こんにちは。

読書歴、数ヶ月です。
難しいのとかは、無理で、それと、乙女のうわごとみたいな刺激のない、小説も苦手です。

今まで読んだ本で、好きなのは、
桐野夏生「OUT」
ヤン・ソギル「血と骨」
馳星周「夜光虫」「漂流街」

強欲、性欲、金銭欲、人間のエゴイズム丸出しのどぎつい小説を教えてほしいです。
よろしくお願いします。

A 回答 (14件中1~10件)

『殺人の門』(作者:東野圭吾)は、どうでしょうか?


タイトルに殺人とありますが、質問者様が苦手な描写はありません。
主人公の男が、ある男に嵌められまくりの人生を送ります。
次第に主人公は、その男を憎み、殺したい、と考えます。
『殺人』の門を、主人公は潜るのか否か・・が、ストーリーになっています。
読んだ後は、不快感でいっぱいです(笑)
    • good
    • 0

coach_1985さん、こんにちは。



まだ出ていないようなので、戸梶圭太をお勧めします。とにかくどぎつさは保証します。

私が読んだことがあって、読みながらめまいをおこしそうになった作品は「未確認家族(新潮文庫)」です。「闇の楽園(新潮文庫)」は普通に面白いましたが、どぎつい印象も残りました。「溺れる魚(新潮文庫)」は素直に面白かったかな。

以上、参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ここまでの皆々様。どうもありがとうございます。
まとめてお礼でごめんなさい。
皆さんお好きですね。笑笑笑。

ちょっと欲を出して(強欲)、SFみたいな、ありえない非現実的なのはちょっとパス。ゾンビ・死霊のはらわた的なのはダメ。
あくまで、現実の範囲で(ここがミソ!)、辛辣な表現で、ずるがしこかったり、いかにもありそうなで、下品なのが大好き。

例:弱みを握ったやくざが、「ソープではらってもらおうか!」みたいなの。

単純なおばかでごめんなさい。笑笑笑。

お礼日時:2006/05/17 18:09

新堂冬樹さんの『溝鼠』を思い出しました。


ヤクザの狙っている2億円という金を、父、姉、弟の3人が奪おうとする、という物語なのですが、それぞれが皆、金に汚く、なおかつ互いに出しぬいてやろう、とかなりエグい描写が続きます。
No.2さんが挙げてらっしゃる『毒蟲VS溝鼠』は未読ですが、この作品の続編なのでエグいだろうな、とは思いますが。

他にも『ろくでなし』『無間地獄』『闇の貴族』など、新堂冬樹氏の作品はそういう作品が多いと思います。
    • good
    • 1

<強欲、性欲、金銭欲、人間のエゴイズム丸出しのどぎつい小説>


西村望の作品世界そのものではありませんか。

「いちろべが憎い」「もう日は暮れた」「鬼畜ー阿弥陀仏よや、おいおい」「悪行」「外道」「毒牙」
    • good
    • 0

小林泰三 「玩具修理者」



この「玩具」はいわゆる「おもちゃ」ではなく…
したがって「修理」とは…

読み終えて、速攻で捨てた本です。なのに忘れられません…(うっ…吐きそう)。
    • good
    • 0

桐野夏生「グロテスク」「ダーク」


特に「グロテスク」強烈でした。
    • good
    • 1

乙一さんの作品「GOTH」「ZOO」


エゴイズム、殺人、むごい結末など、この作者がおすすめ。

大槻ケンジさん作品「STACY」
少女のゾンビが登場する作品ですが、ちょっとひどいです。
    • good
    • 0

逢坂剛氏の『禿鷹の夜』『禿鷹の夜II 無防備都市』『禿鷹III 銀弾の森』



警察小説ですが
『ヤクザにたかり、弱きをくじく、冷酷非常な刑事』の話です
同じ逢坂氏の『百舌シリーズ』も なかなかすごいと思いますが いかがでしょうか?
    • good
    • 0

綾辻行人の殺人鬼シリーズがエグイです。

その殺人描写がどぎついです。はらわたを引き裂いて腸を引きずり出し本人に食べさせたりしてます。シリーズは殺人鬼IIIまであったと思います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101386 …
    • good
    • 0

竹書房文庫から出ている平山夢明さんの『東京伝説』シリーズはどうでしょうか?



不法侵入での異常者の行動などを載せている本当にあった話です。

求められているえげつなさとは内容が違うかな?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ