ノスタルジックな話、神秘系の話、民俗学系の話で、なんだかためになるような本ありませんか?
 漫画でいうと、『もっけ』や、『蟲師』のイメージです。小説ではQEDシリーズ、終わりのクロニクルシリーズ、妖魔夜行シリーズ、巷説百物語。資料としては新紀元社の本が好きです。
 嗜好としてはジュールベルヌの”神秘の島”のように描写が細かいものが好きです。"第六大陸""導きの星"のような、職人魂溢れるものも好きですね。好きな作家は上遠野浩平、鷹見一平、柘植めぐみ、京極夏彦、奈須きのこ、山本弘、冴木忍、小川一水さんです。

 お勧めの本の魅力なども、一緒に教えてくださるとありがたいです。

A 回答 (5件)

梨木香歩『家守綺譚』(新潮社)はどうでしょうか。

ノスタルジックな雰囲気はしますが。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4104299 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 URLみました。面白そうです!
 短編連作で和風……夜中にゆっくり読みたいです。
 紹介ありがとうございましたっ

お礼日時:2006/02/18 18:50

読まれたかもしれませんが、高橋克彦「竜の柩」古代史とか日本の神話をミックスさせた謎解きアクション小説です。

更にUFOとかもついていければ「総門谷」
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 読んだ事ないですー。日本と西洋の竜の違いなんてそそりますね。UFO……一応大丈夫です。MMRとか割と好きでしたし。シルバーウルフなんかも読んでましたし。
 紹介ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/18 18:47

北森鴻『凶笑面』は、民俗学をモチーフにしたミステリー短編集です。


大学の民俗学の美人教授が探偵役、という設定。民話やその地方に伝わる風習がトリックに使われる、というユニークな作品です。
続編に『触身仏』もあります。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101207 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ミステリー短編! いいですねぇ。個人的に短編が好きなので。地方に伝わる風習が、何てところもツボです。紹介ありがとうございました。図書館で探してみます。

お礼日時:2006/02/18 10:44

甲田学人『Missing』はいかがでしょう。

面白いと思います。
鷹見一幸『小さな国の救世主』はお読みになりました?
……鷹見「一幸」ですよw
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 小さな国の救世主は見てないですね。探してみます。『一幸』さんだったとは……全然気づいていませんでした。ずっと勘違い……は、恥ずかしいです(//▽//) 指摘ありがとうございます
 Missingは読みました。山の神と怪奇の関係が面白かったです。魔術的な説明も詳しかったですし、ホラーな描写も段々怖くなっていきましたし。目にガラスを入れるところなんかぞっとしました。

お礼日時:2006/02/18 10:49

『なまけ者のさとり方』


人生観が変わるかもしれませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 『なまけ者のさとり方』ですね。見つけたら目を通してみたいと思います。
 人生観が……というよりは、宗教観が変わった本は山本さんの「神は沈黙せず」ですね。その後も調べていくうちに宗教観が変わるようなことはなんどもありましたがw

お礼日時:2006/02/18 10:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ