60代の母への母の日プレゼントを尋ねたところ、「漫画」との回答をもらいました。

活字好き、なおかつ乱読派のため、漫画もいろいろと読んでいるようです。
記憶にある、面白かった漫画をあげてもらったところ以下の通りでした。
・百鬼夜行抄
・雨柳堂夢咄
・家栽の人
・ブラックジャック
・地雷震
・蟲師
・マスターキートン
・彼方から
・動物のお医者さん

「老い先短いから完結済みで20巻以内に納まっているのにしてね♪」と言われております。
以上を踏まえておススメを教えてください!

A 回答 (5件)

・杉浦日向子さんの漫画「百日紅」「百物語」「合葬」など


・高野文子さんの漫画「黄色い本」「棒がいっぽん」「ラッキー嬢ちゃんのあたらしい仕事」など

私の母(今70代です)が読んで気に入っていた漫画です。ちなみに「動物のお医者さん」も気に入って読んでいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ああでも、一足遅かったです…。昨晩渡してしまいました…。

でも高野文子さん、もろ私好みです!
母も気に入っただろうと思うとちょっと残念。
でもせっかくだから誕生日にでも吟味して渡したいと思います。

杉浦さんもいいですよねー。

参考になりました。ありがとうございます!

お礼日時:2009/05/11 21:01

病院の真実をナース目線で見れる ,Nsあおい などはどうでしょう  ブラックジャックによろしくより年齢層関係なく見やすいし内容も深

いですよ ためしに一巻立ち読みしてみてくだされば(^m^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Nsあおい、って、確かドラマにもなっていましたっけ?
拝見してみました♪
面白そうですねー。
ちょっと巻数が多いですけど、読み始めたらうちの母ははまりそうです。

ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/09 01:53

・MONSTER / 浦沢直樹 (小学館)


マスターキートンと同じ作者のミステリー漫画です。

・みかん絵日記 / 安孫子三和 (白泉社)
みかん色の人語を話し立って歩く猫が主人公。
人語を話す猫ってことでトンデモ漫画みたいですがとても感動的なお話です。

ご参考までにどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

『MONSTER』は完結していて、なおかつ程よく長編。
浦沢さんならマスターキートンで認識あるからいいかもしれませんね。

『みかん絵日記』の題名を見てなんだか懐かしく昔を思い出しておりました。
お友達から借りてきたコミックを母が相当昔に読んでいたはずですが、ネコ好きの母のこと、もう一度読みたいかも。

参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/07 23:18

『不思議な少年』現7巻 山下和美 (著)


 神(悪魔?)の視点から様々な国や時代の人生を覗き見るような物語。
 中短編話の集まりなので完結を意識しなくて読めます。
 http://www.amazon.co.jp/dp/4063287726

『PLUTO』現7巻 浦沢直樹 (著)
 手塚治虫の名作をリメイクしたミステリー作品。連載は終了済み。
 http://www.amazon.co.jp/dp/4091874312
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お二つとも、個人的に私が読みたい!(笑)と思っちゃいました。
母とは好みが似ている方なので、たぶん大丈夫なはず。

『不思議な少年』はぜひ私自身が読みたいと思いました。
私の持っている山下さんの印象とは全く違った作風で、なおかつ私好み。そしてこの手は母も好きなはず。

『PLUTO』は手塚ファンの母には興味深く読んでもらえるかも。

吟味させていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/07 23:14

はじめまして。



お母様は教養がありそうな方ですね。

お母様が面白いとおっしゃっていた漫画から個人的にお母様にもしかしら合うかなと思った漫画をあげさせたいただきます。

【おすすめ漫画】
・『おたんこナース』;『動物のお医者さん』を描かれた佐々木倫子先生の作品。元気がとりえの新米ナース似鳥ユキエが巻き起こすドタバタ。ガン告知やアルコール依存症、ナースとドクターの対立などシビアな問題も描かれているが全体的にカラッとした作風。小学館より発売。
・『おかみさん』:相撲部屋を舞台にした人情漫画。一丸先生の作品。
小学館より発売。
・『東京一週間』:ヒューマンドキュメント漫画。短期集中連載だったため目立たないが隠れた名作。『おかみさん』と同じく一丸先生の作品。小学館より発売。全一巻。
・『ばるぼら』:手塚治虫先生作。天才小説家が不思議な魅力を持ったフーテン少女・ばるぼらと出会い徐々に壊れゆく姿を描く。角川文庫より上下巻で発売。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

『おたんこナース』は、いいかもしれない…と思って今のところ第一候補です。母は医療ものが好きみたいでして、これだったら喜んでもらえるかも。巻数も多くもなく少なくもなく、丁度よさそうです。

『おかみさん』『東京一週間』も癖なく読めそうですね。

『ばるぼら』はたぶん、母、すでに読んでいた気がします…。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/07 23:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ