パリ講和会議のなかで「ラインラント」と「東プロイセン」を要求していた国はそれぞれどこでしょうか?

どなたかご教授下さい!

パリ講和会議の結果、連合国は敗戦国ドイツとヴェルサイユ条約を結んで、この条約でラインラントを非武装地帯としたのは知っております。


もし質問の内容自体が間違っていましたら、その内容もご指摘いただければ幸いです。。

A 回答 (1件)

ラインラントは当時ドイツの重工業地帯で豊富な炭田、交通の便もありフランスがその領有を主張しましたが、フランス人の居住したこともなく連合国特に英、アメリカが反対し非武装地帯宣言をする事でドイツ領にとどまりました。



「東プロイセン」についてはポーランドとロシアが争ったようでポーランド-ロシアの戦争にまで発展しましたが、緒戦はポーランドが破れましたがフランスの援助で巻き返し、連合国の仲介もあって住民投票によりドイツ領に留まりました。

その結果ダンティッヒが自由港としてポーランドの優先使用が認められました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そうでしたか!
分かりやすい回答、感謝致します。

お礼日時:2006/11/28 21:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ