最近読書にはまっています。
ですが、次に何を読もうか悩んでいます。何かお勧めがあればぜひ紹介お願いいたしますm(__)m
最近ハマったのは「図書館戦争」です!これはハマりましたね!この作品にハマったため有川先生の作品全部読みました!
その他は、茅田砂胡先生のシリーズも読破致しました。「デルフィニア戦記」「スカーレットウィザード」などなど大好きです!
後は、「彩雲国物語」「風の王国」「十二国記」「ハイスクールオーラバスター」「私の男」「チームバチスタの栄光」などなど文庫からハードカバーまで結構何でも読みます。恋愛が関係してしかも女性が強いと大変つぼにはまります。
何かおすすめありましたらぜひお願いいたしますm(__)m

A 回答 (5件)

■マーセデウス・ラッキー「タルマ&ケスリーシリーズ」現3巻


復讐を女神に誓った娘と修行中の魔法使いのコンビの冒険譚
■ロビン・マッキンリイ「ダマール王国物語」全2巻
1巻目は兄の所に身を寄せた娘が誘拐された先で活躍する話
2巻目はダマール王国の先祖(イーリン姫)の話
■前田珠子「破妖の剣」全13巻+外伝6巻 コバルト文庫
破妖刀“紅蓮姫”に選ばれた破妖剣士と相棒の妖主の活躍譚
■神江京「放浪王ガルディス」全7巻 青心社文庫
不死蝶のマハ・華嵐のパラディアと二つ名で呼ばれる女性が登場します。
■南房秀久「黄金の鹿の闘騎士」全1巻 富士見ファンタジア文庫
奴隷として闘騎士の試合に参加する少女たちの苦悩と活躍を描いた作品
その後の話は「トリシア先生シリーズ」に続いてます。
■麻城ゆう「月光界シリーズ」全8巻 角川スニーカー文庫(初版は大陸ノベルズ)
異世界での三人の少女達の冒険もの。1~5巻,6巻,7~8巻で主人公が変わります。
■清水文化「くじびき勇者さま」全7巻 HJ文庫
くじびきで物事を決める世界で、くじびき嫌いのシスターと頑固な騎士の活躍譚
訳あって中断中の「気象精霊記」富士見ファンタジア文庫もお奨め
■舞阪洸「鋼鉄の白兎騎士団」現6巻 ファミ通文庫
白兎騎士団に入団した少女たちの活躍譚
(各巻の最初と最後が未来の話で、回想形式で語られます。)
■篠原千絵「還ってきた娘」全6巻 小学館パレット文庫
交通事故で死んだピアニストとが美少女(小学生)の体で
過去の因縁を消す為に、タイムトリップする話
現在、小学館ルルル文庫で再販中。現3巻
■ひかわ玲子「女戦士エフェラ&ジリオラ」講談社X文庫ホワイトハート(初版は大陸ノベルズ)
落ちこぼれ魔道士エフェラと家出王女ジリオラの冒険譚
二人の子供(シリーン・アリエラ・セリセラ)がメイン?の続編もあります。
■本宮ことは「幻獣降臨譚」現9巻+短編1巻 講談社X文庫ホワイトハート
幻獣光焔との契約をした少女の冒険譚
■流星香「プラパ・ゼータ」全6巻「プラパ・ゼータ外伝 精龍王」全6巻 講談社X文庫ホワイトハート
救国の乙女ファラ・ハンと孤高の王ディーノ(犯罪者)の活躍譚
外伝は他に2シリーズありますが、精龍王は続編なので合わせてお読みください。
■榊涼介「疾風の剣セントクレイモア」全3巻 電撃文庫
両親を殺した男に殺し屋として育てられた娘が復讐する話と後日譚
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切にこんなにたくさんありがとうございます!!
とても興味深いものがたくさんありどれを読もうか迷ってしまいます!
一つずつ調べていき読んでみたいと思います!
ありがとうございますm(__)m

お礼日時:2008/06/30 23:32

いちおしは「守り人シリーズ」(上橋菜穂子・新潮文庫/偕成社)です。

かっこいいおばさんの女傭兵の活躍と、それだけではないしっかりとした背景が楽しめます。
「流血女神伝」(須賀しのぶ・集英社コバルト文庫)も明るい雰囲気と重厚な背景が楽しめる、よいシリーズです。女の人がいろいろともりだくさんです。
翻訳ものでは、「チャリオンの影」(上下)(ロイス・マクマスター・ビジョルド・鍛治靖子訳・創元推理文庫)がおすすめです。おじさんが王女様の家庭教師としてがんばる話。主役のおっさんがとってもかっこいいですが、王女様もかっこよいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「守り人シリーズ」はいいですよね~!立ち読みをして買おうと思って忘れていました…今度こそ買って読破します!!
「流血女神伝」こちらは初でした!チェックしておきます!
「チャリオンの影」こちらこの紹介文だけでなぜかグッと読んでみたくなりました!ぜったい読みます!
ありがとうございますm(__)m

お礼日時:2008/06/30 23:30

女性がステキな役割にいる小説、少しだけでも第二次大戦の経緯がお分かりでしたら、早川文庫の ジャック・ヒギンズ



「鷲は舞い降りた」

はおすすめです。キャラクターが男女共によく描かれていて、恋愛もあり、ある男が任務の終わりに、村娘に残した手紙などは、胸に迫るものがあります。事実、英語で書かれた冒険小説の最高傑作 と言われています。

あと、女性艦長大活躍SF、デヴィッド・ウェーバーの

「紅の勇者オナー・ハリントン」シリーズ 

早川書房<ハヤカワ文庫SF>
は、いま8巻まで来ていますが、ナイスであります。

新潮文庫の
おんみつ蜜姫
退屈姫君、もいいですね。おんみつ密姫の帯には「父上に刺客? まあステキ(はあと)」と書いてあります。これ書かれている米村 圭伍氏の作品は、とても楽しいです。

あと、ベタですが、古典もいいですよ。風と共に去りぬ、赤毛のアン、長靴下のピッピ、二人のロッテ、大草原の小さな家、などは、一度は読んでおいて損はないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「鷲は舞い降りた」話には聞いたことがあります。今回紹介されたのを機に読んでみようかと思います!
「紅の勇者オナー・ハリントン」「おんみつ蜜姫」などなど結構ツボにはまりそうです!!やばいです!
ありがとうございますm(__)m

お礼日時:2008/06/30 23:24

 分厚いし中身も濃すぎるかも知れませんが、野阿梓さんの『伯林星列』なんてどうでしょう。

わたしとしては現時点では今年のトップですけど…、質問者さんがもし未成年だったらちょっと刺激が強めかなー。ハード目のヤオイと日本近代史に抵抗がなければ、ってトコかな。
 小野不由美さんなら、これまた長い『屍鬼』なんて大傑作があります。そういえば、高野史緒さんの『アイオーン』『ラー』もSFが嫌いでなければお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『伯林星列』いいですね!
今すごく読みたくなってしまいました!好きですね~こういうの!!
小野不由美さん『屍鬼』は興味あったんですがホラーが少々苦手なのもあり少し迷っていたのですがこの機会に読んでみようかと思います!
ありがとうございますm(__)m

お礼日時:2008/06/30 23:19

女性向けの恋愛小説なら島本理生さんのナラタージュがおすすめです。

最近文庫化したような気がします。女性が強いもの、としては山田詠美さんなどでしょうか。やや古めの本ですが放課後の音符、は読みやすくてお勧めします。
最近の作家さんでは伊坂幸太郎さんや、宮部みゆきさんがいいんじゃないでしょうか。好みがもう少し純文学よりでしたら川上弘美さんや小川洋子さんなどもお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ナラタージュ」とても面白そうですね!!ぜひ読んでみようと思います!文庫はやはり読みやすいですよね~。宮部みゆきさんなどもとても気になりました!ありがとうございますm(__)m

お礼日時:2008/06/30 23:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ