貴志祐介さんの小説
「十三番目の人格 -ISOLA-」「黒い家」「天使の囀り」「クリムゾンの迷宮」「青の炎」「硝子のハンマー」
全て、現実味があって、本当に起こっても不思議ではないようなホラーだなと思いました。
ちなみに、五十嵐貴久さんの「リカ」も貴志祐介さんの作品と同じような恐怖を味わえました。
貴志祐介さんの作品全て読み終えてしまったので、このような“現実味のあるホラー”小説を教えていただきたいです。

A 回答 (2件)

雫井脩介さんの作品をおススメします。


一押しの、そして一番手に入り易そうな「火の粉」の、
アマゾンのレビューを貼っときますね。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/%E7%81%AB%E3%81%AE%E7%B2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます♪
雫井脩介さんですか。 初耳です!
カスタマーレビューを読んだのですが、すごくおもしろそうな内容の本ですね!
興味がわきました。今度図書館で借りて読んでみようと思います。

お礼日時:2007/06/19 16:48

少し趣旨が違うかもしれませんが「東京伝説」というシリーズが人気があります。

ホラー物なのですがかといって幽霊や怪奇現象は一切出てこなくて、人間の狂気がもたらした現実の事件だけをひたすら集めたシリーズです。正直下手なホラーよりよっぽど怖いと思います。
よろしければ試しに一冊いかがでしょうか? 古本屋などでも入手可能だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます♪
現実の事件を集めたものなんですね。
確かに小説のホラーなんかよりは怖いかも知れませんね。
でも、どちらかというとトリックがあったりスパイスがある小説の方が好きかもしれません。笑
現実の事件は血なまぐさいものが多そうなので…
機会があれば読んでみたいと思います。

お礼日時:2007/06/19 16:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ