実は、女性なのに花とゆめ以外の漫画を数えるほどしかしりません。
少年マンガ・青年マンガは、家が傾くほど持っているのに。
漫画を買うのが遅かったので、りぼん?ちゃお?そんなのは子供の読むものよ♪と思っていたふしがあるので。^^* 誤解でした。

花とゆめ以外では、「満月をさがして」「不思議遊戯」「きんぎょ注意報」「だぁだぁだぁ」「まっすぐいこう」「すきだからすき」・・・覚えてないけど、実際この倍くらい。

花とゆめ以外でおすすめの作品は、何でしょうか?
いくつかゆるいですが条件があります。

・純粋な恋愛ものは苦手。
・絵が少女マンガっぽいのは苦手。

絵の説明は難しいのですが、「八雲立つ」のようなあごがとがっている青年の美形は苦手です。天原ふおんさんの恋愛ものの絵がギリギリ。
ストーリーは、大好きだけど。
上であげている作品は、どれも苦手ではありません。

花とゆめでは、好きなのは「お兄ちゃんと一緒」「お迎えです。」「まるいち的風景」「カタツムリ前線」、天原ふおん先生、喜多尚江先生がわりと好きです。
最近、桑田乃梨子先生の「君の瞳に三日月」を勧められて、実際かっておもしろいと思いました。

花とゆめ以外で、おすすめの作品があったら、簡単な説明を付けてお願いします。
できるだけ探して、お礼とは別に事後報告したいと思います。

A 回答 (13件中1~10件)

中貫えり「はらったま・きよったま」全6巻「ジャングル・ジャングル」全8巻「魔界紳士録」全4巻


一応お祓い物のラブコメといった作品です。メインの登場人物は共通(各作品で年齢が違います)です。
下記URLに公式HPがありますので絵柄を確認してください。
http://nakanuki.cool.ne.jp/

辻よしみ「能瀬君は大迷惑!!」全5巻「能瀬君は大迷惑!!Jr.編」全5巻
学園ドタバタ物(若干BLが入ってますが...)です。
あらすじ:無口で時間厳守の能瀬君は、校庭の掃除中に水の世界を飲み込んでしまいます。
その後、水の世界の研究していた先生に追いかけられたり、
転入生をからめた水の世界の住人との交流を描いてます。
Jr.編は能瀬君の息子の話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 中貫えり先生は、たまに見かけますが、絵柄がギリなので、買うのには躊躇していました。
薦められたなら、探してみようと思います。
辻よしみ先生の「能瀬君は大迷惑!!」はタイトルにかなり惹かれています。
BL系もちょっと興味あるし。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/06/11 14:06

恋愛の少なそうなもので。



・あいかわももこ「コスメの魔法」
 美容部員の高樹麗子に化粧品の使い方から、生活の指導までうけて容姿の美しさとともに心の安定まで手にいれていく
・赤石路代「P.A.」「市長 遠山京香」
 小早川志緒は16歳の女子高生だが、天才的な演技力を持っている。志緒のアルバイトは、個人的に依頼された人間を演じるプライベートアクトレスだった
 新市長となった推理作家・遠山京香が、硬直化した行政にメスを入れる
・石井まゆみ「キャリアこぎつねきんのもり」
 ホテルで、バリバリ働く條辺早歩のもとに、弁護士がキツネの面をかぶった謎の童子を連れて現れた。彼女を預かってくれと突然言われ…
・長浜幸子「ザ・ベンテン」
 事故で死んだはずが、他人の体に入り込んで
・聖千秋「正義の味方」
 容子にはアクマのような姉がいる。一番の被害者である容子は受難の日々を送っているが、姉の悪事はなぜか人々に幸せをもたらして!? 悪をもって悪を制す、痛快コメディー
・CLAMP

絵が少女マンガで、ダメかもしれませんが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 どれも知らない漫画家さんばかりです。
絵柄等を調べてみようとおもいます。
簡単な説明も分かりやすく、参考にしたいと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/06/11 14:07

もう一度目にしたことがあるやも知れませんし、あまりお好みの作品ではないかも知れませんが、参考までに。



◇極楽青春ホッケー部:森永あい/講談社:
ギャグを中心とした、ホッケーマンガ?あまりホッケーについては触れてません。
恋愛要素も若干含むのでしょうが、王道的な恋愛を好きな方からみればないも同然。
"美少年たちに囲まれる"といったタイプのコンセプトのようですが、主人公の趣味が寝ることだったり、男の子より食べ物食べてる方が幸せ~な子ですので、あまり意味を成してないかも。
個人的にはおすすめな作品なのですが。

◇こどものおもちゃ:小花美穂/集英社:
結構有名な話しなのでご存知かも知れませんが。
りぼんの中でもここまで感動を与えてくれた作品はわたしの中で初めてです。
恋愛ものも織り込まれていますが、いろいろ考えさせられるお話し。
設定としては芸能活動をしている主人公が、クラスで先生いじめをしている問題児と対峙する、というところから始まり、自分の出生に関わる問題や、友人との亀裂(というほどでもないですが)、精神的な部分で多く成長を遂げていく小学生のお話です。
小花先生の漫画は基本的にとてもわたしの好きな作品になっています。
現在では「Honey Better」というお話しもクッキーで連載中で、そちらもお勧めです^^


わたしも最近は少年漫画ばかり読んでいるのでこのくらいしか思いつきませんが;
少女漫画=花ゆめ・LaLaといった方程式が立ってしまっているので最近はめっきり集英社や小学館の少女漫画は読んでいません。のでちょっと古いのしか思いつかない^^;
極楽~は現在でも連載中のようなんですがね。
お暇な時にでも読んでみては如何でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「Honey Better」は、探してみますね。
私も少女漫画=花とゆめです。^^;
「満月を探して」や「だぁだぁだぁ」のようにおもしろい作品はあるんですが、当たりはずれが多いような気がして。
もともと、少女漫画のタッチと恋愛が苦手だし。^^
ありがとうございます。

お礼日時:2006/06/11 14:03

LoveLaDoll様とは反対に、私は純粋な恋愛モノの少女漫画が好きなのですが・・・参考までに・・。



総領冬実「MARS」 講談社
恋愛モノではありますが、純粋な恋愛・・・には当てはまらないかと思います。
真面目な優等生タイプの主人公:キラと、プレイボーイな零との恋愛モノ。
性的虐待を受けたキラの葛藤や、バイクレーサーを目指す零、相手を想う気持ちなど、とても良い話です。

高橋美由紀「天を見つめて地の底で」「悪魔の黙示録」 秋田書店
 「悪魔の黙示録」は、友情や絆をメイン。
黙示録を起こして人間を滅ぼそうとする悪魔と、それをくい止める為に救世主として生まれた瑠架や仲間達を描いた物語です。
 「天を見つめて地の底で」は、天使と人間(男)の恋愛モノ。
こちらもやはり、絆を大切にしたストーリー展開になってます。
高橋先生は昔、少年漫画を書いていた為、最初の方は少年漫画タッチで描かれてます。
 他にも「9番目のムサシ」「エル」などの作品もオススメです。

川口まどか「死と彼女とぼく」「死と彼女とぼく ゆかり」 講談社
幼い頃に大病が原因で死者が見える少女:ゆかりと、遺伝で死者の声が聞こえたり、動物と会話できたりする少年:優作の恋愛モノです。


 藤田麻貴「キッズ・ジョーカー」「プラチナガーデン」「他」 秋田書店
恋愛モノですが、結構・・・笑えます。面白いです。
 潮見知佳「CANON」「獣たちの夜」 秋田書店
吸血鬼モノだったり、妖獣モノだったり・・・します。

これらもオススメです。
どれも恋愛モノですが、ただの恋愛モノではない物を上げてみました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 恋愛ベースでもファンタジーっぽかったり、少し変わっている作品を教えて頂いたようなので、探してみますね。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/06/11 14:01

なかなか好みが難しそうで、あまり自信はないのですが、いくつか挙げてみます。



・久世番子「暴れん坊本屋さん」
書店員でもある作者が本屋さんの裏側を描いたエッセイ漫画です。笑いへの調理がうまいですし、本屋をよく利用するなら興味深く読めると思います。絵柄は児童向け風ですが、特に抵抗感を与えるようなものではないかと。

・TONO「カルバニア物語」
王国初の女王と男装の公爵令嬢の活躍を描いたファンタジー。二人のヒロインが活き活きとしていて清々しいです。絵柄は簡素な感じですが、少々馴染み辛いかも。

・おがきちか「Landreaall」
王位継承権を持つ少年の竜退治やら学園生活やらを描いたファンタジーです。軽薄そうなぱっと見と裏腹に、台詞や設定が練られていてなかなか深いです(それが最初のとっつき辛さにつながってるのが難点ですが)。絵柄はポップな感じ。

・尾崎かおり「メテオ・メトセラ」
殺し屋(という賞金稼ぎ?)の少女と、不老不死の男のファンタジーです。わりとコミカルですが、不老不死にまつわる因縁は結構重め。絵柄は少年誌でもいけそうですね。

・菅野彰&山田睦月「デコトラの夜」
父が死んでから母の呪縛のもと真面目に生きてきた男が、覚醒剤強盗に巻き込まれる話。ちょっと重い話なのですが、結構コミカルな部分もあるし、感動します。絵柄は、コテコテの少女漫画絵からはずらされてます(主人公はいかにも線の細い美青年ですが)。

・宮本福助「拝み屋横丁てん末記」
風変わりな人々やお化けが集う横丁の騒動を描いたコメディです。強烈に面白いというわけではないですが、なかなか楽しい作品。絵柄は青年誌風ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「拝み屋横丁顛末記」は、少女雑誌だったんですね。
てっきりアフタヌーンかと思った。^^
パラパラと立ち読みはした事があります。再度内容チェックします。

「Landreaall」、おがきちか先生?この表紙のタッチは、どこかで聞いたような。
調べてみると、同じ作者の「エビアンワンダー」好きでした。
設定も世界観、キャラも好きだったし、絵柄も独特ですがOKです。

「メテオ・メトセラ」もこのくらいの(表紙で確認)美青年は許容範囲です。

つたない説明でしたが、3冊は好みに合いそうな作品です。
ありがとうございます。
他も見てみますね。

お礼日時:2006/06/04 14:52

少女漫画の部類に入るのか分からない作品・絵が少女漫画っぽい作品も混じっていますが…。


恋愛要素があってもそれが中心ではない作品を選んだつもりです☆


XXXHOLiC/CLAMP(講談社)
"あやかし"が見える主人公、四月一日(ワタヌキ)が、
「それ相応の対価を払えばなんでも願いが叶う店」の店主である侑子さんと出会い…。
"ツバサ"という作品にリンクしているとのことですが、
"ツバサ"を読んでいなくとも十分に楽しめます^^;


ライフ/すえのぶ けいこ(講談社)
簡単に言うとイジメと戦う主人公の話でしょうか。
イジメの首謀者が黒いです。


風光る /渡辺 多恵子(小学館)
新撰組のお話です。
神谷清三郎(セイちゃん)が仇討ちのために男装して新撰組に入隊し…。
新撰組を知らなくとも楽しめると思います★


放課後保健室/水城 せとな(秋田書店)
上半身が男で下半身が女という体を持つ主人公の真白は、
地下にある保健室で特別授業を受けることになります。
"卒業"するための"鍵"を探すゲーム。
そのゲームでは、生徒は現実とは違う姿で現れ…。


キャットストリート/神尾 葉子(集英社)
花より団子の作者の作品です。
昔は有名子役だった主人公のケイト。
友達もおらず、引きこもりだったケイトがフリースクールに誘われ…。


また、"篠原 千絵さんの作品"は大抵おもしろいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 XXXHOLiCは、集めてます。
ストーリーはちょっと飽き気味ですが、ひまわりちゃんの正体が知りたくって。^^ツバサは2巻くらい。
それにXXXHOLiCはヤンマガ。

元々コミック派なので、雑誌が少しあやふやですが。
最近アスカって少女雑誌だったのだと、知りました。
巣田祐里子先生が好きで、「異界繁盛記ひよこや商店」の裏表紙に書いてあった。
あとは、「放課後保健室」の設定にひかれましたが、絵が美形っぽいのでダメそう。
勧められたものは、探してみますね。

・・・ただ、説明が悪かったのか、みなさんの誤解が多いような。^^;

お礼日時:2006/06/04 13:30

私がオススメするのは、月刊クッキーで連載されている


「きせかえユカちゃん」(東村アキコ)ですね。
ギャグですが、恋愛要素も少し(?)入っていて、絵もあまり少女マンガのようではないと思います。(最近モーニング誌でも連載を始めましたし)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

モーニングの方は見た事あるかな?
あまり大人のマンガ雑誌は読まないけど。
でも、やはりリボンとかフラワーって絵が独特です。
探してみます。

お礼日時:2006/06/04 13:15

人気があるというところで


「のだめカンタービレ」と「ハチミツとクローバー」はどうでしょう?
のだめはギャグの要素が満載。
ハチクロは恋愛物が苦手な私でも読めたので(これも最初は恋愛モノというよりはギャグっぽいので)
・・・「少女マンガ」に分類してよいのか解りませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「のだめカンタービレ」は噂は聞いていました。
音楽関係のようなので、敬遠していたので、見てみますね。
「ハチミツとクローバー」も恋愛で敬遠してました。
両方ともギャグ要素が強い作品なんでね。

お礼日時:2006/06/04 13:11

「りぼん」岡田あーみんの作品すべて


永遠の師匠です。
「マーガレット(別マだったかな?)集英社」ウルフ物語
あとはいろいろな雑誌で書いているひうらさとる
「ホタルノヒカリ」とか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「パパは心配性」の人ですよねー。
確かドラマ化されたときに、表紙を見てダメだとこちらも食わず嫌い。
一応、今回は勧められたものは、できるだけ口に入れてみるつもりなので、探してみます。
「ホタルノヒカリ」を調べてみたら、帯びの文句が「がんばったらヒゲが生えてきました。」
ちょっとツボにはまりました。^^

お礼日時:2006/06/04 01:23

私は「清水玲子」さんの作品がすきです、なので質問者さんと気が合えばいいのですがw花とゆめ作品なのでw


お勧めは、吉田秋生さんの作品です。「バナナフィッシュ」とかどうでしょう?
名作だと思います。男性ばかりが出てくる作品で社会性ある作品です。
あと、山岸涼子さんの「日いずる処の天子」もお勧めです。かならず、よかった!と思うはず。
それからまだ読んでないのならば清水玲子さんの「竜の眠る星」をお勧めです。とってもいいお話、一日で読めます。最後は泣けますし。

この回答への補足

すいません。質問の補足です。
・純粋な恋愛ものは苦手。
は、’恋愛もの’ということにしてください。
少し曖昧な書き方でした。
何かのアクセントに恋愛ならいいのですが、恋愛もの100%は苦手です。
「ふしぎ遊戯」のように異世界にとばされてふしぎ世界がメインで、恋愛がサブならいいのですが、異世界なんだけど王子様とお姫様も恋愛ものは、苦手です。

補足日時:2006/06/04 00:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「輝夜姫」「ムーンチャイルド」の人ですね。
絵のタッチがダメでした。食わず嫌いなんですが。

吉田秋生先生は「YASHA-夜叉-」を1巻を持っていたような・・・?
途中でやめちゃったし、すでに記憶にない。^^;
「YASHA-夜叉-」の方が、ストーリー的には惹かれるんですが、「BANANA FISH」も探してみますね。
「日出処の天子」は、タイトルと評判の高さは、耳にします。
探して見ますね。

お礼日時:2006/06/04 01:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ