私はブラックサバスの歴代ボーカルと言うとオジーオズボーン、ロニージェイムスディオ、トニーマーティン、イアンギランという4人だと思っていたのですが
バッドランズのレイギランがメンバーにいたような記述をネットで複数見かけました。しかし公式サイトではレイギランが参加しているブラックサバスのCDがないようなのですが、CDでは残っていないという事でしょうか?どなたか教えてください。

A 回答 (1件)

おはようございます。

書かせて下さい。

レイ・ギラン、確かに在籍はしています、しかし純粋なブラック・サバスのヴォーカルとしてというには、
いささか複雑でして、バンドが最も混迷、迷走をしている時期の頃です。

イアン・ギランがパープル再結成のためサバスを脱退すると、ブラック・サバスは事実上の解散状態になります。
トニー・アイオミはソロになり、アルバムを製作しますが、レコード会社がアイオミ名義のソロでは売れない!と判断、
ブラック・サバスのアルバムとしてリリースします。

それが、1986年発売の「セブンス・スター」ブラック・サバス~フューチャリング・トニー・アイオミ~・・
という変てこな題名の発売となったアルバムです。
それで、そこに参加したヴォーカリストが、元パープルのグレン・ヒューズだったのです。

そんな訳でグレン・ヒューズも結果的にサバスの歴代ヴォーカリストに名を列ねてしまう訳なんですが、
グレンがアイオミのソロをサバス化したレコード会社、又、アイオミに反発、奇行を繰り返した上に脱退、ツアー終了後新たなヴォーカリスト探しと相成ります。(しかし、グレンも大人げないですなぁ・・パープル時代から何も進歩してなかった訳です、この頃は・・)

それで、レコード会社の紹介などもあってレイ・ギランが加入します。
レイは非常にバンドに順応し、グレン脱退後のいくつかのアメリカ・ツアーに正式ヴォーカリストとして同行してます。この模様は幾つかのブートで音源が残っています。

さらにニュー・アルバムのレコーディングにも参加、
それがトニー・マーティン加入前の「エターナル・アイドル」のデモでした。
レイは「エターナル・アイドル」のほぼ全曲をデモで歌ったらしいのですが、
何せバンドの混迷期、重なるプロデューサーの交代やアイオミの病気など不運が襲い、レイはプロデューサーなどと衝突、バンドを脱退してしまいました。
「エターナル・アイドル」はトニー・マーティン加入後1987年に何事も無かったように発売しますが、
アルバムは酷評、全く売れませんでした。

長くなりましたが、レイは確かに在籍してたのですが、正式な作品として音源はありません、が、しかし、
今は「エターナル・アイドル」のデモまでブートで出回ってるらしく、レイの歌う「エターナル・アイドル」アルバムも聴けちゃうようです。

バンドの歴史を考えるとグレンまでが辛うじて歴代メンバーに数えられ、レイはツアーのピンチ・ヒッター的な位置づけみたいになっちゃうようです。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

完璧な解説、誠にありがとうございます。
オジーオズボーンに参加したブラッドギルスよりも
マイナーな存在だったんですね。在籍期間が短く3大ギターリストのように言われないだけでなく、そもそも音源が残ってないんですね。(ブートくらいしか・・)そうですかそれは残念ですね。大変勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/01/08 22:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ