先日テレビで、インカの精緻な石組みが紹介されていました。
金属を使用しなかったので、掌サイズの丸石で削ったそうですが、少し疑問が残りました。
丸石では平らに削れないのでは?
ということと、
大きな石を整形するのに時間がかかりすぎるのでは?
ということです。

インカに旅行した人に尋ねると、現地ガイドに、
「その答えは自分たちで考えてください。考えることが重要です」と肩透かしをくらったそうです。
石は軽石のようなものではなく、結構硬かったそうです。

よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

これは、現在でも解明されていないナゾとなっています。



インカは、文字を持たなかったので、記録が無く、インカを支配したスペインが、有力者を次々と殺害したため、技術が後世に伝わらなくなってしまいました。

インカの石組みと同じものが、太平洋のかなたイースター島にもあり、こちらも、どのように造られたのかナゾとなっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
現代科学でも解明できないとは、信じられまいですね。
石組みを解体すれば判明するような気がしますが。

お礼日時:2006/05/11 14:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 古代ギリシャ祭儀の完全再現に潜入してきた!!

    今も昔も、芸術や文学のモチーフとして、そして学術研究の対象として多くの人々をひきつけている古代ギリシャ神話。なかでも高い人気を誇る光明神・アポロンの誕生日の祭儀が2000年ぶりに現代に復活すると聞き、5月2...

  • 古代エジプトの絵画、人物が横顔ばかりなのはなぜ?

    歴史の教科書で見たことのある古代エジプトの絵画。似たような顔が並ぶ単調さの中にも、どこか深遠な印象があり惹かれる方も多いのでは。そんな絵画にふと疑問を感じる方がいました。質問者のTAKAMEYAMAさんは、「人...

  • 一番不思議なオーパーツはどれ?

    世界には、考古学的にどう考えても時代にそぐわない出土品というのが存在します。このような出土品は「オーパーツ」と呼ばれ、未知の超古代文明が存在したのではないか… という憶測を呼ぶこともあるほど。 世界各...

  • 逮捕、自殺、暗殺も……韓国大統領の末路がことごとく悲惨なワケ

    友人の女性実業家による国政介入事件で辞任表明まで追い込まれた韓国の朴槿恵大統領。支持率は1桁台を緩やかに下降し、レームダック化している。実は韓国大統領が悲惨な末路を迎えるのは初めてではなく、もはやお約...

  • 新婚さんの家計簿:第16話「それぞれのいいところ」

    守銭奴な新妻と、それに振り回される夫。そんなふたりがFP(ファイナンシャルプランナー)な母親や浪費家の友達に囲まれながら毎日を織りなすドタバタ節約コメディ。

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ