こんにちは。

映画が好きなものですから見続けて半世紀を越えてしまいました。
そのぶん沢山のことを映画から教わったように思います。

例えばおしゃれです。
私の若い頃は「アイビー」が全盛でした。
ですからアンソニー・パーキンスの映画などはよく観た記憶があります。
イタリヤ、フランスは景色を眺めるだけでも満足できましたし・・・。
戦争や歴史映画にも色々なことを教わりました。

「素晴らしきかな人生」、J・スチュワートの映画です。
世の中に価値のない人間などいない・・・
人は生きているだけで幸福である。
この映画に教えてもらったように思います。

皆さんは映画に教えてもらったことはありますか?

A 回答 (10件)

お早う御座います。


映画に教えてもらったこと・・・ 全てでしょうね。皆さんの大多数がそうでしょうが、自らの人間形成に大きな力になりました。
それと、文字どうり知識も教えてもらいました。最初に小学生の時に見たドキュメンタリー映画ディズニーの「砂漠は生きている」正に驚きの連続でしたが、これで自分の科学に対する探究心が刺激され深まったのは間違いないです。ドキュメンタリーは良く見ますが、最近のは受け狙いというかマニアックなレベルになり過ぎてるようですが、それはそれで面白く鑑賞してます。
インタビューも好きです。以前お話したJリプトンのアクターズスタジオインタビューですが、人生訓になりえるような話も沢山聞けます。

P.S いつも御気使い頂き有難う御座います。明日から又、寒さがぶり返すようですが、春の足音もそろそろ聞こえてきそうです。

この回答への補足

皆さんに楽しい話しを聞かせていただきました。

一番楽しかったのは、きっと私なんでしょう。
そろそろ締め切らせていただこうと思います。

どうぞまたお付き合いください。
本当にありがとうございました。

補足日時:2013/02/02 15:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちはsapporolovさん。

札幌の天気はいかがですか?
どう言うわけか千葉は朝から暖かいのです。
このまま春になるとも思えませんけど・・・。
でも暖かいのは何となく嬉しいですね。(笑)

私も同じです。
映画には随分と教えてもらいました。
質問文にも書きましたが、A・パーキンスの真似をしたくて、
あの人の映画は良く観ました。
私の時代は「IVY」が全盛でしたから、あと「JUN」とかですね
こう言う話しはもうsapporolovさんに話すのが、
一番通りが良いのです。(笑)

「砂漠は生きている」、私も小学生の頃に観たように思います。
懐かしいですねぇ・・・。
へイリー・ミルズの映画とか観ませんでした?
確か、お父さんがジョン・ミルズ!

アクター・スタジオの番組は以前観ておりました。
最近は観ませんね。
思い出させていただきました・・・また観てみます。

ドキュメンタリーの話しが出ましたので、
私が見たいと思っている作品を1本・・・
「次郎は鮨の夢を見る」、これ面白そうなのです。
「数寄屋橋次郎」の次郎さんのドキュメンタリーだそうですが、
残念なことに上映館がはっきりしないのです。

長くなりましたので、最近私が面白いと思った映画を2本。
「裏切りのサーカス」です。
ゲイリー・オールドマン主演の映画ですが、
なかなか見ごたえはありました。

「ゼァ・ウイル・ビーブラッド」、yotaniさんに、
教えてもらいましたが、これも中々面白い映画でした。
主演はダニエル・ディ・ルイスです。
よろしかったら・・・。

ネットの上でのお付き合いしか出来ませんけど、
札幌と聞くとsapporolovさんとyotaniさんを思いだします。
北海道の春はもう少し先ですね。
どうぞ、お体に気をつけて・・・

sapporolovさんともお話し出来ましたし、
そろそろ締め切りたいと思います。
補足欄をお借りします。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/02 15:13

視覚的にですか、そうですね、


親子モノとか観て泣きますけど、
自分の親だってたぶん大変な思いもして育ててくれたんですからね。
そんなにドラマチックなことはないとしても。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます。

chocolatusagiさんも泣きますか?
私も最近は特にそうです・・・すぐ泣けてきます。
何なんでしょうね。
齢と共に涙腺も弱くなったようです。

ご両親のお話しが出ましたので、
私が今読んでいる本を一冊紹介させてください。
読んだ本の話しをするのは私は嫌いですが、
この本ならよろしいでしょう。

「お母さんにしてもらったことは何ですか?」
これが本のタイトルです。
著者は大山真弘さんと言うかたです。

母親が遠足の日に作ってくれた弁当、
受験の前にかけてくれた言葉・・・
金銭的な支援、母親の気持ちはどうだったのか?

当然と考えていたことは、実は貴重な恩恵だったのでは・・・?
そんなことがつずられた本です。
興味がありましたら・・・。

chocolatusagiさんも古い映画がお好きのようですから、
昨夜はあまり話せませんでした「東京物語」の話しを少し・・・

尾道が舞台の映画です。
これは多分に志賀直哉との交友もあるのでしょうね。
ストーリー自体は単調な映画・・公開当時も
そのような評価だったと思います。
ただカメラ技術の完璧さは評価されておりましたね。
たとえば「ローポジション」の撮影とか、そう言うことです。

ただ現代にも通ずる問題はこの映画にはあります。
「東京と地方」あるいは老人の「生と死」です。
若い私には見えなかったことが、この年齢になって、
なるほどと思うことはあるのです。

ご覧になっていなければ、観ておいて良い映画でしょう。
この先見直したときにまた別の思いも湧くのかも知れません。

本当にありがとうございました。
またお話ししましょう。

お礼日時:2013/02/02 08:39

私にはタラは無いけど


「明日考えよう。」
鬱にならないのはこの言葉のおかげかな?

「そんな昔のことは覚えていない」「そんな先のことは分からない」
まさに今の私。

>例えばおしゃれ
「華麗なる週末」でスティーヴ・マックィーンの着ていた襟のないシャツに憧れ探しました。
見つけられず、襟の擦り切れそうなボタンダウンの襟を切り取りました。

その後「フラッシュダンス」のデートシーンでジェニファー・ビールスがタキシード上着を脱ぐと
背中の開いたベスト、カラーに蝶ネクタイにカフスとシャツは着てい無い過激な服装。
そう言えばディズニーアニメ、「ピーターパン」でウィンディ達の父親がパーティーに行く服装の準備でもシャツのカラーとカフスは独立していたような。
詰襟の学生服のカラーを思い出しつつ
欧米でも物の無い時代は擦り切れる部分は交換が出来るようになっていたのでしょうか。

ところでウィンディ達の父親のシャツは前の部分も独立していましたね。

この回答への補足

ごめんなさいhayasiさん。
お礼は明日に・・・
PCの調子が悪いのです・・補足は出来ますね。

補足日時:2013/02/01 23:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございますhayasiさん。

今ほどyotaniさんにもお話ししていたのですが、
最近PCの調子が悪くて・・・
いただいて始めたPCですが、こんなものでしょうか?
これ以上調子が悪いようですと新品を買うしかありませんね。
いまさら、PCを止めるわけにもいかなくなりましたし(笑)

「風と共に去りぬ」ですね!(大笑)
私の大好きな映画です。
最後のレッドとの別れのシーンはもう何度観ても泣けます。
同じシーンなのですが、涙が止まらなくなります。
両方に感情移入してしまうのでしょうかね?
二人が可哀想でもう・・・(笑)

私、若いときにこの映画を観ていますでしょう。
ですから愛情にも色々な形がある・・・
そんなことを、この映画に教えられたように思います。

>「そんな昔のことは覚えていない」、H・ボガード。(笑)
私も同じです。
最近は忘れることばかりです。
では、新しいことを覚えるのかと言うと、
それがそうでもありません、どうも段々脳が退化していますね

「華麗なる週末」のS・マックィーンですか?
よくまあ覚えていますね・・映画は観たように思いますが
私は記憶にありません。
私、「IVY」に憧れましたのでA・パーキンスの映画は比較的・・
「フラッシュダンス」も観たのでしょうが、
全然覚えておりません。

ですからCSなどで古い映画を放送していますでしょう?
新作を観ているようなものです・・・。
「ああ・・一度観たのかなぁ」(笑)

おしゃれは私も随分と映画に教えてもらいましたね。

最後にhayasiさんには面白い映画を教えてもらうばかりですから
私の最近面白いと思った映画を2~3本・・・

「100歳の少年と12通の手紙」、泣けましたね。
「ゼァ・ウイル・ビー・ブラッド」yotaniさんに、
教えていただいた映画ですが見ごたえはありました。

ありがとうございました。
どうぞまたお付き合いください。

お礼日時:2013/02/02 07:55

こんにちは。


一杯・あらゆるところで影響を受けたと思っております。
挙げ出すとキリがないと思うのですが、
「ファンタジア」でクラシック音楽の楽しみ方を。
「黄金の腕」や「ウェストサイド物語」でジャズ音楽の楽しみ方を。
「刑事」「ブーベの恋人」「ひまわり」などでは恋愛とは。
「暴力脱獄」「砲艦サンパブロ」などでは生き方について。
などなど、
新しい映画でも、未だに見るたびに何かしら考えさせられる映画や影響される映画は多いですね。
また純粋にコメディや娯楽映画だったとしても、それはそれで大いに映画や人生の楽しみ方を教わっているような気はしております。

この回答への補足

ごめんなさい。
お礼は明日に・・・
PCの調子がおかしくて・・・

補足日時:2013/02/01 23:13
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おはようございます。

何なんでしょうね。
最近長時間PCを使っていますと画面が動かなくなります。
それだけなら別に私も何とも思わないのですが、
書いている文章が全部消えてしまいます。
「こんにちは」くらいならまだ許せるのですが、
随分と書いてからですから、もうめまいがしそうです。
昨夜はyotaniさんへも随分と書いてからなのです。

そうでしょうね・・・。
私もそう思いますし同じだと思います。
少し違うかなと思うのは音楽の分野でしょうか?(笑)
どうも何度も言うようですが音楽のほうはどうも・・・。
唄わせたら本当にうまいものですけどね。
「さよなら横浜」などは本人の裕次郎よりうまいと思います。
他人がどう思っているかはわかりませんけどね。(笑)

最近、面白そうな映画が多いですね。
先日のグレン・クローズの映画もそうですけど、
昨日公開の「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」
ジュディ・デンチの映画のようですが、
人生の黄昏を迎えた男女7人がインドを旅する群像劇だそうです
この「黄昏」と言う言葉に魅かれます・・・。

グレンの映画とハシゴをしましょうか?と考えています。

もう1本は「二郎は鮨の夢を見る」です。
ドキュメント映画のようですが面白そうです。
「数寄屋橋二郎」の二郎さんの映画ですって・・・・
「潜水服は蝶の夢を見る」は観たばかりですけど(笑)

長くなりましたので「ゼァ・ウィル・ビー・ブラッド」
この映画の話しを少し・・・
長い映画でしたけど、一気に観てしまいました。
ダニエル・ディー・ルイスと言う俳優さんは本当に凄い!!
殆んど彼の一人芝居です。
私はあの人の映画は数えるしか観ておりませんが、
本当に凄いと思う。
私はスコセッシの映画は好きですから、
「ギャング・オブ・ニューヨーク」などでも見かけましたね。

最後にボーリングのレーンの上でイーライを殺し、
「終わった・・・」、私はこれが分からない。
彼は何を終わらせたのでしょう?
宗教的な意味での血縁でしょうか?
私はこれを是非、yotaniさんに聞きたいものと思いました。

ありがとうございました。
またお付き合いください、朝は元気なものですから、
長くなりました。

お礼日時:2013/02/02 07:12

こんにちは。



『キューティーブロンド』で学んだ事。
主演のリーズ・ウィザー・スプーンがハーバード大学を
主席で卒業する時の一言。
「第一印象で人を決めつけてはならない」
私自身も理由も判らずブロックされる場合があります。
第一印象で人を決めつけるのは非常に危険です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんはjuntsuboiさん。
間違えてはおりませんね(笑)

「キューテイ・ブロンド」ですか?
知りません・・・映画ですか?
「第一印象で人を決め付けてはいけない」、
おっしゃるとうりでしょうね。

この話しは以前にも一度お話ししましたね。
Aさんのことなのでしょうね・・・。
私はAさんとは沢山話しているうちの一人だと思います。
でも、こればかりは口を挟めないのです・・・。

お二人をファン登録させていただいている私としては、
残念としか言いようがありません・・・。
何かが気に障ったのでしょうか?

またお話ししましょう。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/01 21:30

具体的に学んだ?といえば、「史上最大の作戦」でノルマンディ上陸作戦という作戦があったということを知りました。



漠然と…でよいなら、良いも悪いも人生の生きざまでしょうか。

自然を大切にとか共生とか直接言われるとなかなか素直に受け入れられないひねくれ者の私ですが、中学の時に見た「ナウシカ」は、心のどこかにいつもひっかかっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。
お礼が遅くなりました。

「史上最大の作戦」は私も観た映画です。
確か・・・小学5~6年でしたか?
「the longest day」、面白い映画でした。
俳優がまあ豪華で!(笑)

私はあなたのお年は知りませんけど、
あの頃の世界の歴史を知りますとね、戦争映画も、
随分と違うもののように観れると思うのですが・・・
全部もうつながっていますから。
それが少し残念かなと思います。

私は「ナウシカ」ですか?
知りません・・・アニメであることは知っていますけど。
ひねくれもののあなたが、
(ごめんなさい、自分でおっしゃているので)
大事に胸のうちにしまっておられる・・・。
何やら嬉しくなります。

ありがとうございました。
また質問を見かけることがありましたらお付き合いください。

お礼日時:2013/02/01 21:04

音楽が人の気持ちを癒したり救うことが出来るということ。


それから、他人を傷つけることは簡単ですが、、
でも人を救うのも人なんだろうなぁ・・と映画を観ると思います。
人間は弱くて強いです。
昔観た映画をもう一度観てみると、
前に泣けたシーンで泣けなかったり、
その反対もあったりして、おもしろいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんはchocolatusagiさん。
出かけていたものですからお礼が遅くなりました。

あなたのおっしゃるとおりでしょうね。
私もそう思います。
人を不幸にするのも、助けることが出来るのも人なのでしょうね
ただ、実生活で我々がそれを意識するのは難しいのでしょうね。
映画はそれを視覚的に見せてくれます。
要は、あなたも私もそれをどう、自分の意識の中に取り入れるか
そう言うことなのかなと思います。

「人間は弱くて強いです」、おっしゃるとおりでしょう。
また、逆のことも言えますね・・・。

「東京物語」と言う映画はご存知ですか?
世界の監督が選んだNO1の映画だそうです。
私、若い頃に観ましてね「つまらない映画・・・」
そんな印象でした。
今、観なおすと全ったく違う映画にみえます。
これは本当にあなたのおっしゃるとおり、面白いのです。
年齢によって感性のアンテナも変わるようです。

何時も回答をいただき本当にありがとうございます。
またお話ししましょう。

お礼日時:2013/02/01 20:40

映画から教えられた事は結果的に悔い改めない悪人は何かによって滅ばされる宿命にあり欲望だらけの人間は自ら破滅してしまう事です!


偽善者は何をしても無駄に終わるという事を教えられました。
愛があれば何をしても人生が好転するという事も教わりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。
お礼が遅くなりました。

これは・・難しいですね。
人間、あるいは社会に言い替えても良いと思いますが、
一面的なものではありませんね。
黒の反対は白かと言われれば、そうもいきません。
灰色の部分があることは、あなたも承知のことと思います。

愛があれば、何をしても人生は好転する・・・。
ここいらが実に難しいので、男と女はそれ程簡単なものではない
これは私の実感です。
映画はそれらをも私に教えてくれたように思います。

Uyhtgrさんの回答は私も少し考えてしまいました。
またお話ししましょう。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2013/02/01 20:11

どうもです(笑)



映画は私にとって「人生の教科書」ですので沢山あります。
まずはお固い方から
「人情の機微」「愛情が最も大切であること」
「差別や虐待の醜さ」
「夢や信念を持って生きることの大切さ」

柔らかい方では
「ユーモアの大切さ」「立ち居振る舞いの大切さ」
「ファッション、料理、酒、建築、生活習慣、等色々な文化」等です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんはalterdさん。
出かけていたものでお礼が遅くなりました。

さすがに、あなたらしい答えで加える言葉がありません。(笑)
おっしゃるとおりだと思います。
「人生の教科書」、うまいことを言います。
人間、一生で経験できることなど知れていますものね・・・
ですから、あなたのおっしゃる「立ち居振る舞いの大切さ」
これなど、とてもよく分かります・・・

前にも話しましたか?
池波正太郎さんに「男の作法」と言う本があります。
私は随分と教えられました。
若い方もあのような本を読んでくれればと思うのですが・・・。
良い大人は良いことを教えてくれます。

今の若い方は本を読むのでしょうか?
これだけ情報が豊富な社会ですから面倒なのかも知れませんね。
読んで語る必要はないのです。
ウイスキーの樽と同じでしょう。
中で醸成されれば、いやでも香りはしますものね。

ありがとうございました。
土曜日あたり邦画の質問でもしてくれませんか?(大笑)

お礼日時:2013/02/01 19:44

 こんにちは(^○^)


 映画に教えてもらったこと・・・
 私がパッと浮かんだのは「ある愛の詩」の、愛とは決して後悔しないこと・・・ですね。
 すごく悲しい映画ですけど、本当にそう思います。

 「アイビー・ルック」懐かしい響きですね。
 同時に「プレッピー」も思い出しました・・・

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんはannkoromochiさん。
出かけておりましたのでお礼が遅くなりました。

そうでしょうね・・・
私もそう思います。
愛情には色々なかたちがあるのだと思います。
ある程度の年齢を重ねないと分からないこともありますしね。

「アイビー・ルック」、懐かしいですよね。(笑)
私は元々が北海道の田舎者ですから、
東京に出た時は本当に憧れました。
「ブレッピー」ですか?
どういうのでしょう?知りません・・・。
私の頃は銀座に行きますとね「みゆき族」と言うのがおりました
田舎者の私はまぶしく眺めておりましたね。(笑)

その頃、銀座でアルバイトをしたことがあります。
洋食さんでしたけどね、一日で謝りました。
ハンバーグのパテを一日こねる仕事です。
もう、あれ大変!!
さすがに恥ずかしくて、お金をもらいには行けませんでした(笑

「グスコーブドリの伝記」の話しを・・
実はまだ全部見終わっていないのです。
「あみかけ」のシーンまでです。
全部見終わってからお礼をとも考えたのですが、
それではお礼が遅くなってしまいます。
皆さんにお礼を書き終えてから夜中にでもと思っています。

ブドリに妹が「あんちゃ」と言いますね。
私の母親は随分まえに亡くなりましたが兄が一人おりましてね、
同じように「あんちゃ」と言っておりました。
母を思い出し少し涙ぐむおもいでした。

ありがとうございました。
またお付き合いください。

お礼日時:2013/02/01 18:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ