職場の人とタイピングゲームソフトの話をしていました。
ふとしたことからあしたのジョーの最終回の話になり、
ホセ・メンドーサを倒せなかったジョーが最後に「真っ白に燃え尽きて」どうなったのか?
結局、ジョーは死んでしまったのでしょうか?
私は死んだと思っているのですが、以前テレビで作者が「ジョーは死んでいない」と言ったとか。
信憑性のまる説をご存知の方はいらっしゃいますか???

A 回答 (8件)

yasuさん、こんばんは。



 おぼろげな記憶をたどってみたのですが、確か最後の「燃え尽きたぜ~」の前のコマで、段平と西が (O.O;)←こんな顔で「ジョー……」と絶句していたと思います。もし失神していたのであれば、あそこまで大仰に驚くことはないはずです。何しろホセが白髪になるほどの大激闘だったのですから。と、たったこれだけの根拠ですが、ジョーは死んだと見るべきでしょう。
 ただし、これはあくまでも理屈だけで考えた場合です。

 なお、以前テレビ朝日で放映していた「驚きももの木20世紀」では、梶原一騎は段平に「お前はボクシングには負けたがケンカには勝った」と言わせており、それを不満に感じたちばてつやが梶原に許可を得てラスト・シーンを変えた。その際、どこかの回でジョーが「真白な灰になるまで戦いたい」という意味のセリフを口にしていたのをちばが思い出し、アシスタント全員と最初から単行本を読み返したというエピソードを紹介していました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
もはや作品としてではなく、一人のボクサーの生き方を
とことんつきつめて納得いく形で描きしるした、といった
感じでしょうか。
線で構成されたマンガの中の人物に、感情を込めて、
そこまで作品に欠ける情熱とはいったいなんなのでしょう。
今のマンガ家にはあまり見かけなくなった書き手として
必要不可欠な要素だと思います。
最も最近のマンガはまったくと言っていいほど読みませんが・・・

お礼日時:2001/12/20 17:02

死んだと思います。


死ぬからかっこいいんです!
あれで、続編があったら逆に作品の価値が下がりますよ。
これは本当に昔から言われてますよね?(しつこい)
ジョーを忘れられない人達の、妄想が作り上げたのではないでしょうか。
信憑性とか関係ない話したが、是非一言、言いたかったので回答しました。
失礼しました・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
私も死んだと思ってますし、その方がドラマとしては
完成すると考えています。

お礼日時:2001/12/20 16:53

どうも再び#1です。



補足にもならなく回答に混乱をかけるようですが、
回答者の回答には
コミック側としてのアニメとTV側のアニメの結論が混ざっている事を御承知ください。

では
    • good
    • 2

 こんにちは。



 死ぬもなにも、

 「真っ白になった」

 ――ただ、それだけのことですよ。

 「読者の数だけ解釈はある」

 ――っていうのが、一番信憑性の高い答えかな、という気がします。

 エンディングについては、 梶原一騎氏(原作者)とちばてつや氏(作画者)の間で、相当な激論が展開されたらしいです。

 記憶の奥の話なので細部については自信がありませんが、

1)梶原氏は「丹下段平がジョーを抱きかかえて『おまえは良くやった、試合には負けたが本当の勝者はお前だ』と言う」―というエンディングを書いてきた。
#この後、ジョーがどこかの街に一人たたずみ、どこかへと去っていく、だったと思うんですが、ちょっと記憶がいい加減です。

2)このエンディングに対してちば氏が猛反発し、最終的に「原作を無視した」形で、あのエンディングが生まれた。

 ――と言う話を「別冊宝島」かなんかで読んだ記憶があります。

 解釈については「自信あり」、エンディングの真相については、記憶があいまいなので「自信なし」です。

 参考になれば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

情報ありがとうございます。
私も何かで聞きかじったんですが、丹下段平はジョーに、
お前は試合には負けたが、ケンカには勝ったんだ、という
「なんじゃそれはっ」って突っ込みたくなるような結末を
書いた、とききました。(梶原氏が)
原稿を受け取ったちばてつやが憤慨して、梶原氏に電話をし、ラストを変えるがいいか? と詰め寄ったそうです。
当時、梶原氏は他の仕事もあって、忙しくて忙しくて、もはやラストをじっくり考える余裕がなかったようで、
「まかせる」と一言言ったとか。
私の知るところではここまでです。

お礼日時:2001/12/20 16:49

初めまして、yasuさん。



矢吹丈は、真っ白に燃え尽きた後、
我々の心の中に生きているではないですか。

僕自身は、この結論に満足しているんです。
回答らしい回答ではありませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
しかし、#1でも書かせていただきましたが、はっきりさせない方が良いと、作品的いうとその方が良い、というのには私も同感です。しかし、今回の質問はというとそういった意図でありません。また個人的、抽象的意見を望むものではありません。

お礼日時:2001/12/20 16:41

昔、パソコンのゲームで「あしたのジョー」のボクシングゲームが


あったのですが、そのゲームの内容は、
「ホセとの試合で真っ白に燃え尽きたジョーが、死後の世界でこれ
までのライバルと戦う」というものでした。
死後の世界という設定からか、ひとり目の敵は力石徹でした。

PC-8800時代の古いゲームなので、メーカー等はわかりませんが
そういうゲームが存在し、そのゲームの中ではジョーは死んだと解
釈されているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報ありがとうございます。
そのゲームメーカーの独自の解釈によるもののパソコン
ゲームというわけですね。
あのラストをみたら一般的に、死んだ、と解釈しても無理はないと思ってます。
それにしてもあの世でたたかうって設定がどうもいただけません。。。世界観が変ってしまいます。
イメージは大切にしたいものです。

お礼日時:2001/12/20 16:36

なんて素敵な質問でしょう!



●梶原一騎はジョ-「真っ白に燃え尽きて」死ぬ結末だと言ったらしい
●ファンがジョーを「殺さないで~~」と嘆願し、死んだか死んでないかわからないあのようなエンディングにしたらしい
●力石徹の葬式が実際に行われたが、ジョーの葬式を挙げるとなると二番煎じとなり盛り上がりに欠けるかもしれないと察し、死んだか死んでないかわからないあのようなエンディングにしたらしい

懐かしいです。しみじみ。

それでは
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素敵な質問ですか・・・(笑)
情報ありがとうございます。
当人にこの書き込みをみせたところ ( 昼飯1週間分かけて対立中 ) ややへこんでたようです。
もうワンパンチくれてやりたい。
私も力石の葬式はやったのに、ジョーの葬式がないのなんでかな? と思ってました。

お礼日時:2001/12/20 16:29

回答になっていませんが、


その部分ははっきりさせておかない方が良いと思います。

死んだ場合はヒーローとして終わる場合もあるし、
生きていた場合は、何かの拍子で「・・・2」にもなる場合も・・・
(その場合はJr.登場とか)

私なりの結論もありますが、結論の考えの押し付けになりそうなので、省略します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はっきりさせない方が良いと、作品的いうとその方が演出
的に良い、というのには私も同感なのです。
しかし、今回の質問はというとそういった意図ではありま
せん。あえて白か黒かはっきりしたい、という質問であり
まして、個人的な問題に死んだ、死なないの見解の相違が
あるので、噂、作品の良し悪し関係なく、確かな情報があ
れば知りたいな、という事でした。
昼めし一週間分を賭けて。
素早いご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/20 16:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ