ゴキブリに食器用洗剤をかけると死ぬのは何でですか。よろしくお願いいたします。

A 回答 (7件)

中性洗剤に限らず、界面活性剤を含む洗剤であれば、ゴキブリを殺すことができます。


ゴキブリの呼吸口は油で覆われた毛が蓋をしているので水が浸入することができないのです。そこに中性洗剤などがかかりますと、界面活性作用(水と油を混ぜる作用)により、水をはじく性質を失ってしまうのですネ。
それによって水分が呼吸口に浸入するので窒息するわけです。
以上kawakawaでした
    • good
    • 10

こんにちは。

ゴキちゃんの体は油がいっぱいあるので水ははじきます。
その為、水にも浮くし、水面でも腹部にある気門(鼻みたいな物)に水が入ったりしないようになってます。それゆえ水に溶かしてある殺虫剤ははじかれてしまい体内に入れません。

しかし、洗剤は油にも水にも溶けるので、ゴキちゃんの油ではじかれることなく、布に染み込むように気門に流れ込み、呼吸できなくしちゃいます。
ですから、ゴキちゃんを浮せてある水に洗剤を一滴垂らすと沈没します。もちろん死亡。

そういうわけで、油とよく混ざる性質があるものなら、石鹸、アルコール、ガソリン、てんぷら油・・・なんでもOKです。なお、さらさらした液体の方が穴に入り込みやすいので効果が早いです。

それから、アルカリ性の洗剤が効果が強いとかハネが曲がるとかってのは、アルカリ性の強い洗剤は、油を溶かすだけでなく、たんぱく質をも溶かしちゃうので、ゴキちゃんのは比較的薄いコラーゲンというたんぱく質なので、溶けてふやけちゃうからです。
    • good
    • 17

界面活性剤の影響ではないかと。



参考URL
http://yama-yaku.or.jp/guest/soudan/078047.htm

参考URL:http://yama-yaku.or.jp/guest/soudan/078047.htm
    • good
    • 2

何かの授業で聞いたんですがアルカリ性の洗剤が効くらしいです、羽が曲がったりするらしいです、人間ですらアルカリ性の溶液が手に付いたらかぶれたり、指紋なくなったり(一時的に)しますから、おそらくG(ゴキブリ)の表面の油分と反応して窒息なんでしょうけど、うろ覚えの知識なので「絶対こうだ!」とはいえませんが。

・・・調べてみると油脂の分解>Gの体表面の油膜が無くなる>水が入ってくる>窒息みたいです

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/tango/gkd/gkd_kenkyuu. …
    • good
    • 1

先の回答者の方々の言う通り、腹の横にある


呼吸穴(気門)がふさがれて窒息死する、と
聞いたことがあります。
だから、サラダ油でも同じ効果があるとか
(私は試していませんが)。

合成洗剤の危険性を訴える人たちが、ゴキブリ
即死の話を持ち出すようですが、毒性とは
関係ないみたいですよ。
    • good
    • 3

食器用洗剤は、油脂成分を分解するので、kokiriko さんのおっしゃるように


>穴がふさがってしま
うというわけです。
ゴキブリ君の身体の表面には油脂成分多いですから。。。
    • good
    • 0

ゴキブリはお腹の横にある穴で呼吸しているらしいのです。


洗剤をかけるとその穴がふさがってしまい、呼吸できなくて死ぬと聞いたことがあります。
    • good
    • 11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ