缶コーヒーの表示を見てみると、コーヒーや砂糖以外に、
植物性油脂やカゼイン、安定剤、酸化防止剤などが入っています。

また、例えばスタバとか以外の普通の喫茶店や
ファーストフードのアイスコーヒーだと、もちろんそのお店やメーカーにも
よりますけれど、そういう添加物の味というかの方がの強いように思うとこもあります。

これらは自分で入れるコーヒー、
お湯を注ぐだけのものやコーヒーメーカーなどで
豆から入れる場合にも(すでに豆の段階から)入ってるのでしょうか。
それともこの場合だと豆と、または自分で入れる砂糖などだけになるのでしょうか。
要するに、余計なものや添加物が入ってないかということです。

教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

缶コーヒーは「コーヒー」ではありませんよ。

あれは合成食品の
まがい物です。豆から抽出する「コーヒー」とは別物です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですよね。認識を変えようかなと思います。
加工食品だと食べ物と思えないというかもっとひどいのがありますね。

お礼日時:2009/01/21 22:56

植物性油脂→コーヒーホワイト代わり


カゼイン、安定剤、酸化防止剤→保存料
豆に含まれている訳ではありません。
保存する為に添加しているのです。
淹れたてのコーヒーに添加剤は含まれていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
豆に含まれているわけではないのですね。
コーヒーホワイトも表示を見てみようと思います。

お礼日時:2009/01/21 22:41

自宅なら豆と砂糖のみになります。

かんコーヒーは製品を長持ちさせるために添加物を加えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですよね。紙コップの中にシュガーとクリームと
コーヒーがセットになって後はお湯を注ぐだけのものでも
たぶん缶コーヒーほどは入ってなくって砂糖の量も若干違うような気がします。

お礼日時:2009/01/21 21:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ