品では、原盤フィルムの材質の悪さで、酸化して溶けてしまったもの、自然発火して消滅もあります。現在、古い作品を急速にデジタルリマスターに焼き直しているのは、保管期間の限界にさしかかっているからです。DVD化の要望の高い旧作品は、リマスターされてから発売・もしくは有料放送されます。

作品自体に社会通念上不適当な内容があるので、現在では発売できない、という例もあるでしょう。

いろいろありますが、私が思いつくのはこんな所です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ