芥川龍之介の作品「藪の中」からできた「~は藪の中」のように小説からできた言葉を探しています。
知っているものがあれば教えてください。

A 回答 (4件)

有吉佐和子の「恍惚の人」


いまでいう認知症ですね。それも重いほうの。
本が評判になったころは流行語でしたが、いまはどうなんでしょうか。若い人にも通じるのかな。
    • good
    • 0

「斜陽族」「斜陽産業」などの


「斜陽」は、
太宰治の小説「斜陽」から来たと思われます。
    • good
    • 0

下記の言葉など小説から採ったものですね。


【仕掛人】
池波正太郎の「必殺仕掛人」から採ったものです。
「このイベントの仕掛人は、誰々です」というようです。
【華麗なる一族】
山崎豊子の小説のタイトルです。
今はそれほど使われませんが、金持ちで財界や皇室に血脈、つながりを持った一族です。

【エッチ】
舟橋聖一の「白い魔魚」で、主人公の女子大生、竜子が使った言葉です。
「最低ね」というのもこの小説から流行したようです。

【よろめき】
三島由紀夫の小説「美徳のよろめき」から生まれた流行語です。

【失楽園】
渡辺淳一のベストセラー小説で、不倫をすることを「失楽園する」というようです。

【限りなく透明に誓いブルー】
村上龍の小説のタイトルから「限りなく灰色に近い」などと使われました。

【複合汚染】
有吉佐和子の小説のタイトルで、
複合汚染とは二つ以上の毒性物質の相加作用および相乗作用のことですね。
よく使われました。

【インテリジェンス】
手嶋龍一氏の小説「ウルトラ・ダラー」で使われた言葉で流行語になりました。

【てんやわんや】
昭和23年の獅子文六の小説のタイトルで、予想外の出来事などのため、
大勢の人が勝手に動いて 混乱することの意味ですね。

参考URL:http://www.jiyu.co.jp/GN/cdv/backnumber/200501/t …
    • good
    • 0

やはり一番最初に浮かぶのは、堺屋太一さんの書いた本のタイトルから生まれた「団塊の世代」ですね。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ