こんにちは。何か笑えるエッセイなどはないでしょうか?
当方は「原田宗典」を愛読しています。
何かオススメのものはないでしょうか?

A 回答 (16件中1~10件)

新潮文庫 宮沢 章夫 (著) 「牛への道」90年代出版で結構古い本ですが、笑えますよ!!bookoffなどでまだ売っているんじゃないかな??読む時は決して食事や飲み物を飲みながら読むのは危険です。

必ず噴き出しますので!!
    • good
    • 0

初めまして!


私も笑える本が大好きでよく探しています。
私のオススメは
阿川佐和子・壇ふみの往復エッセイ「ああ言えばこう嫁行く」です。
もう古いですか?
でも私はこれを読んで何度も笑いました。
    • good
    • 1

向田邦子さんのエッセイ集は面白いです


「無名仮名人名簿」「父の詫び状」
一つ一つが短篇になっているので読みやすいです
    • good
    • 0

新書館から出ている菅野彰著「海馬が耳から駆けてゆく」はどうでしょう。


あまりにもおかしいので、立ち読みはヤバイです。
現在2巻まで出ていますが、1巻は文庫になりました。
ただちょっとコミック調なので漫画が嫌いだと駄目かな・・・
    • good
    • 0

いままでに出てないところでは、


浅田次郎さんの「勇気凛々ルリの色」シリーズはいかがでしょうか?講談社文庫からでてます。
    • good
    • 1

こんにちは。


私も中島らもさんが良いと思います~~♪
あと、エッセイではなく詩なのですが、『三代目魚武濱田成夫』さん(←コレがお名前なんです!/笑)の本も、何かくすくす笑ってしまいます(笑)。
    • good
    • 0

中村うさぎさんのエッセイは声に出して笑えます。


あと、すでに上げられていない方を上げると、菅原彰さんの「海馬が耳からかけていく」がおすすめです。
エッセイというのとは少し違いますが、Web日記でも面白いものがたくさんありますよね。Read Me!などをのぞいてみてはいかがでしょう
    • good
    • 0

鷺沢萠さんの「THEY THEIR THEM」はすっごく面白いと思います!!


鷺沢さんの友達の話なのですが、「こんな友達欲しい!!」って思ってしまいます。
    • good
    • 0

「原田宗典」なら、「中島らも」の初期のエッセイがいいかも。



最近では、新潮社から出た「大嘘新聞」 光デパート、やゆよ、義眼、佐野祭の共著や、
アスペクトから出た「死ぬかと思った」「死ぬかと思った2」 林雄司(Webやぎの目)編
などが、面白かったですね。

あと、全く方面は違いますが、クーロン黒沢の「怪しいアジア」シリーズ(文庫です)もなかなかいけます。
    • good
    • 0

爆笑問題の太田光さんはだめですか?なんか雑誌で連載しており、最近三巻目が出ました。

みなさんがあげてるのはわたし、一つも知らないのでちょっと方向がちがうかもしれませんが、結構笑えます。笑えるだけではなく、たまに凄く難しい話題の時もあります。芸能人ですがちゃんと原稿です。
「天下御免の向こう見ず」
「ヒレハレ草」
「三三七拍子」
がエッセイです。たぶん
興味なかったらほんとすんません
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 好きだけどケンカばかり……そんな彼との結婚は?

    やたらとケンカが多いカップルというのはいる。それでも腐れ縁なのか長く交際し、いざ結婚しようと決めたときに、ふと思い悩む。こんなにケンカが多いのに、結婚して大丈夫? と。今回は「教えて!goo」に寄せられ...

  • ポンコツな日々:第125話「食べてもOK」

    日々のちょっとしたヘンな出来事を、1話完結形式の4コマで綴っていきます。時にするどく、時にやんわり、ありそうで無さそうな日常の1コマを切り取ってお届けします。

  • “罵声大会”に怒り心頭?名指しで苦情も……駅員泣かせの鉄道ファン

    時として人は趣味に没頭してしまうと、周囲に迷惑をかけてしまいがち。それが公共の場ならばなおさらである。「教えて!goo」に「何で鉄道ファンはマナーの悪い人が多いのでしょうか?」との質問を見つけた。鉄道愛...

  • たまランチ:第102話「ネコ好き」

    外ランチを愛してやまない元気な女子社員・たまちゃん(26)。オシャレなお店より「安くておいしい」お店が大好き! そんな女子力低めなたまちゃんの、色気より食い気な日々をつづります。

  • エルフ田さん:第125話「洗濯干しの『コツ』」

    エルフ(ファンタジーとかに出てくる長寿の種族)の「エルフ田」と、ただの人間である女子社員2人による日常ギャグ。エルフならではのズレたツッコミでバシバシ人間界の話題を斬っていきます。

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ