清水義範さんの小説でイギリスの通貨について語った作品があったと思います。

正確な文章は思い出せませんが、
「ペンスやポンド、シリングなどの位上がりが複雑なので、自分が今、いくらもってるのかすぐには分からない」、というような記述があったはずです。

この小説はなんという題名でしょうか?

A 回答 (2件)

「単位物語」の中の "円は異なもの" に


似たようなフレーズを発見しましたが
こちらでしょうか? 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。まさにそれでした!
子供が「クマのパディントン」を読んで、イギリスの通貨に興味を持ったので、ペンス・シリング・ポンドの説明をするのに探していたのです。
助かりました!

お礼日時:2005/10/25 09:08

すいません、確認はとってないので憶測ですが・・・



「お金物語」ではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

オイラも「お金物語」かと思ってページを繰っていたのですが、見つかりませんでした。
#2の方のおっしゃるとおり、「単位物語」の「円は異なもの」でした。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2005/10/25 09:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ