※長くなってしまいました。すみません。
私は小説大好きでを常に読んでいますが東野圭吾と桐野夏生の本がほとんどです。中でも特にお気に入りが桐野夏生の「残虐記」「リアルワールド」、東野圭吾の「学生街の殺人」「幻夜」です。ミステリーな物語の中に複雑な人間関係が絡み合っている東野さんの本も大好きですし、ぞくぞくする程ハードボイルドな桐野さんの本も大好きです。でも、たまにはこの2人以外の本も読んでみたいと思うのですが、なかなかいい本に巡り合えません…m(_)m
どなたか東野圭吾と桐野夏生の様な、はらはらゾクゾクする本を書く著者をしりませんか??(≧△≦)ノ

A 回答 (6件)

私も東野圭吾は大好きです。


でも最近の大ヒットは歌野 晶午の『葉桜の季節に君を想うということ』です。 その後に読んだ『流星の絆』が霞んでしまったほど。
こんなノンストップな本は久しぶりでした。
他は
井坂幸太郎の『重力ピエロ』
石田井良の『エンジェル』
恩田陸の『六番目の小夜子』
宮部みゆき『蒲生邸事件』
貴志祐介『黒い家』
この辺から好きな作家さんを見つけるといいと思います^^
    • good
    • 0

私も東野圭吾の作品は大好きです。



他の方ともダブりますが
特に印象に残っているホラー&サスペンスものです。

貴志祐介・・・「黒い家」「十三番目の人格 -ISOLA-」
「クリムゾンの迷宮」
誉田哲也・・・「アクセス」
高野和明・・・「13階段」

過去に江戸川乱歩賞や日本ホラー小説大賞などを
受賞した作品を検索してみるといいかもしれませんよ。
賞を取るだけあって好みはあれど面白いですから。
    • good
    • 0

宮部みゆきさんはどうでしょうか。

かなり人気のある方ですネ。
「火車(かしゃ)」はかなり面白かったですヨ。
”はらはらゾクゾク”な作品だと思われます。
    • good
    • 0

私も東野圭吾は大好きです。


ただ、やはりハードボイルド系の物足りなさを感じるんですよね。
そこで最近出会ったのが垣根涼介氏です。
中でもオススメはワイルド・ソウルとヒートアイランド。
検索してみて下さい。
    • good
    • 0

私も今似たような質問を出してて、そちらに回答をいただいているので参考までに見てみてください。

(ひとつ前の質問です)

私自身としては最近、湊かなえさんの「告白」を読みましたが、結構ハラハラドキドキでした(*^^*)。とても新人さんとは思えないですよ。次回作がすごく楽しみです。

あとは海堂尊さんの「チームバチスタの栄光」、貴志祐介さんの「クリムゾンの迷宮」「黒い家」ですね。どれも文庫になってます。いい感じに長編ですが、夢中になって一気に読んでしまうものばかりでした。
(海堂尊さんは1作品しか読んでないので他は分からないのですが^^;)

ちなみに私も東野圭吾さんも桐野夏生さんも大好きです。
私は東野圭吾さんなら「殺人の門」とか「どちらかが彼女を殺した」、桐野夏生さんなら「OUT」は結構ドキドキしました。
    • good
    • 0

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%9D%82% …
伊坂幸太郎さんがお勧めです。
特に構成力が高いので、この先どうなるのかなかなか先が見えません。
下記のゴールデンスランバーがお勧めです。


http://www.shinchosha.co.jp/book/459603/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC% …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ