宮部みゆき「火車」、恩田陸「常野物語」のように
舞台はあくまで現実世界で、異能ゆえの孤独やかなしさが描かれている小説を探しています。
サスペンス風味だとなお嬉しいです。

上記作家の他に好きなのは
あさのあつこ、荻原規子、川上弘美、貴志祐介、近藤史恵、恒川光太郎、半村良、村上龍、山田詠美、
スティーブン・キング、ゼナ・ヘンダースン

逆に合わないと感じているのは
伊坂幸太郎、市川拓司、乙一、京極夏彦、小松左京、畠中恵、村上春樹、万城目学、本谷由希子、森見登世彦、山田風太郎、山田悠介、
レイ・ブラッドベリ、シオドア・スタージョン、ダフネ・デュ・モーリア、スーザン・クーパーです。

おそらく溢れるほどあるのだろうと思いますが、
漫画・ラノベ以外でお願いします。
また、古いものやゴリゴリのSF・純文学は読めません…。

幅がすごく狭いのですが、上に挙げた作家以外の小説で
おすすめがありましたらぜひアドバイスをお願いします!

A 回答 (8件)

僕は宮部みゆきさんや恩田陸さんが大好きです。



辻村深月の「ぼくのメジャースプーン」は、いかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
辻村深月さん、良いですよね。
ミステリとして面白いのはもちろん、子どもの言い分とか息苦しい雰囲気とかの描写も好きです。
既刊はほとんど読んでいるのですが、
もっと大人の気持ちや社会が描かれていれば……って色々求めすぎですね。
若い作家さんなので、今後追っかけていきたいと思います。

お礼日時:2009/09/23 22:41

私も異能もの探してるんです!!


宮部さんほかに
鳩笛草・クロスファイア・竜は眠るも苦悩っぷりがいいです。
火車は異能でしたっけ??
東野圭吾「変身」(異能というか異脳。でも物悲しく苦悩してます。)

クーンツ「ウォッチャーズ」
作者だれだったか??「ファントム」(異能とは違うか・・)
物悲しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このジャンル(?)、たくさん出版されているのに
好みの作品と出会うのは中々難しいですよね。

「火車」は社会問題がテーマっぽいですが、
「クロスファイア」にもつながる発火能力者が出てきた
…ように思うのですが、何かと混同している可能性アリです。
東野さんの異脳もの…アルジャーノンみたいな感じでしょうか。
でも今はやっぱり異能ものが読みたい気分です。
クーンツはピンとこず…残念。

お互い「おおっ」という作品と出会えると良いですね。
回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/09/18 23:32

ちょっと古いですが、筒井康隆氏の「七瀬シリーズ」はどうでしょうか。


「家族八景」「七瀬ふたたび」「エディプスの恋人」があります。
テレパスや予知能力者などの超能力者が出てきます。異能の悲哀という点では「七瀬ふたたび」がお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

筒井さんはあのクセの強さが苦手で…。
七瀬シリーズは筒井作品の中ではソフトかな、と思うのですが。

小説に限らずですが、好みって時とともに変わるので、
いつか読めるようになると良いなあと思います。

お勧めしてくださってありがとうございました!

お礼日時:2009/09/18 23:12

新井素子「あなたにここにいてほしい」1990年作品 講談社文庫 ISBN4-06-184036-3

    • good
    • 0
この回答へのお礼

新井素子さんは、何だかコバルトなイメージで
ちょっととっつきにくかったりします。
が、この機に手をのばしてみようと思います!

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/14 20:39

荒俣弘氏の「帝都物語」あたりはどうでしょうか。



結構前に、発売され映画にもなりました。
最近、文庫で「新帝都物語」がでたはずです。

新はまだ読んでないですが、前の帝都物語は私的には
お勧めの1冊のなってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

荒俣氏…
そういえば名前は知っていても、全く読んだことがありません。

ウィキペディアで概要を見てみたところ、
25年前の作品らしいというので不安半分、
陰陽道や史実と絡んでいる=おもしろそうなので期待半分です。

と、幸田露伴も出てくるんですか、しかも魔術師?として??
何だか壮大なトンデモストーリーみたいで、
不安の方が大きくなってきてるのですがとりあえず1巻見てみます。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/14 20:34

かなりたくさん本は読みますが


書籍のくくりが解らないので
少しズレた解凍なのかもしれないですが
最近読んで面白かったミステリーは
神永学【心霊探偵 八雲】
SFでもないしオカルトなネーミングですが
オカルトって訳でもないし…
まぁ現実離れはしているのかもしれないですが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

八雲は以前1巻だけ読んでみたのですが
はまれませんでした・・・。残念。

回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/09/14 20:40

「わくらば日記」(朱川湊人・角川文庫)昭和三十年前後の、不思議なちからをもったはかなげな姉と、姉大好き!な妹のお話。

姉がちからを苦しみながら使っていくのが痛々しかったです。続編もあり。「常野物語」に近いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに異能ですね!
以前に異能を求めて読んだ作品です。

あらすじを読んでツボで、
実際読んでそれなりに楽しめたのですが…
なぜか、する~と通り過ぎる感じであまり印象に残りませんでした。

でもファンも多い作品ですよね。
魅力的な作品なのにはまれないと、何だか損した気持ちになります(笑)
回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/14 20:27

 平井和正さんのウルフガイシリーズなどはどうでしょう。

いわゆる「狼男」が現代に生きる話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

30年以上前の作品なのですね。
ちょっと読めるか不安ですが・・・
今度図書館に行ったときに探してみます!

お礼日時:2009/09/14 20:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ