ユージュアル・サスペクツ観たのですが、評判どおりラストには思いっきりやられました。が、ちょっと「?」な部分がありまして、質問させていただくことにしました。

詐欺師のキントがカイザー・ソゼで彼が部屋の中で目にした名前などを使って話をでっちあげてたということですよね。彼の話は、どこからどこまでが作り話なのでしょうか。全てが作り話だったとすると、キートン達が船に集まっていたことの理由がつかなくなってしまいます。話の事実関係はそのままで登場人物の名前だけすりかえていたというのであれば、何故そんなことをしたのでしょう。
字幕・吹き替えと2度観たのですがやはりわかりませんでした。
わかる方いらっしゃいましたらよろしくおねがいします。

A 回答 (2件)

ご質問は当然で、自分も何度も見ましたが、彼の話に基づいた回想がほとんどであるこの作品は、多分、全てが嘘だった可能性もあり、人が入れ替わっていただけだった可能性もあり、真実はわかりそうで実は闇の中(?)というのが、この映画の最大のトリックなのだと理解しています。


好き嫌いが分かれるというか、一度見ればもういいという人と、どこかに真相をとく鍵があるのではと何度も見てしまう人、両方いると思います。
自分は後者で、大好きな映画の一つですが。
最初のシーンとの整合性を考えると、おそらく語られていないこともあるかもといろいろ想像でき、それを楽しむ映画なのかなあと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「質問は当然」との事。解らなかった自分がよっぽどヌケているのではと、ちょっと不安だったのですが、そうではないようで安心しました(笑)。
私も今後何度も見返し楽しみたいと思います。

お礼日時:2006/01/24 08:00

キートン達を騙し、船に集めたことは真実っぽいですよね。


下に検証サイトがあるので、細かい事がいっぱいあって
面白いですよ。
ソゼ(トルコ語でおしゃべり)とヴァーバル(英語でおしゃべり)という意味のリンクとか・・・・

参考URL:http://www.geocities.jp/kobayashiporcelain/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考URLちょっと覗いてきました。とても面白そうなサイトですね。これからじっくりみてきます。
とても有用な情報ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/24 07:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード

芸能情報や娯楽に関する質問が多く寄せられています。好きな俳優やテレビ番組のスケジュール、ライブ公演予定といった詳細を知りたい時はこちらを見てみましょう。

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ