_公職に付くことができるのは、生まれながらの知性が平均よりも50パーセント以上優れた者にかぎるべきであり _

『 普通選挙も世論調査も、世界統治には有効ではない。統治することは先を見通すことであり、羊の群れのような民衆の反応に従うことではない。彼らの中には人々を指導し得るほど十分に覚醒されている者は、ごく一部しかいないからである。覚醒された人というのはきわめて少ないので、普通選挙や世論調査に基ずく決定は、大多数の民衆の、蒙昧主義的潜在意識による本能的反応の選択にしかいきつかないものである。
選択的民主主義である天才政治のみが、価値あるものなのだ。そして、公職に付くことができるのは、生まれながらの知性が平均よりも50パーセント以上優れた者にかぎるべきであり、それを選出できるのは、生来の知性が平均より10パーセント以上優れた者にかぎるべきである。
―――
 現在、人が民主主義と呼んでいるものは、実際は平均政治にすぎない。というのは、最も人数が多いのは、平均的知性を持った人びとであり、したがって、かれらの決定が投票のさいに勝利を得るからである。
 非常に良く作られたテストのおかげで、ガウス曲線(1)を見てもらえばわかるように(注・無い)、実際の人口のうち、わずか0.5パーセントがきわめて優秀、すなわち天才である。しかし、こうした天才たちの声は、同じく0.5パーセントを占める白痴的な人たちの声によって、投票の際に相殺されてしまうのだ!
 優秀な人たちはわずか二パーセントしかおらず、かれらの声も、同じく二パーセントを占める知恵遅れの人たちの声によって相殺されてしまうのだ!
 平均より十~三十パーセント高い知性を持つ人たち、つまり「平均以上」の人たちは、人口の二十五パーセントを占めているが、かれらの意見もやはり、同じく人口の二十五パーセントを占め、平均より十~三十パーセント低い知性を持つ人たち、つまり「平均以下」の人たちの意見によって相殺されてしまう。
 結局、平均的知性を持つ人たち、つまり平均的な人たちが、投票の際に決定を下すことになる。なにしろ、かれらは四十五パーセントもいるのだから。以上、民主主義のこのような形態が、実際は平均政治にすぎないことの理由である。 (ラエル著)』

_実際の人口のうち、わずか0.5パーセントがきわめて優秀 _

 “公職に付くことができる者”
<総人口> 1億2763万人【平成23年9月1日現在(概算値)】 の  0.5 %  =  63万8千人


公 務 員 の 種 類 と 数  ―平成20年度末
公 務 員(約3,614,000人)_国家公務員(約662,000人)_地方公務員(約2,951,000人)
 http://www.gyoukaku.go.jp/siryou/koumuin/shurui. …公務員の数'

 約 361万4千人  ⇔   63万8千人    現状に問題が有りとしたならば、4/5以上削減できる(63万8千人まで)、
 所見などありましたら?

A 回答 (4件)

> 知性的な人々が、人類がどんな種類の未来を持つことができるのか協力して考え、人々が受け入れられる、あるいは受け入れられない計画を提案するのです。



受け入れられない計画を、他の選択肢を全てつぶしてドイツ国民に受け入れさせたのは、正にナチスドイツでした。
ということは、ナチスドイツという先例がまさに天才政治だったことになります。


> 私たちに権力は必要ありません。

といいながら、天才に権力を与えるべきだと主張しています。しかもその天才はラエリアン自身を指しています。
したがって、ラエリアンは権力を自らに与えるべきだと主張しています。



===
1、最も(想像力)知性に優れた人々が、
  天才グループの中で選ばれた人たちで構成される、単一の世界政府を樹立する事により、
  地球を、人種、宗教、文化、または知性の程度によって差別される事のない、全住民に
  とって幸福と開花の世界にする事…
2、この目的達成のためにあらゆる手段を活用する事…
3、個人、または集団による暴力を根絶させる事…
4、労働の法則から開花の法則に置き換える事…
5、支配者層の姿勢欠如によって引き起こされる破滅の危機から人類を「文字通り救う事…」
===

この部分も、天才を「アーリア人」に置き換えると、正にナチスドイツの主張そのままです。

「わが闘争」でも読んだらどうですかね?

この回答への補足

===
1、最も(想像力)知性に優れた人々が、
  天才グループの中で選ばれた人たちで構成される、単一の世界政府を樹立する事により、
  地球を、人種、宗教、文化、または知性の程度によって差別される事のない、全住民に
  とって幸福と開花の世界にする事…
2、この目的達成のためにあらゆる手段を活用する事…
3、個人、または集団による暴力を根絶させる事…
4、労働の法則から開花の法則に置き換える事…
5、支配者層の姿勢欠如によって引き起こされる破滅の危機から人類を「文字通り救う事…」
===
天才グループの中で選ばれた人たちで...天才?...これは 人、人間の中でのということを意味するのでしょうが、
最も(想像力)知性に優れた人々が...最も(想像力)知性...これは 創造者を 示しているかもしれない 。

『 ところで、天才は科学者の中にだけ存在するわけではない、ということを特に強調しておきたい。「天才」という言葉を聞くと、多くの者は、哲学者、画家、詩人、音楽家、あるいは農民の中にも、天才たちがいることを忘れ、「すべてを破壊し尽くすことを望む狂気の天才」のことを思い浮かべてしまう。「天才政治に基づく世界政府」の団体の中には、科学者だけでなく、哲学者、画家、詩人、音楽家、そして農民も同様にいるのである。
 科学者と文学者、自然科学と人文科学、科学と良心を結合すること、これこそが「天才政治」の目的なのだ。
 私たちの時代の諸問題は、全く良心が停滞しているのに対して、科学が急速に発達していることに起因している。科学が比較的大衆に普及しているのに対し、良心の方は、大衆にゆきわたらず、特定の思想家や哲学者の所有物にとどまっている。これでは、大衆が一昨日の良心で以って明日の科学を用いているのと同じである。天才政治は、その科学レベルと少なくとも同じ良心のレベルにまで、人々を導こうと努めるものである。
 そして、ゴードン・ラトレイ・タイラーが、科学が今日実現し、また将来実現するであろう驚異的な事柄のすべてを検討した後、その素晴らしい著書である『生物学革命』の中で到達した結論こそ、最も優れた結論である。すなわち、「賢人の記した書をよく読む必要がある」のだ。(ラエル著)』

(参考)
 http://1-world.jugem.jp/?eid=316

補足日時:2011/10/15 02:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/19 14:41

> 非常に良く作られたテストのおかげで、ガウス曲線(1)を見てもらえばわかるように(注・無い)、実際の人口のうち、わずか0.5パーセントがきわめて優秀、すなわち天才である。



相変わらず現実とのかい離が激しい。大体、ガウス曲線とは何かも知らないで書いているのだろう。

試験を普通に(つまり、特に考慮なく)作成すると、正規分布には従わない。特に小集団であればなおさらである。例えば中学校の定期試験は二つ山になることが多い。
センター試験などは正規分布に従う分布に近くなるように、各問の難易度を調整する。そのため、大体2年から3年前にいくつかの地域で予備試験が行われている。


大体、ラエリアンのいう「天才」はラエリアン自身のことを指す。
例えばこの試験もラエルについての試験なら、ラエリアンしか天才はいないことになるだろう。
どうにも歪んだ選民思想だ。


それから「天才」なるものが正しいというのは、間違いかもしれない。
「みんなの意見」は案外正しい ジェームズ・スロウィッキー (著), 小高 尚子 (著)
でも読むとよい。

また、いわゆる「天才」に政治を任せたのは、例えばアドルフヒトラーという演説と人心掌握の天才に政治を任せたナチスドイツの例がある。結果は、言うまでもなく失敗に終わった。

この回答への補足

天才政治の根本目的…
1、最も(想像力)知性に優れた人々が、
  天才グループの中で選ばれた人たちで構成される、単一の世界政府を樹立する事により、
  地球を、人種、宗教、文化、または知性の程度によって差別される事のない、全住民に
  とって幸福と開花の世界にする事…
2、この目的達成のためにあらゆる手段を活用する事…
3、個人、または集団による暴力を根絶させる事…
4、労働の法則から開花の法則に置き換える事…
5、支配者層の姿勢欠如によって引き起こされる破滅の危機から人類を「文字通り救う事…」


ラエルによると、私たちには実際、政府、権力、警察は必要ありません。私たちは単にそれらを維持したいと思っているだけなのです。
「ある人々は権力やお金を持ち、そしてもっと欲しいと思っています。彼らは他の全ての人々を奴隷にしたいのです。
:働かせ、税金を払わせ、従わせて、自由を少しも持てないようにしたいのです。
それが彼らの望んでいることです。しかし、彼ら自身は自由とお金と権力を欲しているのです。彼らは不正行為によって欲しいもの全てを得たいのです。そしてこれがあらゆる所での現実なのです。
そのため、行うべき真の革命は、ただ政府を変えるのではなく、あらゆる形の政府を破壊する革命なのです。」
将来、人類は政府を全く必要としなくなるとラエルは強調します。
「私たちに権力は必要ありません。なぜなら権力は自由を破壊し、暴力を生み、貧困を生み、飢餓を作り出すからです。しかし、天才政治にはイエスです;天才たちの集団を持つのは良いことです。知性的な人々が、人類がどんな種類の未来を持つことができるのか協力して考え、人々が受け入れられる、あるいは受け入れられない計画を提案するのです。」
もし人類全体が”一つの大きな蟻の巣”のようになれば、だれもが他人のために働くようになるでしょうとラエルは言います。
「協力が人類の未来です。”政府、警察、法律”という人類の最もひどい毒を持たずに、誰もが皆の
利益のために従事するのです。」とラエルは述べ、人類がもし政府、警察、法律を破壊したら、この
惑星は楽園になるでしょうと付け加えました。
「そして次には、楽園主義が取って代わるでしょう。楽園主義の下では、もはやお金は全く無くなる
でしょう。というのもお金は権力と政府の果実だからです。将来、とても近いうちに、皆が自分のお
金を公共広場に持って来て、それを燃やすでしょう。もし皆が他の全ての人々の利益のために働いて
、助け合ったら、お金は必要ありません。社会の未来は、お金無しで仕事をして助け合うことです。
というのもお金は政府によってあなたに与えられた、単なる毒にすぎないからです。」


 天才グループの中で選ばれた人たちで構成される、単一の世界政府を樹立し、世界から暴力を根絶して、政府を全く必要としない、楽園主義を樹立する、 という 途方も無い 平和主義 ですが...。

補足日時:2011/10/14 17:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/19 14:42

無能な運営に代わってお知らせ。



いつものコピペ貼り付け目的の質問
site:oshiete.goo.ne.jp "普通選挙も世論調査も、世界統治には有効ではない。"
でググるとこれを含めて15件ヒット。

自分のコピペ100回読んだら。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 人口1000人当たりの公務員数の国際比較では、先進国最多のフランスの104人に対し、日本は40人となっています(94年、総務庁調べ)。今の公務員数はどうなっているのかなと思い、総務省の最新資料を見てみると、日本は、同じく先進国最多のフランスの87.1人に対し、32.5人となっています。

 日本には、「見える政府」中央省庁の下に、「見えない政府」( 天下り 先)が存在し、「特殊法人」、「認可法人」、「独立行政法人」、「民間法人」などがぶら下がり、その下にさらに膨大な数の「公益法人」とその系列のファミリー企業がぶら下がっています。

特殊・認可法人の全部と公益法人の多くとその系列のファミリー企業は、公務員としてカウントされない、

 税金で食べているという実質的に公務員でありながら公務員としてカウントされないということは、隠れ公務員と言っていいでしょう。その隠れ公務員が、いったい何人いるのかまでは書いていないので、個別にあたって計算すればわかりますが、相当膨大にいるってことだけはわかります。(参考)
 http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2 …

 ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/14 15:27

きわめて優秀な人がすべて公務員になったら,世の中は無茶苦茶でしょう。


「きわめて優秀な人」は民間にも必要なのです。ということは公務員にも「優秀でない人」を割り振るしかありません。

この回答への補足

 公務_社会全体、すべての人々の生存に関するサービスなのでしょうが、
それらに重大な影響・改善をもたらす因子は、 何時の時代でも、0.5 % なのではないでしょうか ?
 実際の人口の 0.5 %  =  63万8千人の優秀な人びと (日本の今の人口で計算した場合)、これが日本を繁栄させ、動かすことができる因子_原動力なのではないでしょうか。
 へんなところ、問題の騒がれるところ(現在の公務等)が 公務 を 名乗っている と 障害発生の原因となっているのではないでしょうか?
 63万8千人の優秀な人びとを 公職 として、 待機電力のような?マークの付くような現在の こうむ は、第三セクターとか民営化とかに 整理して削減して 立場、 名称、 呼称 なども新たに改善・新設されて社会に再編成されるべきではないでしょうか。
 それが人々_全社会に福祉、所得格差是正、国民配当を生むのではないでしょうか。

所得格差是正、 国民配当(basic income)  、
 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7022949.html

>> 「きわめて優秀な人」は民間にも必要なのです >
 きわめて優秀な人たちの 功績 を、一部のもの/一部の場所とせずに、全体に行き届くものとするため、社会に流通不良/サービス停滞をもたらす分子は 改善されるべきではないでしょうか。
社会にきわめて優秀な功績は、全社会_すべての人々に余すことなく公布・交付・全配給・全配当されるべきではないでしょうか。井の中の蛙ではなく、全体すべての人々への全流通を可能とする場所・場に立つこと、その場所を探すことが 重要 なのではないでしょうか。

 63万8千人の優秀な 功績 を 錦の御旗 として、社会を曇らす不正な暗幕は取り払うことが必須項目なのではないでしょうか。

補足日時:2011/10/14 14:28
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/19 14:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 【長谷川豊】読売の調査で驚きの数字が発覚!

    本日の読売新聞。 参院選前の調査結果が出ました。なかなかの衝撃の数字で……。 ●比例投票先、自民35%・民進12%……読売調査(読売新聞) (http://bit.ly/23kzdxQ) やむを得ないとはいえ、そりゃあこうなりますね。...

  • 【長谷川豊】街頭インタビューの件は「偶然」です

    ■【やらせ疑惑】「次期都知事は誰がいい?」と街頭インタビューされた女性がTBSとテレ朝に立て続けに出演し波紋(ロケットニュース24) 恐らくですが、これは…ネットの勘ぐり過ぎですね。はい。やらせでもなんでも...

  • 【長谷川豊】中国船の領海侵入はもっと扱わないと!

    しかし…東京キー局ももうちょっと何とかならないかというか… 参院選まであと少し。 しかも、イギリスがついにEUを離脱しようとしていて… 尖閣諸島の南小島の沖合では、中国海警局の船3隻が相次いで日本の領海に侵...

  • 【長谷川豊】舛添さん問題は最低の騒動だった

    舛添さんの問題。 もうね……あ~あ……という感じです。やれやれ。日本のメディアもネットも国民性も、本当に集団リンチが好きですよね。正直な話、あきれ返りました。 まず、舛添さんは辞任。 はい。これでどうせ、...

  • 【長谷川豊】舛添さん問題の落としどころ

    舛添さんの問題。 取材源の秘匿の関係で時期を少しぼやかしますが、私のもとに「ある情報」が寄せられたのが3週間ほど前のこと。内容は 「自民党に大変影響力のある重鎮が『舛添をやめさせるような動きをするな』と...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ