私は、送風機の羽根の研究をしているのですが、これまでにない羽根で画期的なものはありませんか?アイデアでいいので、あれば教えてください。

A 回答 (2件)

今までの送風機に無いと言う事でいいのでしょうか?


第二次世界大戦中の航空機用のプロペラは、いろいろなタイプがありました。
例えば、零戦に付いていた、”ピッチプロペラ”エンジンの回転数を変えるのでは無く、プロペラ自体の角度が変るものです、空気を掻く角度が変り推進力を変える事ができました。
紫雲で採用された、”二重反転プロペラ”これはその後、船のスクリューなどに採用されていますね。
ただ昔は、”逆反転ピッチプロペラ”と呼ばれていたような気がしますが・・・思い違いかもしれません。
紫電改に改良された、”強風”も最初は、”二重反転プロペラ”を付けて実験していて採用時には普通の3枚ペラにされたはずです。
他には、”ドルニエDo335”で採用された、前後にプロペラを配置する方法も面白いかもしれません。
航空機が速く飛んだり(Do335),恐ろしく効率よく航続距離が伸びたり(零戦)、回転トルクを殺して振動を少なくしたり(紫雲)、究極まで研究された技術だと思います。
プロペラ関係で、戦後、これは!と思ったのは、国で開発していた、短距離離着陸実験機(輸送機?)に採用された、ガスターピンエンジンに付いていた、先端が曲がった8枚?プロペラ、素材の関係でレシプロ機は、音速を超えられないと言われて来ましたが、根拠は音速を超えれるプロペラの素材が無かったからですが、この実験機に付けられていたプロペラは、音速が突破できる素材だったはずです。
専門家の方相手に釈迦に説法だったかもしれませんが、参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

・固体じゃない羽根


 ・液体の羽根
 ・気体の羽根
 ・粒子状の羽根
 ・膜状の羽根
 ・ベルト状の羽根
 
・一枚羽根<ちょっとありがち?
・遊星運動する羽根
・見えない羽根
・筒状の羽根
・固定されていない羽根
⇒逆に完全に固定されている羽根
 ・羽根が微振動するとか・・

・・・・なんか使えます?(^^;
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ