私は現在、某大学工学部の情報系(現在3年)に在籍している者なんですが、英語がさっぱりできなくて困っています。
これから情報の社会で生きていくためには、英語でやりとりができたり、英語で論文が書けたりすることが必須だと思うのですが、私の英語レベルはそれほど高いものではありません(別に英語が嫌いなわけではないんですが)。
来年には就職活動も始まりますし(大学院に行くかどうかはまだ未定)、それまでに英語でコミュニケーションができるレベルにまで持っていきたいと思っています(できればTOEIC600点以上)。
これから1年かけて英語の勉強をしようとする場合、何か良い教材や通信教育はないでしょうか?

A 回答 (10件)

工学部の情報系!しかもコミュニケーション出来るレベルを希望!! でしたらやっぱりメル友作るのをお勧めします。

代金もネット代くらいだし、英語の勉強の息抜きにいかが? 楽しいよ。

参考URL:http://www.japan-guide.com/penfriend/index_e.mv
    • good
    • 0
この回答へのお礼

メル友!それは思いつきませんでした…。でもコミュニケーションの上達にも、息抜きにも良いかもしれないですね。
今度やってみようかな、と思っています。どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/04/17 00:45

以前解答したarnaudです。

偉そうなことを書いてしまいましたが、やさしいコメントありがとうございました。

単語のをアップするといいながら、ちょっと今引越しをしたばかりでそれらもろもろも見つからず(ZIPどこかな?)、また家につないでないのでオフィスで今度暇見てアップすることになり、時間切れになりそう。これって締め切ったら連絡が取れないのですよね。だから先にURLを書いておきます。ごめんなさいね。

参考URL:http://zen.uta.edu/~yuse/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

無理言って申し訳ありません。これからちょくちょくサイトの方へ顔出しさせてもらいますね。
本当にありがとうございました!

お礼日時:2001/04/17 00:33

英語の勉強方法そのものについては、先の皆様が素晴らしい回答を


よせられていますので、アドバイス程度に。

「英語が嫌いなわけではない」、ではなく、好きになってください。
日常会話ができるようになるには、皆様も言われているとおり何年もかかります。
好きでなければ絶対に続きません。
NHKラジオ英語は安上がりでためになりますが、何年も聞き続けるのは
ハンパじゃない根性が必要です。
「英語が嫌いなわけではない」くらいの覚悟では飽きてしまうと思いますよ。

勉強だと思わないことです。受験のために、というならともかく、
英語でのコミュニケーションが目標なら、趣味の一つとしてしまいましょう。

映画が好きなら、好きな洋画を繰り返し見ると(できれば英語の字幕付きで)、
そのうちその中のフレーズが口をついて出るようになります。
歌の歌詞は文法的に崩してあることがありますが、少なくとも
発音の練習くらいにはなります。
(ネイティブの人の歌限定。日本人の歌手の歌詞の英語は間違っていることが多いので)

時事に興味があるなら、NHKなどのニュースの二ヶ国語放送をお勧めします。
ニュースというと難しそうですが、実はニュース英語が一番聞き取りやすいです。
聞き取って理解してもらうことを前提としているので、はっきりと視聴者に向かって話すからです。
(映画の中の英語はホントの日常会話なので聞き取るのは非常に大変です)
よく米大統領が全米に向けてコメント発表しているシーンがありますね。
同じ理由で、あれも、様々な人たち(お年寄りから子供、
英語ネイティブでない移民の人たち等)にも理解してもらう、と
いう前提でわかりやすく話しているので聞き取りやすいです。
ニュースは、時事英語の単語や言い回しさえ覚えてしまえば、かなり聞き取れます。
まして画面で、国会や火事の絵がうつっているわけですから、
今何の話題なのかは最低限わかります。今何を話しているのかの
手がかりがあれば、興味も多少ひかれるはずです。

教材や通信教育等にお金をかけなくても、いくらでも英語に触れる手段はあります。
問題は触れ方です。ただボーっと聞いているか、少しでも聞き取ろう、
一つでも単語を覚えようと興味を持って聞いているかで、
数年後にはびっくりするほどの差が出ます。
やる気、続ける根性、好きという気持ちの問題だけです。
1年で、というのはどう考えても無理なので、25歳までには、とか
30歳までには、くらいの余裕を持った目標にしたほうが、
プレッシャーがかからず気楽に挑戦できますよ。
何事も楽しく取り組んだほうが長続きします。
がんばってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに「好き」なことじゃないと、なかなか続きませんよね…。でも、好きか嫌いかと言われたら、はっきり「好き」だと言えると思います。洋画も洋楽も好きですから。ニュースも好き(と言うのも変?)ですから、今度聴いてみますね。
アドバイス通り、長い年月をかけ、余裕を持って学んでいきたいと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2001/04/17 00:21

e-Coaching BBSをご覧ください。


TOEIC 350点レベルの方からの勉強法が載ってます。

参考URL:http://www.toeic-fc.ne.jp/TFNET/ec_bbs/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなに便利なBBSがあるとは知りませんでした!皆さんのコメントを読んでいるだけでも、ためになりますね。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/04/15 23:23

「英語は絶対、勉強するな!」鄭 讃容(チョン・チャンヨン)著 サンマーク出版発行 1300円+税 を読んでそのノウハウ通りに学習してみて下さい。

半年から1年で英語力がグンと向上するそうです。必要な教材はネイティブがナチュラル・スピードで話している60分程度のCDかカセットと英英辞典(できればCollins Cobuild の English Dictionary)だけでいいそうです。学習に際しては日本語を介在させないために英和辞典や和英辞典などを使わないことだそうです。あくまで英語で考え、英語の語順に沿って意味を解釈することが大切であるということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本の題名にすごく心惹かれました(笑)。今度本屋さんで探してみます。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/04/13 00:31

追い討ちをかけるようで悪いけど、英語って難しいというより、時間がかかるんだ、ということをよーく覚えて欲しい。

すべてはこれから出発します。本当に難しくは無いのです、だれでも英語はしゃべれるようになります。ただし途方も無く時間がかかるのです。普通に勉強した(毎日1時間)場合、相当勉強した場合(毎日2時間)の進歩度合いの標準例(私見)をTOEICの点数でいくと次のようになります。ちなみに教材や勉強法は問いません、何でも良いのです、というより何でもやらないといけないのです。自然と勉強するコツは分かってくるのです。時間がポイントです。
スタート時の年齢も大きな要素ですが、20才スタートと仮定する。

普通に勉強した場合:400→500 1年間
          500→600 3年間
          600→730 5年間
          730→800以上 不可能

相当勉強した場合: 400→500 1年間
          500→600 2年間
          600→730 4年間
          730→800以上 5年間以上

それから、しゃべれる点数は、誤差もあるので650でも、なかなかやるなという人もいるけど、一応しゃべれるレベルといえるのは730以上ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも私は、猛烈に勉強しなければ、しゃべれるレベルに到達できそうにもありません…もちろん、やる気は満々ですが。
yochan8さんのおかげで、英語学習の将来設計(?)ができそうです。5年は長いですが、めげずにがんばっていきたいと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2001/04/13 00:27

英語で悩む人は多いようですね。

私も理系人間です。今は国の研究所で働いていますが、こういうところでも一応話せても、達者に話せる人はまだ少ないというのが現状です。

私は博士をフランスで取ったのですが、初めにフランスに住み始めたときはボンジュール、メルシーレベルでした。現地にいるということも手伝って、下の解答、無理って言ってましたが、3ヶ月くらいでコミュニケーションは取れるレベルとなりましたよ。要はやる気では?パリには1年2年仏語だけを勉強しに来て、といってフランス人の知り合いも作らず(作れず。見渡せば仏人ばかりなのに!)、全く話せないで帰る人がたくさんいました。

ただしその「コミュニケーション」とはどのくらいを指すのかによります。今考えると幼児が話していたようなものですが、生活に支障はありませんでした。

TOEICの点数を挙げていましたね。それとコミュニケーション。うーん。日本でフランス語の、学生どころか、教授をやっている方でも、私から見てつたなく感じる人々もたくさん見てきました。彼ら、文法は完璧なのですが、言葉が出てこないようです。

英語が嫌いではないとのことなので、努力はするのでしょうし、他の方のアドバイスで教材を教えていただき、それに沿うのが良いと思いますが、それ以上に一言付け加えたいと思います。

本当の意味でのコミュニケーションには、頭の中の反復練習が良いと思います。私も始めよくやっていたのですが、電車の中でも寝る前でも、英語で考えるのです。会話をするんです。明日友達に今日のTVの話をこう言おうとか、何も「神道と仏教の日本における影響」などの話題でなくても良いんです。身近なもので。そのとき出てこない単語はともかく置いておいて日本語単語を使って文を練ってみる。出てこなかった単語はメモでもしておけば、自分の日常に密着した単語を自ずと覚えるようになる。下記のラジオを教材とするなら、それに出てきたフレーズを、自分が人に言っていることを想像して色々文を作ってみる。映画なんて見ていて、クールだなと思ったフレーズはいただいてしまう。とにかく単語は使える形にして覚えないと意味がありません。

あとこれはhisaさんが理系だから付け足し。英文によるレポートや論文は、とにかく英語圏の人の文献を読むこと。理系単語は決まりきったことが多いです。主語(I, weなど)を言わないで、このような実験がcarried outされた、などという(でもアメリカから、そういう英文は不自然だからと主語を言う動きも最近あります)、とか。そして書くことです。直してくれる方が身近にいないときびしいのですが、理系の教授はたいてい、ぺらぺら話せなくても学生英語の文法を、取りあえず人が理解できるレベルに書き直すくらいは出来るはずです。教授に嫌われても「私は英語を学びたいので英語でしかレポートを書きません」と宣言するくらいの勇気と努力があれば、確実に短期間で覚えられるのですが...。

そして一言。英語が出来るから国際的だと思わないことです。私の知る某大学教授は、英語はまあ単語を一生懸命つなぎ合わせるレベルですが、彼の仕事が素晴らしいレベルなので、英語圏の人も、その意見を聞きたいがためにつたない英語なんて気にもせずに彼と話をしようとする。その先生もどうどうと、何度も間違えてても文を繰り返し、駄目だと思えば紙とペンで図とかで説明する。これは私はとても国際化に当たって必要な姿勢だと思います。理系にとって言葉なんて手段ですから、それ以上の何か、というのがまず大事なのが良くわかるようです。

大体日本の大学生ともなると、最低レベルの英文法を知っているはずです。後ちょっとくらい間違えても良いじゃないですか。直接会話中なら、通じなかったら別の言い方で言い直せば良いだけだし。通訳として働けるほどぺらぺらでも、その人間に資質(人が関心を持てる才能)や会話の厚みがなければ、いくら通じてもむなしいですね。

後は単語単語です。文法は完璧でも小学生レベルの単語数(母国語にて)か、話し方はたどたどしいけれど大学生レベルの単語を使え会話できるのと、どちらが知的に見えるかは歴然としています。

初めのうちは通じなくて情けなくなることもあるでしょうが、「英語で来ません!」って泣き顔でいるよりも「あなたは私の言語を出来ないけれど、私はこれだけ出来ますから、こっちには不利だけれどあなたに合わせてあげましょう」くらいの感覚でいたってよいと思います。

まあ付け焼刃のTOEIC600点くらいから、本当の意味で間違えもなく使えるレベルってのまではまだまだ挫折ポイントがたっくさんありますが、理系の本来の勉強、そして魅力のある人間になる勉強、その上での言葉の勉強、ふ-大変そうだけれど...、まだまだ若いのだから出来る!がんばってください。

なお、単語の覚え方(私のやっていたのの紹介)を書いてはあるんですが、私のページにアップしていません。ご希望があればアップしますので、補足にでも書いておいてくださいませ。

この回答への補足

詳しい回答、どうもありがとうございます!
できれば、arnaudさんの単語の覚え方も教えていただけると光栄です。
よろしくお願いします。

補足日時:2001/04/13 00:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にこんなに詳しい回答をしていただき、どうもありがとうございます。
arnaudさんの回答はとても説得力があるので、思わず感動して泣きそうになりました(苦笑)。
英語のみならず、本当の意味で成長するためにも、精一杯がんばります!!

お礼日時:2001/04/13 00:20

最近では大手の会社だと英語が出来ないととっても苦労しますね。


私も大学時代にESSの活動をしていましたが、なかなか上達しなくて苦労しました。
参考までに私の通った道を紹介しますね。

今までの中で一番効果があったのは、何よりリスニングです。特にTOEICを評価基準にするのであればなおさらです。
私の場合は一日2時間びっちりと毎日リスニングを行っていました。
主に教材はPerfect TVの英語のチャンネル(一日中いつでも聞けるので)ですが、NHKもよいと思います。

聞き取れようと、聞き取れまいとひたすらそれを続けました。
あとは、街を歩いているとき、トイレにいるとき、とにかく時間があれば英語でものを考えるように努力していました。
そこでわからない単語、表現があったら後で調べるようにします。

通信教育などももちろん効果があるでしょう。
私は未体験ですが(高いので^^;)アルクのヒアリングマラソンなどは間違いなく効果があるとのことです。
要するに、教材は何でも良いから、とにかくひたすら英語を毎日(ここがポイントです)聞き続けることです。
一日間があくと、後退します。一週間空くとはっきりと自分のレベルが下がるのがわかりました。

安く済ませるのであれば、NHK。リーディングはweb site, 英字新聞などを活用しましょう。
NHKは2時間/日もありませんが、ディクテーション(聞いたことを書き取る)すれば十分効果があると思います。

おもしろい物で、レベルがあがるときには、ある日突然と今までわからなかったこと、聞き取れなかったことが急に聞き取れるようになります。
それの繰り返しで上達して行くんです。くじけず、効果があると信じて毎日最低でも1時間がんばりましょう。
ちなみに現在のTOEICが300~400点台ならば上記のとおり毎日2時間続けると半年で500点は超えるでしょう。

ただ一年で600点は厳しいです。
不可能とは言いませんけどだんだん点数の上昇が少なくなるんです。
でも基本的には毎日の英語に取り組む時間に比例して上達しますから、時間のある学生さんであれば出来ないことはないと思いますよ。
(私は会社に勤めながら夜11時過ぎから一日2時間やりましたから)
あとは、自分のレベルの合わせて少しずつ聞く教材を難しい物、早い物にしていって下さい。
読み物も英字新聞、もっと安い物であればwebでNY Timesでもなんでも読めますから。

他の人たちが書いているように普通に会話できるようになるには長い年月が必要です。
(600点くらいではまだまだ困難です。せめて730点以上は最低でも必要でしょう)

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とにかく、英語のシャワーを浴びることが秘訣なんですね?長い年月をかけ、TOEIC730点以上を目指してがんばります!
どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/04/13 00:02

★alamoana★と申します。



下のcreolさんのご回答を引用します:

> ただ、覚悟しといて欲しいのは一年ぐらいでは英語はものにならんということです。
> 何年もかけてやっとこさ英語をしゃべる人の普通のレベルになる
> ので、3ヶ月ぐらいで効果がないからと言って止めてしまうのは問題外ですよ。

全くおっしゃる通りです。

私も「NHKラジオ英会話」というのを1年続けた後,
「夏休みの1ヶ月だけ猛特訓」というつもりで,
最大手の英会話学校に通うことにしました。

その時点で,ある程度英語に自信があったつもりだったのですが,
入学時の到達度クラス分けでは,
何と,上から6番目のクラス(全9クラス)でショックです。
夏休みの間毎日通いましたが,その1ヶ月では,ほとんど効果は実感できませんでした。

夏休み後も3ヶ月は,少なくとも週1回以上通いつづけましたが,
やっぱり「自分が上達した」とは感じられませんでした。

それからというもの,最低週1回通って,
ようやく「少しはうまくなったかな」というふうに感じたのは,
3年経ってからです。

そして,ネイティヴ・スピーカーと何とかコミュニケーションがとれるというレベル
(私の場合は英検準1級,TOEIC600点ぐらいでしょうか)
になったのは,その英会話学校に通い始めてから5年後でした。

もちろん私よりも上達の速い方もいるでしょうし,
逆にそうでない人もいることでしょうが,
英語が上達する速さというのは,「何ヶ月」という単位ではなく,
少なくとも「何年」というレベルだと実感した次第です。

具体的な教材については,以下のページ↓
で,別の方のご質問に
私(alamoana)が答えているのが,
ご参考になるかもしれません。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=45986
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、ご指摘通り英語をものにするためには、何年もかかると思います。
ですが、何年かかっても、自分のためにも英語をマスター…と言うか、英語でコミュニケーションができるレベルに持っていきたいと思っています!(やる気は十分)
気長にがんばっていきます。ありがとうございました!

お礼日時:2001/04/12 23:55

英語でのコミュニケーション能力、いわゆる英会話などを勉強するための教材としては、NHKのラジオ英語が良いと思います。



まず、なにより教材費がやすい!毎月、330円のテキストと後はがんばってラジオに向かうだけです。集中してやると、下手に英会話学校など似通うより効果があるんですよ。
あと必要なのは、根性でしょう。

ただ、覚悟しといて欲しいのは一年ぐらいでは英語はものにならんということです。何年もかけてやっとこさ英語をしゃべる人の普通のレベルになるので、3ヶ月ぐらいで効果がないからと言って止めてしまうのは問題外ですよ。

僕自身、ラジオ英語の経験者です。

では失礼
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ラジオ英語とは盲点でした!確かに毎日続けるのなら、そのためのペースを作るのにも最適かもしれませんしね。早速聴いてみようかと思います。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/04/12 23:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ