野口五郎さんってジャダレなど言う位面白い性格なのに
何故?昔は(甘い生活私鉄沿線等)暗い曲が多かったんですか?

A 回答 (2件)

売り出した頃は、歌手でもある程度のキャラクターが決まっていましたので、野口五郎さんの場合は、暗い曲で売っていたようです。

(芸名も「野口五郎岳」と「黒部五郎岳」に因んで名付けられ、社長に「どっちが良い?」と聞かれ「野口五郎」に決めたそうですw芸名が既に…)
バラエティー(カックラキンとか)では割にはじけていたようですが、現在程ではなかったと思います。

現在は年齢的な事もあって(元々の素質もあるのでしょうが)、ある程度吹っ切って仕事をしていると思います。(現実問題、歌手だけでは食べていけないでしょうから。)
俳優として刑事ドラマ「ケイゾク」で刑事役で出演してましたし(結構重要な役)、NHKの大河ドラマにも何度か出演しています。
    • good
    • 1

 あの当時からジャダレ連発で面白かったですよ。


なので、歌は暗めなのかもしれませんね。
彼の当時(1970年代半ば)の歌で曲調がメジャーなものは「愛ふたたび」「きらめき」位だと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ