webデザイナー、webクリエイター、webマスターの違いを教えてください。

A 回答 (4件)

一般的に内容がある程度固定的に予想がつくのはWebデザイナーでしょう。


あとはいくらでも勝手に言えます。
たとえば一般的に見てWeb広告系の営業でも、名詞にはWebコンサルタントと書いても良い訳ですし。

言葉から内容を考えると、
Webデザイナーはサイトのページデザインをする人、
Webクリエイターはページデザインをする人も含めてプログラミングを出来る人・サイトの中の部品を作成する人(つまり広告バナー・Flash・ロゴなどWeb系で何かを作成する人)などサイト作成に関わっていれば何でもWebクリエイターと言えると思います。
Webマスターはサイト全体を取りまとめる人・マネージャー的な権限のある人・管理権限のある人、Webディレクター・Webプロデューサー、制作だけでなくそのサイトのマーケティング・プロモーションまでやってる人、またはそれらにまたがった業務をしている人など、厳密な垣根や定義はないけど責任者に名称を付けた感じでしょうか。
    • good
    • 0

どの名称も、担当している作業内容は、ほとんど同じと考えて良いと思います。



(※会社によって、名称が異なっていると思えばよいのでは?)
    • good
    • 0

あまり厳密に使い分けられている現場は少ないです。


というか、定義自体もあいまいですしね。

WebクリエイターはWebサイト構築における全般、Webデザイナーはその中のデザイン部分を担当。他にはWebプログラマーやコーダもいます。
Webマスターというのは初耳ですが、主に作られたあとの管理運営を行う人というイメージですね。
    • good
    • 0

厳密な違いはないんじゃないでしょうか?資格の名前じゃないですから。


まあ、名乗っている本人に聞くしかないでしょう。基本的に同じような意味だと思いますよ。
まあ、音楽をやる人を、アーチストというかミュージシャンというか歌手というかの違いみたいな物でしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報


大手求人サイトとの連携でお仕事情報ギッシリ
一般事務のお仕事
東京都内のお仕事
社員登用あり!
職種 一覧
ハイクラス
年収1,000万円以上のエグゼクティブ求人情報を中心に掲載。次のステージに挑戦!
転職
デザイナー・クリエイター
クリエイティブディレクターやグラフィックデザイナーなど、創りだす仕事がしたい人に
制作系のお仕事
派遣
事務職
電話応対やデータ入力、資料整理等、業務をサポートするお仕事の求人情報。
一般事務のお仕事
アルバイト
カフェ・ファーストフード
ファーストフードや喫茶店の求人情報。あのおしゃれなカフェも募集しているかも?
バイトの王道カフェのお仕事

カテゴリ