アンケートっぽいんですが是非お願いします。
競馬会の天才こと武豊は皆さんご存知だと思うんですが、武豊って自分のイメージだと0か100のレースが多いなと感じるんです。勝つときは派手、負けるときは吹っ飛ぶみたいな。そこで質問です。「武豊だったから勝てたレース」と逆に「武豊ゆえに負けたレース」って数点ずつ挙げてみてもらえませんか?レース条件は問いません。
例)勝てたレース
1位トゥザヴィクトリーのエリザベス女王杯。
自分の中では一番強烈です。並みの騎手なら無難に先行して5,6着だったかな。
2位ダイイチダンヒルの若葉S。
詰めの甘い馬にあの脚使わせた時は。。
負けたレース
1位ファレノプシスの99エリザベス女王杯。
武豊得意の馬群特攻炸裂。脚余しすぎ。
2位スペシャルウイークの有馬記念。
まぁこれは微妙ですがグラスに固執し過ぎた気がいまでも。。
こんな感じでお願いします。

A 回答 (6件)

1位、2005高松宮記念 武自身もお気に入り。

快心の勝利!
2位、アドマイヤグルーブのラストレース 何としても勝たせたかったと本人言ってましたね
3位、2006NHKマイル してやったり!本人も驚いてました

特に1位のアドマイヤマックスは見事だったと思います。武も最高の笑顔を見せてくれました。

負け:ディープ凱旋門賞 “海外では先行策”という固定概念が裏目に出ました。この時だけは、経験がアダになっちゃったかも。もちろん、タラレバですけどね。追い込みで勝てたかどうかは永遠の謎です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドグルの引退レースは確かに凄かったですね。これのお陰で代打騎乗していた上村君のヘタレぶりが証明されました。ありがとうございます。

お礼日時:2007/02/16 22:12

武だからという事で勝てたレース(馬?)


1.ディープインパクトの皐月賞
スタート直後の凄いつまづき・・・生で見ていて落ちたと思いました。(ラガーレグルスみたいに)
並の騎手なら絶対に落馬していたと思います。武騎手のバランス感覚には驚嘆しました。あと、あの状況でも焦らず冷静にレースできたのも凄いと感じましたね。(勝ってないですが、新潟3歳ステークスのシーキングザパールも落ちたと思いました。)
2.サイレンススズカ
3歳秋までただのクセ馬だった馬を気分良く行かせる事により新境地を開拓したのは武騎手のおかげだと思います。武がいなければサイレンススズカはあそこまでの馬になっていなかったと思います。(南井で宝塚は勝ちましたが・・・)

#4の方の帝王賞のツインターボですが、武騎手がとんねるずの食わず嫌い(確か?)に出た時に「出遅れた」と言われていました。逃げる予定だったのでゴーグルを1枚しか用意していなかったらしく砂まみれになって人馬ともに競馬にならなかったとも言ってました。なので意図的では無くて、偶発的な競馬だったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スズカはそうですね。南井さんでも勝ってますけど豊の突き放す逃げ方のほうがスズカには合ってたと個人的には思います。ターボの溜め殺しは過失だったんですか。。ありがとうございます。

お礼日時:2007/02/16 22:06

負けたレースだけですが、ツインターボで後方から追い込みで負けたレースがありました


ツインターボとゆう馬をご存知の方ならわかりますが、中距離で大逃げうつ馬で重賞も3勝してそこそこ強い馬でした
帝王賞で武豊が乗ることになり何故か追い込みの競馬をしました
噂ではレース後調教師にえらい怒られたらしいです^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

リアルで見たことは無いですが知ってます。確かに成績欄見ると追い込んでますね。しかも不発。おそらく成績が芳しくなかったので新たな面を引き出そうとユタカマジックだしたけど、十八番の溜め殺しが発動しちゃったんですね。ありがとうございます。

お礼日時:2007/02/13 06:13

勝てたレース


1位
オグリローマンの桜花賞
あれは豊騎手じゃなければ勝てなかったと思います。
2位
ロジックのNHKマイルC
今思うと早熟かな?とも思いますが、よく勝たせたと思います。

負けたレース
1位
2005年のディープインパクトの有馬記念
菊花賞みたく中段につければ国内無敗だったと思います。
2位
アドマイヤムーンの皐月賞
これも後ろすぎたと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ユタカの皐月賞は有力馬ほど後ろか行くことが多いので気をつけたほうがいいですよ。スペシャルウイークの皐月の騎乗っぷりにテレビで柏木集保氏が激ギレしたのが懐かしい。ありがとうございます。

お礼日時:2007/02/13 06:18

1994年の凱旋門賞での騎乗。



このレースで武豊騎手は、ホワイトマズル(White Muzzle)に乗せてもらった。ホワイトマズルは英国の馬だが、馬主が社台の吉田照哉氏だったため、騎乗機会を得たものであった。

ホワイトマズルは、上位人気(1番人気だったらしい)だったものの、6着に敗れた。敗因はジョッキーの騎乗ミス(仕掛けが遅すぎた)ということで、武騎手はヨーロッパの競馬ファンや評論家から大ブーイングを浴びた。


ところで、昨年の凱旋門賞のディープインパクト。上手い騎手が乗っていれば、1着入線があったのではないかと思います。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにディープの凱旋門は。なんか緊張してたのか知らないけど、道中のギクシャク感といい早仕掛けといい彼らしくなかったですね。そりゃ解説の岡部先生も「まだまだ!」って吠えますよ。ありがとうございます

お礼日時:2007/02/13 06:23

勝ったレース


1位 2000年 皐月賞 エアシャカール
 追い出したタイミングが絶妙!
2位 1990年 有馬記念 オグリキャップ
 言わずもがなの引退レース
3位 1996年 菊花賞 ダンスインザダーク
 ためにためて、内ラチ沿いをショートカット

負けたレース
1位 1991年 天皇賞(秋) メジロマックイーン
 斜行 降着 ひどすぎる!
2位 2006年 凱旋門賞 ディープインパクト
 ペリエかデットーリなら・・・

GIは、やっぱり誰でもオール オア ナッシングではないですかね
特に武豊に騎乗依頼する以上、関係者は優勝を期待するでしょうから0か100で良いと思います。
条件戦なんかでは結構、地味に乗って2~5着を拾ったりしてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ダークは凄かったけどその代償も大きかったですよね。馬優先主義岡部大先生には絶対真似できない乗り方。ありがとうございます。

お礼日時:2007/02/13 06:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ