よく舞台『放浪記』で、森光子さんがでんぐり返しをした、しないで話題になったりしますが、そもそも、このでんぐり返しの場面は、ストーリー上、どういう内容なのでしょうか?
是非教えてください。

A 回答 (2件)

この戯曲は未見ですが、有名なので承知はしています。


初期の菊田一夫演出では3回、後の三木のり平演出では1回ですが、売れないでいた主人公の作家(林芙美子自身がモデル)の作品が雑誌に掲載された事を知り大喜びする場面です。喜びを体中で表現しているのです。
最近は森光子さんも齢を重ねられたので、健康を気遣ってこの場面の演出を変更したと云う事です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

林芙美子のお話だったんですね。
詳細な解説ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/22 21:41

主人公(森光子さん)の書いた小説が雑誌に掲載された時の喜びを身体で表した表現がでんぐり返しになったみたいです。


(大喜びの表現方法のひとつと言う事でしょうか)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
喜びの表現ですか・・・シュールですね。

お礼日時:2008/07/22 21:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ