料理の本が好きです。
レシピ集じゃなく、料理が関係するエッセイや小説、です。
マンガでは美味しんぼ、将太の寿司、中華一番、子どもが料理をするやつ(味皇さまとか出てくるやつ)、なんかが好きです。
クッキングパパは、話より料理メインなのでイマイチです。
マンガより字の本が好きなので、そちらの方を探しています。

こちらで、既出のお答えは大体見させていただき、何冊か古本屋さんや図書館でゲットしました。

お答えの中にあったのはエッセイが多かったように思いますが、自分としては、エッセイよりも物語の中に頻繁に料理が出てくる、というような小説が読みたいです。

上記マンガに通じるようなオススメ小説や物語はないでしょうか。(ちなみに、子どもが読むような物語は結構読んでいるつもりですので、それ以外だとありがたいです。)

よろしくお願いいたします。

A 回答 (5件)

北森鴻さんのミステリ作品はどうでしょう。



『メイン・ディッシュ』
http://www.amazon.co.jp/dp/4087474240/

『花の下にて春死なむ』他、「香菜里屋」シリーズ
http://www.amazon.co.jp/dp/4062733277/

どちらもおいしそうな料理の描写は秀逸です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
早速購入してみます!

お礼日時:2007/10/28 10:12

角田光代「彼女のこんだて帖」


http://www.betterhome.jp/book/kanojo/kanojo.php

こちらは以前にも紹介したサイトなので見てるかも知れませんが念のため
http://homepage3.nifty.com/tosyokukan/
http://www.tsuji.ac.jp/hp/dkpo/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「彼女のこんだて帖」は読んでおりました。楽しい小説でした。
二つ目のリンク、参考にさせていただきます。三つ目が見られないような……?

お礼日時:2007/10/28 10:14

ダイアン・ディヴィッドソン著「クッキングママ」シリーズはケータラーが主人公なのでたくさん料理が出てきます。

ジャンルはコージー・ミステリーという感じです。
あとはアマンダ・ヘッサー著「アマンダの恋のお料理ノート」はフィクションともノンフィクションともとれますが細かいレシピがたくさん出ています。
ご参考になればぜひ。
既出でしたら失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
クッキングママをさっそく購入しました。
読んでいくと、たくさんお料理が出てきて楽しいのですが、外国モノは名前に慣れるまでが大変です……。
でも、お料理が出てくるので、最後まで読んでみようと思います。

お礼日時:2007/10/28 10:15

ロバートB.パーカーのスペンサーシリーズもお勧めです。



こんなに素敵なサイトがありました。
http://homepage3.nifty.com/danchans/mystery/Spen …(1).htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
教えていただかないと手に取らないような作者さんです。
参考になります。

お礼日時:2007/10/28 10:16

池波正太郎の小説がお勧めです(エッセイもありますが)。


小説自体もとてもおもしろいのですが、そのなかにチラチラと料理が出てきます。
鬼兵とか仕掛人とか剣客商売とか。
五鉄のしゃも鍋とか、梅安がはぜを煮て食うところとか、道場を始めた大二郎が自炊で根深汁を作り、小兵衛に葱臭いといわれるところとか、いろいろ思い出します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
池波さんの小説やエッセイはわたしも好んで読ませていただいております。
お料理の描写、お上手ですよね。

お礼日時:2007/10/28 10:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ