人類はアウストラロピテクス、ネアンデルタール、クロマニヨンと進化していきましたが、アウストラロピテクスから突然ネアンデルタール人が生まれ、ネアンデルタール人から突然クロマニヨン人が生まれてきたのでしょうか?それとも、じわりじわりと進化していったのでしょうか?

A 回答 (3件)

 数ヶ月前、BSデジタル(BS朝日だったと思います)でこの手の番組やってました。



 はっきりとした記憶が残ってないので無いので間違っているかも知れませんが・・。


 クロマニヨン人とネアンデルタール人は別物です。アウストラロピテクスの関係は分かりませんが、多分、進化としては別系統だと思います。

 クロマニヨン人とネアンデルタール人との関係では、知能の高いクロマニヨン人が徐々に勢力を広げ、生息地を拡大していきました。その結果、ネアンデルタール人は生息地を狭められ最終的には絶滅したようです。

 ただ、クロマニヨン人とネアンデルタール人の配合は行われたようで、現代でもネアンデルタール人の特徴をそなえた人はいるそうですので、遺伝子レベルではネアンデルタール人も残っていると考えられるのかもしれません。

 専門的なお話は、他の方にお任せします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました
ありがとうございます

お礼日時:2002/07/17 12:01

じわりじわりの方だと思いますが、クロマニョン人はネアンデルタール人の子孫ではなかったはずです

    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました
ありがとうございます

お礼日時:2002/07/17 12:02

自分も記憶が定かではないのですが、


突然変異で生まれた新しい人類が古い人類を生活力の差によって
駆逐していった、と聞いたことがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました
ありがとうございます

お礼日時:2002/07/17 12:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ