実は主人(中年男性)が読むのですが、通勤の行き帰りに読む本でおすすめはないでしょうか。

前は購入していたのですが あまり早く読んでしまうため もったいないのと本が一杯になってしまうので 今は私が図書館で借りてきています。
本人は なかなか図書館に行けないので。
でも 自分が読むのではないので いつも何を借りてきてあげたらよいのか迷います。

本人は歴史小説(日本・中国)が好きです。今まで借りてきた作家は
宮城谷昌光・童門冬二・津本陽・小川良 ・井沢元彦・伴野朗・塚本青史となぜか宮尾登美子さん等です。(他にも多数有り)
これは 本人の趣味をかんがみて私の選んだ本の作家です。
(面白かったかどうかは聞いていない・・・)

このほかに お勧めの作家はないでしょうか。
おすすめの歴史小説もお願いします。

A 回答 (20件中1~10件)

 たびたび失礼します。

ハプスブルク家に興味がおありならば、藤本ひとみの「ハプスブルクの宝剣」はどうでしょう。また、ブルボン王朝に興味がおありならば、「ブルボンの封印」もいいと思います。

 銀河英雄伝説ですがSF、特にスペースオペラに分類される話です。(スペースオペラはスターウォーズが代表です。)これを歴史小説というかどうかは、人によって賛否が分かれると思うのですが、読んでおいて損のない小説です。

この回答への補足

皆さんに この場を借りてお礼申し上げます。
 
「あれ読んだ~ これ読んだ~」とわがままを言いましたがこんなに沢山の本をお勧めくださって本当にうれしいです。
当分は図書館に行っても「何を借りようかな ? 」 と迷わずに済みそうです。

また、主人の読書相談なのに自分の趣味が出てきてしまって(爆)なんだか変でした。
おかげで私も読む本がたくさん出来て 楽しみが増えました♪

本当に 皆さん ありがとうございました。 

補足日時:2003/03/23 10:33
    • good
    • 0
この回答へのお礼

huyou_77さん また来てくださってありがとうございます !

はい、今回は「洋もの」のご紹介をありがとうございます。
藤本ひとみさんですね。"洋風のかおり"を楽しむのも良いですよね !これも チェックしてみます。

「銀河英雄伝説」は とてもお勧めの本のようですから図書館といわず本屋さんに行って来ようかしら。
ちよっと歴史小説のジャンルからは はずれそうな感じですが 主人は小野不由美さんの「十二国記」(娘に買った本)も読んでいましたから読むとは思います。

お礼日時:2003/03/22 16:39

No.18『風の砦』ではなくて、『水の砦』でした。

すみません~。(汗)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に ありがとうございます (^_^)

お礼日時:2003/03/22 16:41

大久保智弘さんの時代小説をおススメします。


なぜかというと、実はこの作家さんと知り合いだからなのですが‥‥。
いや、面白いと思いますよ。
やはり中でも時代小説大賞を受賞した『風の砦』がおススメです。
年に1作しか出してませんが、作家と高校教師の2足のワラジを履いていたためで、本年4月からは作家に専念するとの事なので、これからの活動にも期待がもてます。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/okubotomohiro/sakuhin …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

大久保智弘さんの「兵は詭道なり」を読んだふしがあります。(手帳によると。)
「水の砦」ですね。見たことのある表紙のように思いますが図書館で見かけただけかも。
時代小説大賞を受賞した作品ならば押さえたいです。

hennsyuucyouさんは 大久保さんとお知り合いなんですね。その方と関係のある「編集長さん」なのですか。
高校の先生をやめて作家活動に専念なさったら より質の高い作品を次々と発表されるかもしれませんね。
注目しています ! !

お礼日時:2003/03/22 16:26

時代小説の新人作家ですが、文章が上手い。

秋山 香乃の「歳三、、、」がお奨めです。下記ウエブをどうぞ。

参考URL:http://webcatplus.nii.ac.jp/tosho.cgi?mode=tosho …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

秋山香乃さんの「歳三往きてまた」ですね。
「歳三」ということは土方歳三かな ? 幕末の話かしら。
昨年発売された新しい本のようですね。
見に行ってみます。

お礼日時:2003/03/21 18:00

#8です。

再び失礼致します。

5656464さんの質問に対する皆様の回答と、その「お礼と補足」で大変良く分かりました。
要するに、5656464さんご本人も相当お好きなのですね。そこに気が付きませんでした。
又、作家云々というよりも、どんな作品に巡り合えるかですね。

個人のページですけど下記の方は大変興味深いものです。ご参考までに

http://city.hokkai.or.jp/~masato/
http://www6.plala.or.jp/camui/

もしお読みでなければ、下記は絶対にお薦めです。

○司馬遼太郎 「項羽と劉邦」「関が原」「翔ぶがごとく」「関が原」「播磨灘物語」「覇王の家」「菜の花の沖」
○井上靖 「蒼き狼」「楼蘭」「額田女王」
○田中芳樹 「風よ、万里を翔けよ」
○陳舜臣 「小説十八史略」
○永井路子 「裸足の皇女」「北条政子」「王朝序曲」「山霧」
○津本陽 「下天は夢か」「夢のまた夢」「乾坤の夢」いわゆる三部作
○杉本苑子 「華の碑文」「長勝院の萩」
○北方謙三 「武王の門」「陽炎の旗」
○吉村昭 「ニコライ遭難」
○宮尾登美子 「天璋院篤姫」

これらの内容に関しては、上記URLにありますので割愛いたします。

それに、小説ではありませんが、軽い論説ということで、司馬遼太郎の「街道を行く」は、歴史小説を読む中で、又、日本歴史と日本人が何処から来て、どこへ行こうとするのかということについて大変参考になる本ですので、絶対にお薦めです。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

vanyatanさん こんにちは。 再度ありがとうございます !

はい。おっしゃるとおり私も時代小説は好きです。
しかし、私の場合はどちらかというと 史実は関係ないような 例えば山本周五郎の下町の人情話とか、山田風太郎などの忍者とか出てくる物(娯楽物 ?)が好きで 主人の趣味とは若干違いがあるような感じです。
それで 図書館に行ったとき迷います。
その上、自分が読んだのだか主人が読んだのだか分からない物もあります(笑)
司馬遼太郎さんの「街道を行く」も私が読んだのだったかどうだったか ?!
(本を見てみればわかりますよね。)

今度も たくさんの本を教えてくださってありがとうございます。
まだ読んでいない物も半分ほどありますので探してみます。 

お礼日時:2003/03/21 17:52

 NO.6のhuyou_77です。

追加したい作家を思い出したので、書き込みますね。
ご主人は西洋史に興味はおありでしょうか?もしお好きであれば、塩野七生さんはどうでしょうか?かなり色々書いてらっしゃるのですが、「水の都の物語」「ローマ人の物語」「ルネサンスの女たち」「ロードス島攻防記」等がお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

また 来て下さってありがとうございます ! !

西洋史はどうでしょうか。
日本や中国の歴史ほど詳しくないと思うけど 美術展に行ったら(西洋美術は好きみたい)「ハプスブルグ家がなんとか・・」とか言ってるから知らないわけではないみたい。

塩野七生さんですね。ぜひ チェックしてみます。

皆さんがたくさん教えて下さって ああ、なんだか私の読みたい本も増えてきた~~~ 笑

お礼日時:2003/03/20 22:37

私のお勧めは司馬遼太郎さんの『峠』です。


戊辰戦争の敗戦側、長岡藩の河井継之助の物語です。
小泉首相の演説で有名になった「米百表」の逸話の前段階の話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

司馬遼太郎さんの『峠』ですね。長岡藩の話ですね。
「米百俵」の前段階の話ですか。 
司馬遼太郎さんは嫌いじゃないと思うし、面白いかもしれない。

家になければ 探しに行きます ! !

お礼日時:2003/03/20 22:29

私も田中芳樹さんの「銀河英雄伝説」がおすすめです。


SFにジャンル分けできますが、架空歴史小説というべきもので緻密な描写に魅了されます。
ナポレオンがよくやった集中砲火戦術や、歴史における国の意味などにも言及しており、感嘆の声が出るほど私ははまりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

田中芳樹さんの「銀河英雄伝説」ですね。
これも歴史小説なのですか ? タイトルからして面白そう♪

SFはきっとキライじゃないです。
夫婦でスターウォーズやスタートレックを映画館へ見に行きますから。

私は とっても興味あります ! ! (って。)

お礼日時:2003/03/20 22:24

歴史物、といえるか微妙なんですが、酒見賢一という作家の本が面白かったです。


中国っぽい作品が多いです。
私個人的には、ファンタジーノベル大賞の『後宮小説』が好きなんですが、男性にはちょっとどうかな?っていう気がします。
『墨攻』とか、『童貞』なら男性が読んで面白いと思います。
あと、長編もありますが、タイトルを失念してしまいました。
機会があれば探してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

酒見賢一さんの「後宮小説」は読みました。
と言っても私が読んだわけじゃないので 感想は言えないのがつらいです。
『墨功』や『童貞』という話もあるのですね。
タイトルからして、どんな話かしらん。 ((+_+)) 探してみます !

お礼日時:2003/03/20 22:16

私もひところ司馬遼太郎にはまっていました。


雑賀孫市という、鉄砲のサイカ衆のボスを主人公にした「尻喰らえ孫市」というのがオススメです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

司馬遼太郎さんの「尻喰らえ孫市」ですね。雑賀衆の話ですか。面白そうです。

本人が読まないようだったら私が読みます !

お礼日時:2003/03/20 22:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 最近の女性誌の付録がすごいのはなぜ?

    ここ数年、女性ファッション誌の付録が注目されています。以前はそれほどクオリティの高くないものが多かったのですが、最近ではブランド各社やメーカーとのコラボレートにより、そのアイテムの種類は増え、クオリテ...

  • たまランチ:第102話「ネコ好き」

    外ランチを愛してやまない元気な女子社員・たまちゃん(26)。オシャレなお店より「安くておいしい」お店が大好き! そんな女子力低めなたまちゃんの、色気より食い気な日々をつづります。

  • エルフ田さん:第125話「洗濯干しの『コツ』」

    エルフ(ファンタジーとかに出てくる長寿の種族)の「エルフ田」と、ただの人間である女子社員2人による日常ギャグ。エルフならではのズレたツッコミでバシバシ人間界の話題を斬っていきます。

  • 女性ひとりじゃ入りづらい?ラーメン店主に男性が多い理由

    美味しいという評判のラーメン屋さんはたくさんあるけれど、残念なことに女性ひとりではなかなか入りづらい。失礼ながらコワモテの店主さんが多く、一見さんお断りの感じがしてしまうし、食べるのが遅くて怒られてし...

  • 従業員から事前承諾を得ずに、健診データで人事を決めるのはアリ!?

    労働安全衛生法によれば、会社(使用者)は年1回の健康診断の実施を義務付けられている。違反した場合は罰金もやむを得ない。この義務規定の目的は、労働者が雇用契約の本旨を履行できるように、健康状態を把握する...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ