貴志祐介さんの小説
「十三番目の人格 -ISOLA-」「黒い家」「天使の囀り」「クリムゾンの迷宮」「青の炎」「硝子のハンマー」
全て、現実味があって、本当に起こっても不思議ではないようなホラーだなと思いました。
ちなみに、五十嵐貴久さんの「リカ」も貴志祐介さんの作品と同じような恐怖を味わえました。
貴志祐介さんの作品全て読み終えてしまったので、このような“現実味のあるホラー”小説を教えていただきたいです。

A 回答 (2件)

雫井脩介さんの作品をおススメします。


一押しの、そして一番手に入り易そうな「火の粉」の、
アマゾンのレビューを貼っときますね。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/%E7%81%AB%E3%81%AE%E7%B2 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます♪
雫井脩介さんですか。 初耳です!
カスタマーレビューを読んだのですが、すごくおもしろそうな内容の本ですね!
興味がわきました。今度図書館で借りて読んでみようと思います。

お礼日時:2007/06/19 16:48

少し趣旨が違うかもしれませんが「東京伝説」というシリーズが人気があります。

ホラー物なのですがかといって幽霊や怪奇現象は一切出てこなくて、人間の狂気がもたらした現実の事件だけをひたすら集めたシリーズです。正直下手なホラーよりよっぽど怖いと思います。
よろしければ試しに一冊いかがでしょうか? 古本屋などでも入手可能だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます♪
現実の事件を集めたものなんですね。
確かに小説のホラーなんかよりは怖いかも知れませんね。
でも、どちらかというとトリックがあったりスパイスがある小説の方が好きかもしれません。笑
現実の事件は血なまぐさいものが多そうなので…
機会があれば読んでみたいと思います。

お礼日時:2007/06/19 16:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ