神谷悠先生の『霧迷宮』で記憶が戻ったハジメ=西条小太郎は2度目の選択で12年間、愛して共に生きてきた筈の家族の許を去り、元の家族の許へ還りました。

 気になるのは彼が「西条小太郎」のままだという事ですが、これは戸籍の事を意味しているのだとしたら、「西条小太郎」のままである筈はないと思うのですが。ハジメという名にしているけれど、戸籍は「西条小太郎」のままなのだとしたら、まどか達や警察に分からない筈はないのでは?

A 回答 (1件)

 こんばんは。


 ご質問ですが、私も久しぶりに引っ張り出してきて考えました。
 それで、結論としては、[解らないだろう]でした。
 上嶺一家は小太郎さんを身元不明者として届け出ていません。
 ですので、二人が結婚したと周囲が言っていても、あくまで
事実婚だったのでは?と考えます。小太郎さんはあくまで
上嶺一家が「届け出たけれど該当者なし」と言ったのを信じて
いたのだと思います。

 では、ユキはどうやって上嶺に来たのか?と考えても
単身者でも里親になれる事ですし、問題は無かったのでは?
上嶺一家は土地では有力者ですし。
(それに47pに自筆で「まだ養子縁組はしていない」と
書いています)
 
 以上ですが、如何でしょう?素人考えで申し訳無いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/14 00:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ