私は離婚暦があり、離婚の理由は夫の暴力と浮気、金遣いの荒さが原因です。結婚前から酷い暴力を受けていたのですが、精神的にダメージを受け、拒食症になったこともありました。周りから別れるように言われていたのに、酷い元夫にすがり付く様に別れる精神状態になれませんでした。離婚したきっかけは私が病気をして二ヶ月間入院をして離れる事が出来たからです。何年もの苦しい状態からの脱出で、病気をしているのに解放されて生きる勇気が出た時でした。

やっとの離婚後も、男性と心を開いてお付き合いすることができませんでした。元夫と知り合ってからは他の男性に愛想を振りまいたり、たくさん話をすることを禁止されていたので、誰かと知り合う機会はありませんでした。今では道を歩いていたり、カフェで1人でお茶をしていると、昔は知り合うことも想像すらできないような、一見素敵な男性に声をかけられるようになりました。でも、誰のことも好きになれませんでした。付き合って欲しいと言われて、付き合ってみても、相手の男性を汚らわしく思い、性的な行為も気持悪く感じてしまいます。
妊娠相手の男性は携帯に度々女性から電話やメールがきます。文は甘えたような感じで、ご飯や会おうなどの内容です。2人で会っていて、週末に連絡がとれないこともあります。表向きの私は束縛しないし自由な発想をするタイプなので、ある程度の内容のものはこの男性から見せてきます。でも、見せてと冗談で言って見せてくれない時もあります。過去の女性関係を聞くところ、私と付き合っている現在も他に女性がいるのだと想像します。過去の話では、常に女性が3人~4人いたそうです。外見は格好よくないけれど、マメで経済力のある人です。

あまりセックスもしていないのに、いつもは避妊しているのに、たまたま避妊していなかった時に妊娠しました。相手の男性を好きになれないので、別れようと思い距離を開けていた時に妊娠が発覚しました。相手の男性は出産するように勧めています。だけど、この男性はそれぞれ母親の違う子どを3人産ませています。ちゃんと結婚して幸せになろうなどと言われても、この男性を信じることも好きになることも出来ません。

中絶するしかないと思っても胎児や命を考えると怖ろしく、涙が出てきます。子どもを連れているママを見ると泣けてきます。でも、子どもを産んで母親になっても、果たして愛せるのか、まさか、私が虐待するような人間になるのか、色々な事が頭を駆け巡ります。
今、混乱してしまい、良い答えを見つけ出せないでいます。

できれば、経験からの意見をお聞かせください。

A 回答 (4件)

私も去年似たような立場にいました。


私の場合は別れ話をしてる時に妊娠発覚し、仕方なく結婚しようとしていました。

でも結婚して好きでもない男と暮らすいうのは嫌だったし 経済力も性格も良くないしで毎日不眠症になりながら悩んでいました。
一人で生むのも育てるのも親の力無しでは生活していけないだろうという状況でした。

いくら子供を生みたいからといって両親が不仲な状況で育てても
子供がかえって可哀そうだと私の母に言われ中絶する事を決断しました。一人で生むのは反対されたし 親に援助してもらえなかったら
生きていけないと思ったからです。
手術後は精神的にかなりきついです。想像以上に・・・
ほとんど何も考えなくなるまでに半年はかかりました。
今でも子供のことを忘れた日はないですが・・・
中絶後 私は生理の周期も変わり 不妊症になってないかとずっと不安です。自業自得だと反省してますが。

子供を生むか生まないかは自分自身の判断で決めてください。
周りの言葉ももちろん大事ですが 生みたいか生みたくないか。
もちろん育てられるのかという事も。
彼と別れた事に関しては全く後悔してません。正解だったと思ってます。

後悔しない判断ができればいいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
悩みましたが昨日、中絶手術をしてきました。
産むことは結婚することだったのですが、やはり信頼できない相手との
子どもを産み、不安を抱えながらの子育てや家庭を選ぶことはできませ
んでした。当たり前のことですが、二度とこのようなことが起きないよ
うにコンドームだけに頼らず、女性が出来る避妊の説明を聞いてくる予
定です。これから恋愛することができるかわかりませんが、女性を飾り
だと思っているようなのではなく、人間として通じ合えるような、まず
は良い人間関係を築いていけるようにしていきたいと思います。

お礼日時:2007/08/07 21:42

余計なお世話かもしれませんが、赤ちゃんは産んであげてください。


そして男性と別れても未婚の母でもいいじゃないですか!うちの母もそうでしたよ!弟と私の父は違います。弟の父と離婚したあとに妊娠がわかったんです。
未婚の母になると色々お金の援助もしてくれます(児童扶養手当)また別に結婚の有無に関係なく児童手当もでます。
頑張りましょうよ。
私も虐待しないと心に決めていましたが、今は怒ってばかりで悩むこともたくさんあります。でもわが子はかわいいです。
育児は大変です。でも、母になれるのは女の人だけ、出産の経験ができるのも女だけ。自分のお腹を痛めてまで赤ちゃんを産みたいというのは大切なものを守りたいという気持ちからきていると思いますよ。

大丈夫です。自信を持ってください。
母も頑張っていました。
あなた一人だけが苦労しているわけではありませんよ。
みんなかげながらお手伝いをしてくれるんです。
すごくありがたく、また暖かい人たちに囲まれて幸せに感じますよ!!

どうか堕胎ということは考えず頑張ってほしいと願うばかりです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
悩みましたが昨日、中絶手術をしてきました。
折角の回答にも関わらず、このような結果を選んだことを
心苦しく思います。
私も命は大事にしたいです。言い訳のように聞こえてしまう
かもしれませんが、私は他にも問題を抱えて生きており、
本当に辛い決断で、私が生きていく道を選びました。

お礼日時:2007/08/07 21:40

辛いと思います。



>この男性はそれぞれ母親の違う子どを3人産ませています。

この時点で結婚はXでしょう。
あとは父親のいない子にするか中絶かですが・・・
それは貴女の決めることです。

育てる環境に申し分がなければいいのですが、
そうでなければ・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
悩みましたが昨日、中絶手術をしてきました。
本当に辛い選択で、ずっと苦しくて泣いていました。
せめて胎児が痛みを感じるようになる前に早く中絶しなければならない
と思い最短の週で中絶を決めました。私もやはり命は大事にしたいです。
でも私も生きていかなければなりません。
コンドームだけではなく女性ができる避妊について病院で詳しく説明を
聞いてくる予定です。

お礼日時:2007/08/07 21:39

私は男で、もちろん経験はありませんが、一般的なことは言えそうです。



>マメで経済力のある人です。

「経済力」これが一番「不安要素」なんですよ。
昔の「財閥大臣」の話ならいいのですが、今の時代にそんなもの望むべくも無いんです。
ホリエモンや村上ファンドのことは知ってますよね?。
公職の人間だって、スキャンダル一発で地に落ちたりしますし、公務員クラスならば失職覚悟です。
土地持ちだって限りはあるし、経済力なんかハッキリと言えば「あてにならない」ものでしかありませんよ。

冷静に考えてください。
あなたが最後だなんて、本当に信じていいの?。
あと2人「恋人」を作ったら、資産は「六等分」です。いや、それ以下でしょう。
あなたを彼が選んだとしても、ごたごたが続くのは想像に難くないし、下手すれば「犯罪」に発展するかもしれない。

どうですか?。
「ものすごくリスキー」なかんがえということはわかったと思います。
その上で判断するべきです。

「生きる」ということは「したたか」であるべきことだと思います。
なんにせよ「生きる」ということは、あなたにとっても、そして、あなたに宿った命にとっても「大変な出来事」に違いないのです。
だからこそ、もっと「したたかに」生き抜いて欲しいものだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
悩みましたが昨日、中絶手術をしてきました。
相手の男性は最後まで産んでも良いとか、産んでくれるなら自分自身を
変えると言っていましたが、少しカマをかけたらボロがでたのでやはり
無理だと思いました。子どもを産んで子育てをしながら、信頼できない
相手と生活を共にするよりも、私が生きていくために辛い選択をしました。
恋愛はこれからできるのかわかりませんが、恋愛よりも、社会の中で自
分らしく、今までのように相手を思いやって良い人間関係を築いていけ
たらいいなと思います。

お礼日時:2007/08/07 21:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード

一度きりの人生、生きていく上で悩みはつきものです。小さな悩みから今後の人生を揺るがすような悩みまで、色んな人の意見を聞いて、自分に照らし合わせることで何かが見えてくることでしょう。

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ