先日、映画の「ハゲタカ」を見て
すごいおもしろい、今年一番おもしろい
(週1ペースで見ている)
と思ったのですが
こんな私は島耕作を読んだらおもしろいと思えるでしょうか?
島耕作の内容は全くわかりません。
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

島耕作は、都合のいいときに偶然と女がかさなって、トラブルが消滅するご都合主義まんがです。


それでも課長のころはまだましだったのですが、昨今の専務・社長編は、惨憺たるありさまで、社長編では部下の役員がロシア女にいれあげてインサイダー取り引きしたのち、その役員がロシアまで女を追っかけて行って殺害、しかしロシア当局に消された、のに、ご本人はロシア旅行をのんきにしていて(ロシアの電器店主との集まりで、カラテをやっている女性秘書がヌンチャクふるって演舞したら、喜んだそうです)、帰って来たときの株主総会では、インサイダー取り引きはおろか、役員の不審な死など一切議題にならないというすごさです。で、株主総会の夜、女とセックスしていました。新社長初の株主総会にしてはトンデモなハナシです。
また

・家庭が円満ではない(離婚歴あり)
・女にだらしない(同僚、部下、不倫、また外国の出張先で女の人妊娠させ認知もせず、その娘が大スターになっているという)
・中国でヤミ社会と結託した間接的殺人歴あり

立ち読みしているだけでもこれだけ記憶にあります。

ネタとしてお読みになるなら、笑えるのでおすすめです。マンガ喫茶とかでタダ読みすれば十分だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ええ!
そうなんですか。びっくりです。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/08/30 23:20

「ハゲタカ」のどのようなところが面白いと感じたのかによってだと思います。



ちなみに島シリーズは、エリートサラリーマンの生活が垣間見れる作品ですが
ハゲタカと比べると、どうしても「ユルい」感は否めません。
現実の社内問題とフィーチャーしている点で、ビジネス物を読み始めるには
楽しく読める代物かと思います。


M&Aの駆け引きなどに、面白さを感じているなら、「DAWN -陽はまた昇る-」を
お勧めします。ハゲタカと話もかぶっている点が多いです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/DAWN_-陽はまた昇る-

少年マンガ向けの、株の仕組みやデイトレの話なら「M.I.Q」をお勧めします。
株初心者には分かりやすい。けど、考え方が極端な気もします。。。
http://ja.wikipedia.org/wiki/M.I.Q.

僕が個人的にお勧めするのは、「キマイラ」というマンガで、小泉首相を批判
し続けた結果、政治的な圧力で打ち切りにされました。。。という噂が。
ハゲタカのような緊張感は味わえるかと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/キマイラ_(漫画)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仲間がいっぱいあるんですね。ありがとうございます。

お礼日時:2009/08/30 23:19

島耕作シリーズは


「ハゲタカ」とは内容に大きな違いがあります。

が、楽しめるとは思います。
読むなら「課長 島耕作」から読むことお勧めします。

ただ、映画やドラマの島耕作は個人的にはお勧めしません。

ハゲタカのNHKドラマ版は映画版同様お勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

楽しめそうですね。ありがとうございます。

お礼日時:2009/08/30 23:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ