こんにちは。
私は推理小説、特に「驚愕の結末」や「大どんでん返し」
「読者が書き手にまんまと騙される」といったものが大好きです。

いろいろ読みましたが、そういったジャンルでは、
綾辻行人さんの館シリーズが一番好きです。
昔では小泉喜美子さんの「弁護側の証人」もよかったです。
ちなみに、折原一さんのはちょっと叙述が複雑すぎて、
かえってインパクトが薄いかなと思いました。

皆様オススメの、アッと驚く結末の日本の推理小説、
作家を教えてください。
(社会的弱者や貧しい人を扱った暗くて悲しい話以外で
お願いします。)

A 回答 (10件)

これがなぜ出てないのだろう?有名すぎるのかな?しかも某マンガとの関わりの中でモメたらしいので、すでに結末をご存知かもしれませんが、


わたしが「あっ」と言ったのはあとにも先にも
島田荘司「占星術殺人事件」だけです。
なぜこれに気が付かなかったんだろう……、当たり前のことじゃないか。と読み終わったあとでは思うのですが、
それまでの持って行きかたが秀逸で、鋭い刀でさくっと切りつけられる快感がありました。
これを結末を知らずに読めたことは幸せなことだったと思います。

「ロートレック荘事件」筒井康隆、出ましたね。お読みになるなら「何が起こっても驚かない」とカクゴしてからとりかかって下さい(^_^;)。
(ですよね?#2さま。)

この回答への補足

皆様、ご回答ありがとうございました。
この場をお借りして再度お礼申し上げます。

こんなにたくさんのミステリーを紹介して頂き、
感激です!!!
どれもこれも面白そうですので、
読むのが本当に楽しみです!!
すべての方にポイント差し上げたいところですが、
今回は先着順でつけさせて頂きます。
本当にありがとうございました。m(_ _)m

補足日時:2003/05/29 12:52
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

「占星術殺人事件」はもちろん読んでいますよ!!
とても衝撃を受けました。
それまではどちらかというとクリスティやクイーンなど
海外ミステリーをよく読んでいましたが、
あの本がきっかけで再び日本のミステリーを読み始めたのです。
「ロートレック荘事件」は評判よさそうですね!
楽しみです。

お礼日時:2003/05/29 12:52

こんばんは。


私が『あ~?!』って思ったのは、二階堂黎と人の『奇跡島の不思議』です。
内容がわかってしまうので、ストーリーは書けませんが『え???』って思いました。
この本を読んでから、綾辻行人の『十角館~』を読んでちょっと物足りないなーって思ってしまいました・・・。
好きな方ゴメンなさい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

「奇跡島の不思議」は未読です。
i-my-meさんに「十角館」が物足りないと言わしめた本とは、
すごく面白そうですね!
私は「十角館」で十分衝撃を受けましたが、
これを上回りそうで非常に楽しみです!

お礼日時:2003/05/29 12:46

個人的に一番好きなのは有栖川有栖なのですが、最後にあっと驚く結末と言うことなので、殊能将之はどうかな~


デビュー作の「ハサミ男」は評判良いみたいですね。
個人的には「鏡の中は日曜日」「樒/榁」が特にオススメなのですが、シリーズものなので「美濃牛」と「黒い仏」を先に読んで欲しと思う物の、この2作品はあと一歩かな、という感じなのでちょっと悩みます(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

私も有栖川さんのも好きなのですが、
今まで読んだのではアッと驚くのが少なかったのです。。
殊能将之さんのお名前はこれまた初耳でした。
とりあえず「ハサミ男」にチャレンジして、
そのあとを決めてみますね!(笑)

お礼日時:2003/05/29 12:38

「新本格」でググッてみると、オススメや書評が出てきます。



ここでは、まず下記URLをご覧下さい。

以下、私の個人的嗜好です。
綾辻行人は大好きですが、とても真面目な感じがします。
故に?「十角館」などは途中でトリックが何となく分かってしまいました。
例えトリックが分かったとしても、あのエンディングは大好きですが。
綾辻ファンの方には有栖川有栖なんかが好みに合うと思いますが、読まれましたか?
「双頭の悪魔」は、正攻法かつ、ちょっと青春小説的な香りが好きです。
リストの中では二階堂黎人が一番好きです。
ちょっとマンガっぽいところも含めてね。
「聖アウスラ修道院の惨劇」は、ドンデン返しという意味では一番じゃないか?
でも、それ以上にキャラ萌えしちゃいます。
キャラ萌え、という意味では
麻耶雄嵩「翼ある闇~メルカトル鮎最後の事件」も面白かった。
見立てにツイて行けない部分もありましたが・・・
山口雅也「生ける屍の死」は小説の設定事態が
すでにドンデン返しで、面白かった。
最新作の「奇遇」も、中々実験的な作品で興味深いものがありますが
納得したか、というと????
実験的、という意味では綾辻行人の「どんどん橋、落ちた」も
実験的な叙述トリックですね~
ここまでして騙しにかかるか~!みたいな。
で、叙述ならやっぱり法月倫太郎「二の悲劇」かな。
トリックよりは心意気に関心しました。

私の読んでいるのはこんなとこです。

参考URL:http://ha1.seikyou.ne.jp/home/arasiyama/neohonka …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

「十角館」のトリックを見破られるなんてすごいです!!
有栖川、二階堂、山口、法月、各氏のは、
何冊か読みましたが、CUE009さんオススメのは未読です。
参考URLも非常に参考になりました。
いつも書店でカバーを見て適当に買っていましたが、
これからはこういうサイトでチェックした方が
当たりが多そうですね!

お礼日時:2003/05/29 12:33

私は、倉知淳さんの「星降り山荘の殺人」を読んで、


終盤に、「しまった!」と叫んでしまいました。

なかなか、お薦めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

倉知淳さんのお名前も初耳でした。
pocariblueさんが「しまった!」と叫ばれるなんて
面白そうな本ですね!
山荘とか館ものは大好きですので、
早速書店でチェックしてみます!

お礼日時:2003/05/29 12:20

好き嫌いがあるかもしれませんが、


麻耶雄嵩さんの「翼ある闇~メルカトル鮎最後の事件」は、驚いた覚えがあります。

中身を少し紹介をしようと思ったのですが、何を言ってもネタバレになりそうな気が…
結末もですが、話の展開がすごかったです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

麻耶雄嵩さんも知らなかったです。
何だか題名からしてすごそうな本のようで、
わくわくします!
さっそく書店でチェックします。
チェックリストが増えてきて、大変うれしいです!

お礼日時:2003/05/28 16:19

 綾辻さんですので、もう読まれているかもしれませんが、「どんどん橋、落ちた」はそうですね。


 太田忠司さんの狩野少年のシリーズや霞田兄妹のシリーズなどもおもしろいです。
 最後に少し変わったところで、上遠野浩平さんの「殺竜事件 A case of dragonslayer」を上げておきますね。

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

「どんどん橋・・」はご推察どおり、もう読んでしまっておりますが、
太田忠司さんや上遠野浩平さんのお名前はこれまた初耳です。
さっそく書店でチェックしてみます。
通勤電車での楽しみが増えて、うれしいです!

お礼日時:2003/05/28 16:10

我孫子 武丸 著『殺戮にいたる病』


が僕的にはベスト。
綾辻が好きならOKかも!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

我孫子武丸さんのは「0の殺人」「8の殺人」など
けっこう読みましたが、「殺戮にいたる病」は未読でした。なんだか題名が恐いので・・(^_^;)
でも、あちこちでよく賞賛されていますし、
fellisiaさんもベストとおっしゃることですし、
ぜひトライしてみます!

お礼日時:2003/05/28 14:30

推理小説のジャンルに入るかどうか分からないのですが、あっと驚く結末の本を紹介します。



「しあわせの書 迷探偵ヨギ・ガンジーの心霊術」泡坂妻夫著

「ロートレック荘事件」筒井康孝著
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

両作家さんとも、お名前だけ存じておりましたが未読でした。
さっそく書店でチェックしてみます。
楽しみが増えました!

お礼日時:2003/05/28 12:29

文庫本の帯にも「驚愕の結末」「大どんでん返し」とかかれているのでご存知かもしれませんが、貫井徳郎さんの「慟哭」。


「どんでん返し」を十分に念頭において、注意深く呼んでいったので納得のいく結末ではありましたが、十分楽しめました。彼の他の長編作品もそれぞれ少しずつパターンを替えた「どんでん返し」を味わえました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

貫井徳郎さんのお名前は初耳でした。
まだまだ私はひよっこですねぇ。(^_^;)
さっそく書店でチェックしてみます。
楽しみができました!

お礼日時:2003/05/28 12:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ