病気と恋愛を扱った小説を探しています。

日本文学、江戸時代以降に書かれたものでオススメがあれば教えてください。


例)横光利一の「花園の思想」


携帯小説はあまり好きではないので、それ以外のものをお願いします。

A 回答 (3件)

橋本紡「半分の月がのぼる空」


中村航「100回泣くこと」
自分は半分の月がのぼる空が大好きです!電撃文庫とアスキー・メディアワークスから出版されていますが私は後者がおすすめです。(後者は電撃文庫のを大幅改稿したもの)映画化もされましたよ。
参考までにどうぞm(_ _)m
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます(*^ω^*)

お礼日時:2012/03/21 00:37

三浦綾子「病めるときも」


堀辰雄「風立ちぬ」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
三浦綾子さん好きです!

お礼日時:2012/01/31 14:10

山本周五郎著『赤ひげ診療譚』。


多島斗志之著『症例A』。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2012/01/31 14:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ