質問

お世話になります。
今総裁選でも皆さん口にしていた実質GDP、名目GDPについてよくわかりません。片方の数値だけではダメなんでしょうか?なぜいつも実質、名目数値が出てくるのかよくわかりません。

通報する

回答 (3件)

blues222さん、こんにちは。詳しい回答が出ているようですが、もっと簡単に書きます。
 名目と実質GDPは、どちらも、国が経済成長をしてるかどうかを測るためのものさしです。
 名目GDPは金額、実質GDPは数量と思ってください。ちなみにGDPもイメージしやすく、日本が、みかんを売っている1つのお店と思って、その売上と思ってください。
 たとえば去年、みかんが100個売った。
     今年はみかんが105個売れた。
 という場合、数量で考えると、成長率は、
  105-100/100=0.05(5%)です。
 つまり、実質成長率5%になりますよね。
 ここで、金額を加味していくと、
 たとえば去年、みかん1ケ100円だった。
     今年、みかん1ケ50円だった。
 という場合、売上は、
 去年 100円×100個=10,000円
 今年 50円×105個=5,250円
成長率は、5250-10000/10000=-0.475(-47.5%)
 つまり、名目成長率-47.5%になりますよね。

 今の日本は、名目はマイナスでも実質がプラスだったらいいじゃないか、という話でしょう。つまり、お給料は減ったから嘆くのは、名目を考えているからで、お給料は減ったけど、デフレで物価が下がっているんだから、変わらず買い物はできるじゃないか、というのが実質です。 
 詳しく勉強されたければ、森永卓郎『日本経済50の大疑問』に載ってますよ。
 それでは頑張ってください。

GDPとは、ある一定期間(普通は1年間)に、ある国の国内で新しく生産された財(生産物)やサービスの付加価値の合計で、その国の経済活動の大きさをはかる指標として用いられます。

GDPは貨幣単位で表示されるわけですが、この際に物価の変動を考慮に入れる必要があります。もし、すべての財やサービス、所得が一律に2倍になっていたとしたら、簡単に「その国の経済力は2倍になった」とは言えません。つまり、経済活動が実質的に大きくなったわけではありません。

名目GDPは、単純に市場価格で評価したGDPであるのに対し、実質GDPは物価の上昇・下落の影響を取り除いたものです。したがって、名目GDPが増えても実質GDPが増えなければ、経済活動が大きくなったとは言えない訳です。実質GDPと名目GDPの関係は次の式で表されます。

実質GDP(Q)=名目GDP(Y)÷物価指数(P)

ちなみに、日本の名目GDPは1955年で8兆円、2000年で512兆円となっています。これだけ見ると64倍もの成長をしたかのように見えますが、1955年価格で見た2000年の実質GDPは88兆円なので、実質的には11倍の成長ということになります。

この回答へのお礼

なるほど、どちらか一方の数値で判断するというような
ことではないのですね。ご丁寧な回答有難うございます。

名目GDPとは、物価の変動を考慮しない実数で求められた数値です。
実質GDPとは、物価の変動を修正した数字で計算したものです。
実態を表すには、物価の変動を排除する必要があるからです。

参考urlをご覧ください。

この回答へのお礼

さっそく有難うございます。参考になりました。

このQ&Aは役に立ちましたか?155 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

フリーアナウンサー長谷川豊氏の新コーナー「このニュースどう思います?」がスタート!

元フジテレビのフリーアナウンサー長谷川豊氏から気になるニュースについておしトピの皆さんに質問します! 皆さんの意見をもとに長谷川豊氏がコラムを執筆します! アプリリリース記念として最大1万分のアマゾンギフト券プレゼントキャンペーンも実施中!


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集