大沢在昌「天使の爪」を週刊ポストで連載しているらしいですが
ああいうものって連載はどのくらい続くのでしょうか?
「天使の牙」には原稿1100枚って書いてありましたけど
また連載終了から単行本として創刊されるまで
どのくらいかかるものでしょうか?
そんなもの分かりっこないとは分からないでもないんですが
だいたいの見当で教えてください。

A 回答 (1件)

一般読者に公表されることは少ないけど、作家に依頼するときに、だいたいのボリューム(一回分の文章量と連載回数。

はじめっから単行本で出すなら何ページ分とか)やコンセプト&ギャラなどを交渉し契約が成立して、小説が執筆されるのではないでしょうか。

新聞の連載小説なんかは、「これから×ヶ月間連載する予定です。お楽しみに」なんて前宣伝してますがね。

連載をはじめてみて好評なら当初の予定より長くしてみたり、いまいちなら途中で打ち切りということもあるようですが。(テレビドラマでもありますよね)

大沢在昌氏なら人気があるから(…って、読んだことないけど)、しばらくすれば本が出るでしょうけど、連載小説が必ず単行本として発刊されるというきまりは、ないと思いますよ。

ワタクシゴトキが今まで見てきた中では、連載物が本になるまでに経った年月は、その著作(作品)の種類にもよりますが、早いもので1~2年、だいたい2~3~5年という感覚なのですが。

だいたいの見当です。

(余談--ちょびっとずつ読むのは面倒だから単行本になったら教えてって、知人によく頼まれるんです。--私って一体…)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ