独特の世界観を持った小説を探しています。

たとえばDさんの「キぐるみ」やその他の作品、
また岩井俊二さんの「ウォーレスの人魚」や「スワロウテイル」みたいな・・・
まったくの仮想空間の中の話よりは、空想なんだけど、でもなんか現実味があるようなもの。

みなさんのおススメを教えてください。
またそういう話や世界観を作り出せてる作家さんのお名前も教えてください。

A 回答 (5件)

「はじめまして、本棚荘」紺野キリフキ

    • good
    • 0

恒川光太郎さんの『雷の季節の終わりに』


http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4043892020.h …

梨木香歩さんの『家守綺譚』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4101253374.h …

小野不由美さんの「十二国記」シリーズ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062550717.h …

上橋菜穂子さんの「守り人」シリーズ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4101302723.h …
    • good
    • 0

思いつくもの挙げてみます。


何か、気に入られるものがあれば良いのですが。

飛浩隆さん
「象られた力」SF短編集。
「グラン・ヴァカンス」SF。ヴァーチャル・リアリティの世界が舞台(シリーズ物で続編有り)

五條瑛さん
「J」近未来東京が舞台。

恩田陸さん
「ネクロポリス」ファンタジーなミステリー? 主な舞台は架空の場所だけれど、現実世界とも繋がってる不思議な世界観。

菅浩江さん
SF。初期頃はファンタジー作品も。
私見でオススメなら、「末枯れの花守り」「そばかすのフィギュア」「五人姉妹」

あと、「バッカーノ!」(成田良悟さん)とか、「塩の街」(有川浩さん)も条件にあてはまるかな、とは思います。
    • good
    • 1

ならば、20世紀に英語で書かれた小説のトップのひとつ、



一九八四年 ジョージ・オーウェル ハヤカワ文庫をぜひ!

1948年に、超管理社会(どこにいてもテレビカメラで見張られている)1984年を想像して書かれた作品です。SFですが、舞台は地球です。
ネットで「1984」で検索していただければ、その世界観や使われている言語まででてきますが、そこまで「1984年の世界」を丁寧に考証して書かれています。
新訳が出て、読みやすくなりました。
    • good
    • 0

石持浅海さんの「BG、あるいは死せるカイニス」


太田忠司さんの「月読」
恩田陸さんの「蒲公英草紙 常野物語」

はどうでしょうか。
ありそうだけど存在しない世界の話です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ